« 流花 | トップページ | ミニチュアワールド »

2011年9月23日 (金)

富士のある夕景

横浜からでも、雨の翌日など、富士山が綺麗に見える時があります。

今日はそんな夕景をパワーショットで。

10838

(Powershot G12)

手前の光の筋は首都高横羽線。

コイツなら工夫と気合いと根性で(笑)、40Dやキスデジに負けない絵が撮れるはず、と思って選んだパワーショット。AvやTvや露出補正が自由自在だしRAWで撮れるので、なかなか楽しいです。屋内で人物スナップを撮るならパワショの圧勝。

RAWモードだとアスペクトが4:3になっちゃうので、このフォトは現像時に使い慣れた3:2にトリミングしています。

自然の風景に人工的なものが共存しているアングルって結構好きなので、こんな風景を横浜でたくさん探していけたらいいなと思っていますcamera

 

|

« 流花 | トップページ | ミニチュアワールド »

コメント

フランカーさん、こんばんは

Powershot G12いいですね。
G12、または、S95かその後継機あたりを狙っていたのですが、
コンデジは家族共有なのでIXYになってしまいました。
Nikonに続き、Canonもミラーレス出したらそそられますね。

横浜でも綺麗な富士山の夕日のシルエットが撮れるのですねぇ。
画面下側の都会っぽさと共存が素晴らしいですね。癒されます。

投稿: SARIYURI | 2011年9月23日 (金) 22:07

>SARIYURIさん
一眼使いたるもの、コンデジでもRAWで撮れなきゃ嫌~って思うと選択肢はパワショのSかGしかないですもんね。いまどきのトレンドより少な目の画素数で機能のマニアックぶりに惹かれてG12を選びましたが、サブ機としてはなかなか面白いです。
RAWで丁寧に撮れば40Dを超えられるんじゃないかって思ってます。風景撮影には積極的に使ってみたいと思っていますよ。

投稿: フランカー | 2011年9月23日 (金) 22:21

横浜勤務も、すっかり慣れられたようですね^^
さて、40Dのサブ機にG12を選ばれましたか。
ダイアル式のセレクターも含めて、Canon機に慣れたユーザーにはいいデジカメですよね^^
ただ、3:2でもRAWがあれば、もっと一眼ユーザーに使われるのに…その点が残念です。
で、今度はミニチュア・モードで撮った写真も見せてください^^

投稿: YKND | 2011年9月25日 (日) 00:30

しっとりいい色合いですね~♪
富士山はやっぱりイイよね~
最近お目にかかってないけど・・・
コノきゃめらなら通勤のお供になれるんですね^^
高速ライトが流れてるけど三脚持って歩いてるの??

投稿: loveuran | 2011年9月25日 (日) 10:08

富士山の夕景が見られるなんていいですね。
都会と自然、あっちこっちに素材が転がっていそうです。

DIGIC5搭載機も発売されましたね。
次のBODYがいつ発売されるか楽しみですね。

投稿: rsk | 2011年9月25日 (日) 11:32

>YKNDさん
人であふれる駅をサクサク歩くのにまだ慣れませんが、どうにか横浜暮らしも慣れてきました。
G12、一眼にはないモードも多く、なかなか楽しいですね。フトコロは結構深いので、長く遊べそうです。
ミニチュアモード、早速やってみますね(笑)
 

投稿: フランカー | 2011年9月25日 (日) 20:14

>loveuranさん
まあIXY2台分くらいの重さはありますが、トートバッグに入るので、毎日通勤のお供にしてます。たまに仕事でも使うしね^^
三脚も仕事用に卓上の小さいやつを職場に置きっぱなしにしていますが、このフォトは窓枠に置いて撮りましたよん。
一眼を超える風景ショットをコイツで撮るのが今の目標ですhappy01
 

投稿: フランカー | 2011年9月25日 (日) 20:17

>rskさん
一眼のボディならこれから出るものは何を買ってもその進化ぶりには大満足できるかと思いますが、そう思わせる被写体が身近にたくさんあるかどうか、しばらく試行錯誤が続きそうです。車でふらふら出やすい土地じゃないですし。
パワショは次のがまだ出ないので、もうしばらく最新気分を味わえそうです(笑)
 

投稿: フランカー | 2011年9月25日 (日) 20:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110734/52812057

この記事へのトラックバック一覧です: 富士のある夕景:

« 流花 | トップページ | ミニチュアワールド »