« Interlude #97 今日のお供 | トップページ | ポインセチア・ブルー »

2010年11月22日 (月)

桐生川の紅葉 part2

桐生川の紅葉の続きです。

似たようなフォトが続くので、適当に読み逃げしちゃってくださいmaple

1.

40019

(EOS 40D + SIGMA 17-70mm C-PL、ND 以下)

川が曲がるところに、社といくつかのお地蔵様みたいなのがありました。そのあたりまで行くことも出来ますが、道が悪いのなんのsweat01 通い慣れた猛者な人たちは長靴履いてました。

2.

40030

両脇が木々に覆われているので、NDなくてもスローシャッターは切りやすいかも。まあこの日はほぼ付けっぱなしでしたが。 ↑で2.5秒。

道沿いから見下ろすアングル。これ↓は1.6秒。

3.

40098

望遠もせっかく持っていったので、意地でも使わねば、ってことで一枚。

4.

40115

(EOS 40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS)

川の流れともみじって、やっぱり絵になりますよね。

 

|

« Interlude #97 今日のお供 | トップページ | ポインセチア・ブルー »

コメント

こんばんは
川の流れをスローシャッターで撮ると綺麗ですね
そしてこの紅葉との組み合わせは見事です!
NDフィルターっていいですね~
手に入れたくなります^^

投稿: Life | 2010年11月22日 (月) 20:14

こんばんわー^^
スローシャッターでの水の表現、憧れです♪
。。。が、夏に買ったNDフィルターはまだ一度も使ってないんですよね^^;
今年中に使おうとは思っているのですが。笑

色鮮やかな紅葉とクリーミーな白い水の表情のコラボ、
もう最高ですね〜(*´ェ`*)
2枚目のお写真なんてなんだか川が凍っているみたい!
ウットリです♪

投稿: 86se | 2010年11月22日 (月) 20:30

紅葉ハンターのフランカーさん、こんばんは♪
渓流と紅葉コラボはやっぱり絵になりますね~
手持ち派の私には撮れない写真ばっかりだ~^^
霧状の川の流れにはあこがれますね♪

投稿: loveuran | 2010年11月23日 (火) 01:58

モミジと渓流、絵になりますね
スローシャッター
いつか、デジイチゲットしたら挑戦したいです!

投稿: クランベリーソース | 2010年11月23日 (火) 04:14

こりゃ、読み逃げなんかできませんよ!
写真を受講してみるまで故意にシャッター速度を落とすなんて考えもしなかったんですが、その効果たるや、すごいものがありますね。2秒前後でここまで表現出来るんですね...
日差しの強い南カリフォルニアではNDフィルター、重宝しそうです。

投稿: marikobrown | 2010年11月23日 (火) 06:15

>Lifeさん
PLとNDでかなりSSを遅くする方向にしていますからね。一枚一枚撮るのに時間がかかりますが、数秒~数十秒後にモニターに浮かび上がる出来上がりを見るのがホント楽しいです。
NDは水流撮影には欠かせません。前玉の出っ張った魚眼には付けられないのが悔しいです^^;
  

投稿: フランカー | 2010年11月23日 (火) 08:14

>86seさん
水流ときたらとりあえずND使ってシャッタースピードを遅くしたくなる・・と反射神経的にやっちゃいます。それだけが能じゃないとは思うんですが^^;
数千分の1秒という超短時間を切り取ったり、数十秒という時間を一枚の中に凝縮したり、フォトの表現力の奥深さってすごいなあと改めて思います。ほんと楽しいですhappy01
 

投稿: フランカー | 2010年11月23日 (火) 08:17

>loveuranさん
本当にハンティングしたいのは紅葉ではなく記事を見る淑女諸氏のハート、なんちってlovely ←無理無理w
師匠の高倍率ズーム機も薄型コンデジとは違い、絞り優先シャッタースピード優先は付いてるでしょうから、三脚一つあればこの手のフォトはお手の物かと。小さい分ごつい三脚も要らないだろうし、是非チャレンジしてみては。そんな方もちらほらいましたよ~good

投稿: フランカー | 2010年11月23日 (火) 08:20

>クランベリーソースさん
一眼を使っている以上は小さいコンパクトには撮れない世界を表現してみたいと常々思っています。実はコンパクトに劣る領域も少なからずあるとは思っているんですけどcoldsweats01
表現力の幅広さ、それを自分の意思でコントロール出来ること・・そのあたりがコンパクトと一眼レフの違いと思います。是非こちらの世界に足を踏み入れてきて下さいね。お待ちしています^^

投稿: フランカー | 2010年11月23日 (火) 08:22

>marikorownさん
川の流れを撮るならシャッタースピードを遅くして白い絹のように魅せる。日本の温泉のパンフレットや観光ガイドではおなじみの写し方ですね。
NDは光量を落とすだけで色味は変わらないので、空の色を鮮やかに描くのならC-PLが極めて有効です。まずはC-PLからご検討されてみては。これの効果はPC作業で後から加工は無理ですし、青空を描くのなら必需品です。

投稿: フランカー | 2010年11月23日 (火) 08:26

おはようございます☆

柔らかな水の流れ。紅葉も美しい~☆
風情ありますね。こんなところでぼぅっとしていたいです。
ちょっと、寒そうだけど☆

トラバ、届いてました☆
どうもありがとうございます☆
☆!

投稿: myu | 2010年11月23日 (火) 08:56

>myuさん
寒そうに見えるかもしれませんが、気温は15度くらいあったかな?風も弱く長袖シャツ一枚で過ごせましたよ^^
三脚を微調整して静かに構図を決めてレリーズを押し込み、出来上がりまで数秒の露光。その繰り返しがとても楽しかったですcamera

投稿: フランカー | 2010年11月23日 (火) 19:38

フランカーさんこんにちは
桐生川の紅葉、私も13日に行ってきました。
なのでフランカーさんの写真を見て「あ、ここ!あ、ここも撮ったnote」とひとり喜んでました(笑)
下見に行ったのですが既に見頃だったのでNDも三脚も無く写してましたが写真を拝見するとやはりNDの効果が効いて美しいですね。
川沿いは滑ります、大きな紅葉撮る時に岩から滑り私も川に片足突っ込みましたよsweat01
源流は初めてでしたが紅葉と渓流がいい所ですね。

投稿: VEGA | 2010年11月24日 (水) 01:19

>VEGAさん
撮りに行く時は基本的にいつもフル装備(花がないならマクロのみお留守番)なので、この日もPLやNDが活躍してくれました。水の流れにはやっぱりNDと三脚は表現の幅を広げてくれます。
足場はほんと悪いですよね。コケても両手を付けるようにと、カメラはいつもバッグにしまった上で移動するようにしました。最悪三脚投げ出して手を付けばいいや、みたいな。ちょっと怖かったですねcoldsweats01
 

投稿: フランカー | 2010年11月25日 (木) 08:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110734/50097895

この記事へのトラックバック一覧です: 桐生川の紅葉 part2:

« Interlude #97 今日のお供 | トップページ | ポインセチア・ブルー »