« 春の息吹と全力疾走 | トップページ | Horizon »

2011年3月 3日 (木)

梅がうめ~2011

一体何年このタイトルをやってるんでしょうか(笑)

ま、梅の前にまずは温室で暖を取りつつ胡蝶蘭を一枚。

1.

30053

(EOS 40D + TAMRON 90mm MACRO)

いつ見ても豪華で美しい。アザレアのしべもいいけど胡蝶蘭のヒゲも萌えますlovely

梅はパーク西端の日本庭園のあたりが見どころ。

2.

30093

(EOS 40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS 次も)

めでたい紅白のコラボ。

2月いっぱいは閉園が4時。だいぶ日が長くなったので、ちょっと後ろ髪引かれる思いもします。帰り際のラストショット。

3.

30094

メジロ君でも来てくれたらさらに絵になるところですが、この日はこのエリアに野鳥は来ていませんでした。また次回の楽しみに取っておきましょう^^; 今月からは5時閉園でだいぶゆっくりできます。

  

|

« 春の息吹と全力疾走 | トップページ | Horizon »

コメント

こんばんは(^^♪
紅白コラボがきれいですね~
本日のひな祭りにぴったしのお写真ですね^^
昨日私も枝垂れ梅とローバイの赤と黄色のコラボに
チャレンジしましたが広角だってので全然ダメでした^^;

投稿: Focus_Lock | 2011年3月 3日 (木) 22:57

こんばんは^^
どのお写真もとてもいい光を捉えられていますね^^
胡蝶蘭、ホント美しいです^^
2枚目は紅白でホントめでたい感じがしますね^^

投稿: hirokazu | 2011年3月 4日 (金) 00:39

胡蝶蘭にヒゲがあることに
気付いてるのは多分フランカーさんだけだと思います^^
花びらの表現がお見事でございます~
紅梅のキラボケに萌え萌えです♪

投稿: loveuran | 2011年3月 4日 (金) 01:38

フランカーさん、お早うございます。
 温室に胡蝶蘭が綺麗に咲いていましたね。
どの様に写したら良いのか分からず、結局1枚も撮らずに帰りました。
でも、パフィオペディラムとカトレアは撮りましたので、そのうちアップしたいと思っています。
 帰る間際に急いで日本庭園にも行って見ました。
池の傍に咲いているのを見かけましたが、それ以外は見つけることが出来ませんでした。
こちらもフランカーさんの様に上手く撮れず残念な結果でした。
3月6日(日)に日本水彩画会の写生会で、また行きます。
この時期の風景は描くのが難しいのですが、イングリッシュガーデン辺りで描こうかなと思っております。

投稿: itohnori | 2011年3月 4日 (金) 09:01

フランカーさん、こんばんは~♪
フラパ、ちょっと前に行きましたよ^^
トップの光を受けているカトレアがいいですね~。
光からあたたかさも感じられます。
私も梅ジローが撮れたらいいなと思っていましたが、
ここでメジロ自体見たこともないかも…。
ついてないのかなぁ?(^^;
↓そうそう冬~早春にかけては黄色いお花が多いですよね~。
黄色は元気が出てくる色だから、寒い時期でも心あったまる
ように…って感じみたいと一人勝手に思ってます(笑)

投稿: Lovepan | 2011年3月 4日 (金) 21:44

>Focus Lockさん
そうか昨日は雛祭りだったんですね。うちは男の子なので全く意識の中にありませんでした(笑)
広角で梅や桜を撮るのって意外と難しい気がします。望遠で気に入った一か所を切りだす方が実は難易度は低いのかもしれませんね。僕も広角で木や花を撮るのはちょっと苦手意識があるように思います^^;
 

投稿: フランカー | 2011年3月 4日 (金) 22:00

>hirokazuさん
マクロと背景ボケを狙ったフォトで記事にしてみました。胡蝶蘭は温室内なので風もなくじっくりマクロで取り組めます。被写界深度1,2mmの世界で遊ぶのはホント楽しいですよねlovely 一眼レフのだいご味の一つだと思います。
蘭は秋フォトコンの賞品で、すっごく立派な鉢植えが先日家に送られてきました。今は家の中でも蘭マクロが出来てウハウハです。後で記事にしたいと思っています。
 

投稿: フランカー | 2011年3月 4日 (金) 22:01

>loveuran師匠
え~胡蝶蘭はやっぱヒゲがチャームポイントでしょう!マクロでのぞきこめば絶対この先端のクルリンにピント持って行きたくなりますって^^
梅はもう時期的には終わりなんですかね、紅いのは枯れてる花も多く、背景ボケにするのが精いっぱいでしたcoldsweats01
このエリアでジョビ子を見かけたことがあるのでちょっと期待していたのですが、ここは鳥さんはさほど多くないんです~^^;
 

投稿: フランカー | 2011年3月 4日 (金) 22:02

>itohnoriさん
温室の蘭は綺麗ですよね。歩き過ぎるだけではもったいないです。僕は蘭エリアとアザレアエリアだけで3時間は飽きずに楽しめます。一枚一枚を撮る手間暇が、観光で来た人たちとは違いますからね。
6日ですか、時間取れたら行きますよ。先日話した目印の奴がいたらお声かけくださいね。素敵な画を拝見出来たらと思っています。
 

投稿: フランカー | 2011年3月 4日 (金) 22:03

>Lovepanさん
これから2か月くらいはFPに行きまくらないとですよね~lovelyチューリップ満開までにマクロのセンスをリハビリしておかないと。何せ冬ほとんど使っていませんでしたから。
FPのメジロはもうちょっと後、フラワーホール東側の河津桜のところにいっぱい来ますよ。木も低いので300で充分です。是非速射しまくって下さい(笑)
黄色い花、小さいものばかりですが、見ていると気持ちが暖かくなれますよね^^春もここでマクロをメインに腕を競い合いましょうup
 

投稿: フランカー | 2011年3月 4日 (金) 22:05

何日かぶりにお邪魔したら、お花がいっぱい!ヤザワさんも!オンシジュームがとても美しく撮れていて、思わず去年自分が撮ったのを振り返ってしまいました!胡蝶蘭もそうですが、どうしても形がちゃんと分かるように全体を正面から撮ろうとしてしまいます。でも図鑑の写真ではないのだから、被写体深度を浅くして幻想的に撮ってもいいし、斜めから狙っても面白いのですね。蘭は、言ってみれば「人面花」ですよね(笑)。それぞれに表情があって、「アイーン」とか、「ホー」とか聴こえてきそうです(笑)!

投稿: marikobrown | 2011年3月 5日 (土) 09:48

>marikobronwさん
はい、花マクロのシーズン到来ですからね^^
逆に花の全体が分かるくらい引いちゃうと、それはそれで絞り具合やら背景の処理やら、難易度が高いように思います。僕は寄りまくったマクロに持ち込む方がむしろ撮りやすいと思うくらいなんですよ。
こんなしべマクロばっかりになっちゃうので、たまには他のレンズなり距離感なり、考えなきゃなあって思ったりしてます。
 

投稿: フランカー | 2011年3月 5日 (土) 10:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110734/51023721

この記事へのトラックバック一覧です: 梅がうめ~2011:

« 春の息吹と全力疾走 | トップページ | Horizon »