« こぼれ落ちる光 | トップページ | 咲き誇る »

2011年4月24日 (日)

太陽のしずく

今日もチューリップを撮りに行ってきました。遊び半分で撮ったショットが思いのほか気に入ったので今日はこれを。

68199

(EOS kiss Digital N + TOKINA AT-X107 FISHEYE)

魚眼+ノーファインダーが見せてくれたミラクル。僕はファインダーをのぞかない方がいいフォトを撮れるんじゃないだろうかcoldsweats01  お気に入りの一枚となりました。

 

|

« こぼれ落ちる光 | トップページ | 咲き誇る »

コメント

おはようございます。
確かに、太陽の雫をもらってますね。。。

写真は偶然がおもしろいって僕はいつも思います。
なかなか狙って撮れないですよね。。。
ナイス!!(*^_^*)

投稿: usa104 | 2011年4月25日 (月) 07:10

わぁお~♪
衝撃的な構図ですね
花びらの質感がすごいんですけど!
え~ノーファインダー??あらまぁ~^^

投稿: loveuran | 2011年4月25日 (月) 09:23

こんばんは(^^♪
ワクワクする1枚ですね~
ファインダーを覗いてしまうと既成概念が働くので
ノーファインダーのほうが想定外になって面白いってありますよね^^

投稿: Focus_Lock | 2011年4月25日 (月) 21:41

フランカーさん、こんにちは~♪
似たような写真を撮っていたのでびっくりしちゃいました。
かなり真上を見上げるようなアングルで太陽の光を入れるのは私もおもしろいな~と思って撮っていたのですが、
フランカーさんのお写真の方が光をすっと受ける感じとチューリップの花びらの質感、
そして遠くに少しだけタワーが見えるアングルを狙って素晴らしいです!
空も気持ち良い青空で気持ちいい。さすがですね!

投稿: Lovepan | 2011年4月26日 (火) 11:42

さすが構図王のフランカーさん、と思ったら、まあ、ファインダーを覗かずして?それはすごい!構図の神様が付いてる?構図はもちろん、色、質感、申し分なしですね。先日行った写真美術館のストリートフォトの展示で、当時はストラップを肩にかけてカメラが腰の位置に来るようにして、まわりに気づかれないように何気にシャッターを押すというスタイルが流行っていたというようなことを学芸員が言っていました。50〜60年代当時と違ってフィルム代がかからないから、そんな遊びをしてみるのも面白そうですよね。

投稿: marikobrown | 2011年4月26日 (火) 15:28

>usa104さん
偶然が見せてくれた面白い一枚でした。狙って撮れたらそれはそれですごいでしょうが、このアングルはファインダーのぞけません(笑)
またこういう遊びにチャレンジしてみたいと思います。どんな偶然の産物がそこにあるのか、楽しみです。
 

投稿: フランカー | 2011年4月26日 (火) 21:46

>loveuran師匠
衝撃的というか笑撃的でしょうtulip。ピントがきちんと来るかどうかも分からない状況でしたが、何枚か撮った中でこれが一番しっかりした絵になっていました。
6年前に買ったKDNですが、たまにこういう金星を挙げてくれるから、手放す気にはなかなかなれませぬ~coldsweats01
 

投稿: フランカー | 2011年4月26日 (火) 21:48

>Focus Lockさん
地べたすれすれからほぼ真上を見上げるアングルですから、いまどきのバリアングルでもないと構図を確認して撮るのは出来ない向きですよね。
花びらの下にキスデジを突っ込んで適当に撮ってみたんですが、見慣れない新鮮なアングルを見ることが出来ました。
予想だにしない産物って面白いものですね。
 

投稿: フランカー | 2011年4月26日 (火) 21:51

>Lovepanさん
フィッシュアイは画質自体はそんなに優れたものではないのでKDNにつけっぱなしにしているのですが、小型軽量ならではのお遊び半分で撮ってみたら意外といいじゃん!?って一枚があったので載せてみました。
ほんとだ、タワーも見えてる!言われるまで全然気が付きませんでした。
DNも、価格コムとか見るととてつもない作例を上げてくる猛者がいるんですよね。まだまだコイツでも行けるんじゃないかって思うこともありますgood
 

投稿: フランカー | 2011年4月26日 (火) 21:54

>marikobrownさん
あはは、そんないい加減な王様ここにはいません(爆)
魚眼+ノーファインダーはほんのちょっとずらすだけで絵ががらりと変わりますから、なかなか面白いんですよ。
6年前のデジイチだけど、これだけ描写できれば、こりゃまだまだ使えるぜって感じがしてきました。
いろんな機会でこの遊び、またやってみようかなあ~catface
 

投稿: フランカー | 2011年4月26日 (火) 21:57

フランカーさん、今晩は。
 魚眼で写すと何か不自然さや嫌味が出る写真が
多いと思うのですが、この写真はそれを感じさせませんね。
それでいて魚眼の効果がばっちり出ているので
凄いですね。

投稿: itohnori | 2011年4月27日 (水) 19:28

>itohnoriさん
魚眼は不自然やゆがみを積極的に楽しむというお遊びレンズですからね。今回のフォトはよく見れば水平線からほぼ真上まで画角に入れてあり、やっぱり魚眼ならではの超広角なものとなっています。
今の時期のように、花々が咲き誇ると魚眼は楽しいですよ。数あるブログの中でも、あまり使い手がいないというのも楽しさを増してくれるポイントかもしれません。
 

投稿: フランカー | 2011年4月27日 (水) 20:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110734/51485479

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽のしずく:

» Red [Lovepan]
(Canon EOS 7D & EF70-300mm IS) 『Birth』 赤いチューリップが花開こうとしているところです。 そのおもしろさを切り取ってみました^^ ↑2つのランキングに参加しています。 皆さんからの応援を毎日の励みに頑張っています^^ いつもありがとう! (Canon EOS 7D &SIGMA17-70mm) 『憧れの的』 たくさんの中から選ばれた主役のチューリップには太陽からの祝福が。 みんな羨ましそうに見ている感じがしませんか? フランカー... [続きを読む]

受信: 2011年5月12日 (木) 07:47

« こぼれ落ちる光 | トップページ | 咲き誇る »