« 青空のキャンバス | トップページ | Night rose »

2010年11月 7日 (日)

入間基地航空祭 part3

入間基地航空祭、今日はブルーインパルス以外のフォトも紹介してみます。

1.

70218

(EOS 40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS、2以外)

空自の機体はアメリカが開発したものが多いですが、これは国産。川崎C-1輸送機。

落下傘部隊の隊員が次々と飛び出してきて、空のパラシュートの花が咲きました。

2.

77448

(EOS kiss Digital N + SIGMA 17-70mm C-PL)

これ以上下げると人の頭が盛大にフレームイン。ギリギリの構図ですsweat01

バリアングルの高倍率ズーム機の方が手を上に伸ばして飛行機フォトを巧く撮れるでしょうね、こういう超混雑の中では。

サンニッパを頭上にかかげてライブビューを敢行してた猛者もいたけど、モニター下に向けられないと撮れないですよね。60Dが欲しいと思えましたよcatface

 

3.

70193

どうにか撮れた数少ない地上展示。航空祭ではおなじみ、茨城県は百里基地から飛来したRF-4E。これは偵察機なので、シャークティースの中にある台形の中にカメラが装備されています。

4.

70021

通常型T-4の飛行展示。通称シルバーインパルス。

ラストはブルーのショットを。

5.

70412

背面が順光になった瞬間を撮れました。スモークはエンジンの付け根に近いところから出てるんですね。

直進しながらクルっとな。

6.

70403

上面と底面で、青と白がちょうど逆にペイントされてるんですね。初めて気が付きましたよcoldsweats01

 

|

« 青空のキャンバス | トップページ | Night rose »

コメント

今日、光が丘のサンクチュアリでいつも会うオジサンが
入間行ってきたよ~って画像見せてくれました^^
カメラ2台で3000枚撮ったって言ってましたよ
どないして見るんやろ(〃^▽^〃)
ハッキリ言ってフランカーさんのが勝ってますね^^
麦畑の方から撮った方がよかったなぁ~とか悔やんでましたけど
ブルーインパルスの裏おもて、面白い発見ですね♪

投稿: loveuran | 2010年11月 7日 (日) 19:42

>loveuranさん
勝ち負けにこだわる方ではないですが、そのコメントはやっぱ正直嬉しいっす、ありがとうlovely
3000枚ってのもスゲーけど、その枚数はきっとJPEG撮りでしょうね。こちらはRAWで撮ってホワイトバランスや露出を後作業で最適化させてますから、一発撮りには負けるワケにはいかんざきrock
ちなみに僕は700枚くらいでした。容量勿体ないんで撮ったそばから確認してダメなやつは削除しまくりましたよ(^^;
 

投稿: フランカー | 2010年11月 7日 (日) 20:22

来年も入間いく?百里ってダメなんだっけ?
交通アクセスが悪いんだっけ?

今月号の「航空ファン」を見て、ちょっと衝撃を受けたのだけど
今年の三沢、A-10の飛行展示があったそうです。
(ヴェイパーコーン出しまくり)
・・・最近の私のお気に入りが
ブラックホークUH-60と(あんなに救助活動できるなんて、
一番有益な自衛隊機ではないかと)
このA-10なので、もしも来年も飛行展示があるようなら
青森に行かなきゃならなくなりそう(笑)。

投稿: しのぶ | 2010年11月 8日 (月) 11:46

カッコイイですね~!!
裏表、初めて見ました!
こうなっていたなんですね!!(^^)
確かにバリアングルはいいですよね~。
60D、色々いわれてますが、かなり欲しいです(^^)

投稿: まる | 2010年11月 8日 (月) 16:43

あー、なるほど、人ごみでの撮影にもバリアングル、重宝しそうですね。ライブビューはやってみたことあるけれど、当てずっぽうに連写して奇跡の1枚を期待するって感じでした(笑)。

そっかー、やはりRAWで撮られてるんですねー。やっぱり違うわー。大納得いたしました。今のクラスはJPGオンリーなんですが、来学期のひとつ上のクラスではRAWでしか撮らないそうで、先日ちょっとだけ講義に出てきてデモンストレーション見たんですよ。気が遠くなりました(笑)。でもフランカーさんのお写真見てると、やればやったで報われるかも、なんて。まず今のクラスをパスしないと入れないんですけどね(苦笑)。

投稿: marikobrown | 2010年11月 8日 (月) 18:29

>しのぶ三佐
百里は車でないと行けないかもね。茨城県人だったころ行ったけど、茨城に住んでいながら百里は遠かった(爆)
で、入間ブルー、来年も行きたいですな。体力とデジカメ容量のペース配分を学んだので、来年はさらに的を絞って行きたいなあと。
A-10のベイパーとは結構萌えるかも。ワルシャワ条約機構が悪魔の十字架と呼ぶそのデザイン、横になってるとこ、見たいわ~!

投稿: フランカー | 2010年11月 8日 (月) 18:48

>まるさん
時速数百キロとはいえそこそこ距離があるので、連写性能は60Dクラスでも充分かと思いますね。何よりバリアングルは超混雑の基地祭では重宝すること間違いなし。
個人的には画素数が多すぎるのが食指が動かない一因です。もう少し少ない方が高感度やデータ容量面で有利でしょうにcoldsweats01 パワーショットは画素減らしてきてるのに。
40Dも気に入っているので、あと一世代分、様子を見ます。
 

投稿: フランカー | 2010年11月 8日 (月) 18:52

>marikobrownさん
写真の教室通われてるんでしたよね。JPEGという縛りの中で完成度を上げていくのは実は後だしじゃんけんでメンテナンスが可能なRAW撮りより難しいと思います。
キヤノンは標準添付のDPPが出来が良い(他社だと有料で別途アプリを買わないとですよね)ので、これの使いこなしを是非独学で見に付けて下さい。参考になるサイトもたくさんあると思いますよ。
一眼でRAW撮りを封印してるめんどくさがり屋さんは、その性能も封印しちゃってると思っちゃいます。勿体ないことです。
 

投稿: フランカー | 2010年11月 8日 (月) 18:55

フランカーさん、おはようございます♪
点々とパラシュートが落ちてくるさまがたくさん見える
2枚目が楽しいですね~。
もし私がその場にいたら人の頭しか映らないと思います(>_<)
飛行機の表と裏とでペイントが正反対に描かれているのも
おもしろい発見^^
青空には白が映えるかな?^^

投稿: Lovepan | 2010年11月 9日 (火) 08:00

>Lovepanさん
基地祭というとつい超望遠の出番と思いがちですが、標準や魚眼ならではの絵というのもあるものなんですよね。パラシュート効果部隊は雲があったら冴えない絵ですが、完璧な晴天だったので点々がよく映えました。
T-4の表と裏はまっすぐ飛びながらその場でクルクルとロールしてくれたので、改めてペイントをよーく見ると綺麗に逆になっているのが分かったんですよ。芸が細かいですね。
これだけ混んじゃうと地上を入れるアングルは難しいです(^^;

投稿: フランカー | 2010年11月 9日 (火) 08:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110734/49961783

この記事へのトラックバック一覧です: 入間基地航空祭 part3:

« 青空のキャンバス | トップページ | Night rose »