« 紫陽花がクラゲに見えた日 | トップページ | 夏の夜に咲く華 »

2011年7月23日 (土)

古代蓮とゼリーフライと

実家の近くにある古代蓮の里に行ってきました。造成工事をしていたら古代の蓮の種が出てきて、それが花開いたことで一躍観光地になった場所です。咲いているのは1400~3000年前の蓮です。

1.

30061

(EOS 40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS 次も)

早朝にも関わらずたくさんのカメラマン、地元の人が散策を楽しんでいました。

2.

30022

調整池を兼ねたこの公園。先日までの大雨で通路が水没し、やや遠めから眺めるアングルが多かったです。400mmの出番が想像以上に多かったです。

白いのはちょっと珍しいのかな?

3.

38938

(EOS kiss Digital N + EF70-200mm F4L)

大柄でアップで撮っても美しい蓮。早朝から数時間、撮影を満喫できました。

 

以下はB級グルメネタ。興味のある方はどぞhappy01

 

ここ埼玉県行田(ぎょうだ)市が誇るB級グルメ。何度かこのブログでも紹介しましたが、その名をゼリーフライといいます。あ、別にゼリーを揚げるわけじゃないよsweat01

この公園にもゼリーフライの出店が出ていたので、撮影後、すきっ腹を抱えて突撃!

4.

38948

(EOS kiss Digital N + SIGMA 17-70mm 以下すべて)

2個200円から、とのことで2個ゲット。ついでに許可をもらって(というか是非撮ってくださいだって、笑)スナップ一枚。

5.

38946

はい、由来が分かりましたね。衣のないコロッケのようなものです。小判に似た形で縁起を担いで「銭富来」と書いたのがその語源らしいです。ゼニフライ→ゼリーフライgood

「ブログに載せて全国にPRしときますね」と言ったら一個オマケしてくれましたlovely 古代蓮の里のゼリーフライ、美味しいですよ! ←ちゃんと仕事しました(笑)

慣れない左手で蓮と一緒に一枚。

6.

38949

うまい!うますぎる!(←それは同じく郷土の十万石饅頭のキャッチコピー)。蓮を見に来たらぜひどうぞ。

 

もう一つ地元ネタ。この土地では、ここを題材にした来年の映画公開に向けて盛り上がっています。そのタイトルは「のぼうの城」

この街には広大な沼地の中に天守閣を持たない小さな忍城(おしじょう)という城がありました。資料館のジオラマを見ると、ホントに堀じゃなくて湖の中にポツンと城がある感じなんです。

それを2万の豊臣軍が包囲したんですが、豊臣軍を撃退した忍城500人の活躍と攻防戦を描いた映画です。豊臣軍の大将はあの石田三成。

水攻めの描写があることから、震災に配慮し公開が来年秋に延期されたとのことですが、原作本買っちゃいました。2万vs500、秀吉が唯一落とせなかった城、など、なかなかそそるキャッチコピーが踊ります。早く見てみたいものです。

 

|

« 紫陽花がクラゲに見えた日 | トップページ | 夏の夜に咲く華 »

コメント

前の記事にまたはじき飛ばされましたよ(;д;)。
「のぼうの城」序盤からかなり放送上不適切な(笑)描写が
山盛りですが、なかなか面白いです!
しのぶ城の人達もゼリーフライ食べたのかな。

投稿: しのぶ | 2011年7月23日 (土) 22:56

こんばんは^^
1枚目は月明かりで撮られたようなお写真ですね^^
とても綺麗です^^
蓮の撮影は早朝に限りますね^^
ゼリーフライ、美味しそう♪
食べてみたいです^^

投稿: hirokazu | 2011年7月24日 (日) 00:07

>三佐
ゼリーフライがはやったのはこの街が足袋(たび)作りで栄えていた頃からだね。なのでたかだか明治からだと思うよ。
原作読み始めた。リアルに地区名が分かる時代小説なんて初めてだから萌えまくりですわマジで。
映画も結構豪華キャストだし、見てみてぇ~!

投稿: フランカー | 2011年7月24日 (日) 12:40

>hirokazuさん
ご想像のとおり、1枚目は-1以上の露出補正をかけていますが、暗く仕上げるのも風情があっていいですね。記事全体の中でメリハリをつけようと、かなり暗くしてみました。
早朝五時から駐車場は開いていて有料ですが、午後2時には無料になるという^^;
ただ、人手をさいて交通整理しないと周辺道路が渋滞してしまうので、これは正しい措置だと思います。
蓮の花びらってほんと、綺麗ですよね。撮影後のゼリーフライ、美味しかったです^^

投稿: フランカー | 2011年7月24日 (日) 12:43

しっとりとして美しい蓮の写真ですね。
二枚目のチラリと見える蓮が好きです♪
ゼリーフライ、見た目もジューシーで美味しそう~
一個おまけしてもらえてよかったですね^m^

投稿: ぽろ | 2011年7月24日 (日) 13:46

わぁ~こんがり揚がってますね!
っていきなりソコ!?
コロッケとかハッシュドポテトとかポテチとか
お芋と油って相性いいのでしょうね^^
1枚目の蓮は古代から目覚めた感じで綺麗ですね♪
暗めの演出と光が神秘的です

投稿: loveuran | 2011年7月24日 (日) 21:22

春はあけぼのならぬ、蓮はあけぼのですよね~ん♪
みずみずしい朝の雰囲気が伝わってきます。ハチさんゲット\(^o^)/素晴らしい収穫ですね。

来年の映画「のぼうの城」の情報ありがとうございます。息子が喜びます(#^.^#)

そうそう、ずっと前のコメントでの会話ですが、秋田では中学の修学旅行で東京ディズニーランドに行くのです。
何を学ぶのかって?えっと・・・あ~ホスピタリティとか(笑)

投稿: アリーヌ | 2011年7月24日 (日) 22:54

こんばんは。
「のぼうの城」を読んでみたいと思ったので早速図書館で予約しました。
ゼリーフライ食べてみたいです。

投稿: rsk | 2011年7月25日 (月) 21:14

フランカーさん、こんにちは~♪
おお、わが郷土が!!(≧∇≦)
アンダー目の蓮フォト、素敵ですねぇ。
あ、、こぜにちゃんとフライくんだーー!!
このぬいぐるみ確か、売ってるんですよね。
・・売れてるのかな。。(笑)

ちなみに「のぼうの城」は漫画本もあるんですよ~。
絵は美味しんぼを描いた人です。

投稿: mint | 2011年7月26日 (火) 17:34

>ぽろさん
奈良時代あたりに咲いていた蓮と同じもの、と思うとちょっと不思議な感覚がしますね。
大きな花ですが、花びらもとても綺麗なので、遠くから望遠で撮ってもいいし近くでマクロっても楽しめます。
ゼリーフライ、コロッケよりあっさりしていて美味しいんですよ~。最近はガイドブックにも載りまくってます。機会があれば是非!

投稿: フランカー | 2011年7月26日 (火) 21:15

>loveuranさん
5時半に家を出て1時間ちょっとで着いたので、日は勿論煌々と・・なので露出補正がグイっとな(笑)
いろんな撮り方で、それぞれ絵になるってことは、花としての完成度が高いんだろうなあなんて。
ゼリフラの中身はおからなので、普通のあげものとはちょっと違う食感ですね。衣もないし。
おからは大嫌いなんですが、ゼリフラは大好きです。これ5枚でお昼ご飯にしちゃうとか全然OK( ̄ー ̄)

投稿: フランカー | 2011年7月26日 (火) 21:16

>アリーヌさん
映画の公式サイトを見ると結構な豪華キャストでしょ?原作本も地元民には激萌えなんです。お城は今はないのですが、○○門とかって登場するあちこちの門や出入り口の地名は今も現役で、リアルに場所が想像出来ちゃうんですよ。是非原作も手にとってみてくださいね。
TDLでホスピタリティか、中学生にはちょっと難しい・・というかそんなこと学ぶより遊びまくれ!って感じでしょうね。でもそれでいいと思う(笑)

投稿: フランカー | 2011年7月26日 (火) 21:17

>rskさん
読み始めましたが止まりません。地元民だからか??
自分が慣れ親しんだ場所に、あの上杉謙信や石田三成が登場するんですよ!へえあそこでそんなことをしたのか謙信は、なんて思うと郷土愛が高まってしまいます(笑)
市内あちこちでゼリフラ売ってるので、機会があれば食べにきてねsignaler

投稿: フランカー | 2011年7月26日 (火) 21:18

>甲斐姫
あ違うmint姫(笑)、コメント待ってました~!
コゼニちゃん、B級グルメならではの程よい脱力感がGood!です。買った人がどれくらいで飽きるのか知りたいよ(≧m≦)
美味しんぼの作家で漫画ですか!結構面白そう!原作本の次に手を出してみようかな。佐間口とか下忍口とか、出てくる地名に身震いしつつ読み進めています。由緒ある地区名がいっぱいあるんだなあって改めて・・(感涙)
漫画といえば、先日ブルーレイの秒速5cmに感動してコミック上下2冊買ったんですが、これまたエピソードがちょっと増えてて泣けましたpout

投稿: フランカー | 2011年7月26日 (火) 21:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110734/52284722

この記事へのトラックバック一覧です: 古代蓮とゼリーフライと:

« 紫陽花がクラゲに見えた日 | トップページ | 夏の夜に咲く華 »