« トヨタ GAZOO RACING フェスティバル | トップページ | 大仏あれこれ »

2011年11月29日 (火)

TGRF part2

トヨタ・GAZOO RACING フェスティバル(TGRF)のフォト続きです。

1.

70596j

(EOS 40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS ND4 3,4も)

ヘッドライトの直撃を受けてゴーストが出てますな。このD・Station SC430はモノクロフォトの方がかっこいいかも。色つきは最後のフォトで。

前回富士山を背景にしたのを載せましたが、望遠のワイド端よりこっちの方が雰囲気分かりやすいかな。

2.

71421

(Powershot G12)

ドライバー達には当然富士山を愛でる余裕はないのでしょうね。

グランドスタンドから撮ったLFA。ドイツはニュルブルクリンクの24h耐久レースに参戦した車両です。

3.

70159

軽く200キロは出てますね。1/60秒でこんな感じ。

前回紹介したサーキットサファリを望遠で。

4.

70324

脇坂選手がすんごいスピードでバスを追い越していきました。

 

|

« トヨタ GAZOO RACING フェスティバル | トップページ | 大仏あれこれ »

コメント

流し撮り、上達されてますね。
こういうサーキットで走る人の目はどうなってるんでしょ?
視力が悪く動体視力もしょぼいのでうらやましいです。

都会に住むと週末が大変ですね。
東京から郡馬に帰るときいつも気の毒だと思ってましたよ。

投稿: rsk | 2011年11月29日 (火) 23:09

>rskさん
200キロまではまあ普通に見えるようですが、300キロって「前方の景色が敵意を持って突っ込んでくる」んだそうです。
素人の流し撮りのコツとしては、まず着いたら撮りまくってスピードとレンズを振る速度の同調に慣れるってことですね。午後2時か3時になると「当たり」の確率が高まるんですよ(笑)
ドライバーたちは視力以上に、動体視力がいいんでしょうね。
週末はこんなイベントでもないと西方向へは遊びに行く気になりません。日本の大動脈の慢性動脈瘤、どうにかして欲しいですわweep
 

投稿: フランカー | 2011年11月30日 (水) 06:56

フランカーさん、こんばんは~♪
モノクロでみせるのも格好いいですね!
高速の流し撮りもピントを合わせたいところばっちりに撮られていて、
撮影に行かれるたびに腕を上げているなぁ~と感じています。
スピード感がありパワフルにすごいお写真ですね~。
偉大な富士山とのコラボも綺麗におさまって素敵です^^

投稿: Lovepan | 2011年11月30日 (水) 22:16

>Lovepanさん
流し撮りはAFモードやAFポイントとか、いろいろ試行錯誤してます。まあ40DのAIオートフォーカスはあんまりお利口じゃないんですがcoldsweats01
レースイベントは行ってすぐの撮影はレンズを振る速度がつい遠慮しちゃってフレームアウトばかりなんですが、一日の中で時間を追うごとに成功確率が上がって行くんですよ(笑)
一番おいしいイベントは最期の方になるので、それまでには腕が上がってるってワケですgood
グランドスタンドからは富士山が背中側になっちゃうので、富士山とマシンを入れられるアングルを数キロ歩いて探しましたよんrun

投稿: フランカー | 2011年12月 1日 (木) 20:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110734/53366029

この記事へのトラックバック一覧です: TGRF part2:

« トヨタ GAZOO RACING フェスティバル | トップページ | 大仏あれこれ »