« SA花見 | トップページ | 桜咲き誇る恋の季節 »

2012年4月 8日 (日)

SAKURA2012

引っ越して初めての春、土地勘のない中どこで桜が眺められるのやら・・とあれこれ調べ、どうにか今年も桜を眺めることができました。

50068

(EOS 40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS 次も)

どうやらこの週末が満開で一番の見ごろだったみたいです。見れて良かった!

三脚入れると9kg近い荷物を担いで朝から夕方まで歩き回って、桜でお腹いっぱいになれましたsun

50145

このほのかなピンク色をファインダーに捉えるたびに、日本に生まれて、そして日本人に生まれて良かったなと思います。皆さんはどうでしょうか?

 

|

« SA花見 | トップページ | 桜咲き誇る恋の季節 »

コメント

フランカーさん、こんばんは~♪
ピクスタとRGBメインに全体を桜に合う優しいピンク色に仕上げられた(合ってるかなぁ?f(^^;)トップのお写真は
バックにうつっているのも満開でほんと今一番という感じで美しいですね。
でも綺麗な丸ボケとともにうつした2枚目もとっても素敵!
背景がすっきりしている分主役が引き立ってるように思いました^^
桜を見るとやっぱり日本人で良かったなぁ~と思いますよね。
こちらは近所の桜がやっと少し咲き始めてきた感じです。
お天気の良い時に良い状態の桜が見られるといいなぁ。

↓はトップの船の通った跡?も写っているトップのお写真が一番気に入りました♪

投稿: Lovepan | 2012年4月 8日 (日) 22:18

>Lovepanさん
はい、だいたいお察しの通りです。が、撮影の時点でピンキーに仕上げる仕掛けも入れていますよhappy01
つい全景を収めた風景をまず載せたくなっちゃいましたが、グっとこらえて望遠で一部を切り取ったものにしてみました。桜の海みたいで素敵なアングルを見つけられて良かったです。
下の浜名湖はとっても大きくて、最初海かと思っちゃいました。遊覧船も数多く走っているみたいですね。

投稿: フランカー | 2012年4月 9日 (月) 21:52

こんばんは^^
お引っ越しをして初めての春、どうにか桜を楽しめたのですね^^
1枚目の撮り方も2枚目の撮り方も好きです^^
やはり桜を見るたびに日本人でよかったな~って思いますよね^^

投稿: hirokazu | 2012年4月 9日 (月) 22:50

桜色の海
こんなふんわりピンクがなかなか出ない!
淡い色は難しいですcoldsweats02
毎年、上手く撮れなかったなぁって
反省してる間もなく桜散っちゃうんですよね^^;

投稿: loveuran | 2012年4月 9日 (月) 23:59

>hirokazuさん
はい、いろいろ情報集めて、後は出たとこ勝負で(笑)
群馬のように広々としたところではないけれど、なかなか綺麗な桜並木でした。
桜も、もうちょっと旬な時期が長ければいいのですが・・まあその短さがはかなさというか、日本人の美意識とマッチするのかもしれませんね。
久しぶりに持参した5本のレンズを全部使って、お腹いっぱいになれました(笑)
 

投稿: フランカー | 2012年4月10日 (火) 21:24

>loveuranさん
桜色の補正をちょっと強めにかけてますからね、一枚目は。まあたまにはこれくらいのお化粧もありかなあと。
引いて撮ると全体がもふもふしちゃって、締まりのない絵になりがちなんですよね、桜って。結構難しい相手だと思います。試行錯誤する間もなく、散っちゃうしねcoldsweats01
 

投稿: フランカー | 2012年4月10日 (火) 21:26

おはようございます、フランカーさん。
さくららしさがとてもでていてよいですね(^-^)。

それにしてもホントにさくらは難しいです(+_+)...
いまだに試行錯誤が続きます。

投稿: たか++(たかひろ) | 2012年4月11日 (水) 07:53

>たか++さん
桜は広角でも望遠でも楽しいですね。旬な時期が短いので、あれこれ試す間もなくシーズン終わっちゃいますけどsweat01
あと1回くらいどこかで楽しめたらいいなと思っていますが、天候もあるし難しそうですcoldsweats01
 

投稿: フランカー | 2012年4月11日 (水) 21:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110734/54423446

この記事へのトラックバック一覧です: SAKURA2012:

« SA花見 | トップページ | 桜咲き誇る恋の季節 »