« 川原に響き渡る歌声 | トップページ | オープンスクールとゴマフアザラシ »

2010年6月13日 (日)

霧に煙る神社

早朝赤城の在庫から。

この日も覚満淵を一周しました。寄せては流れていく霧の中、周囲の明るさがコロコロ変わり、いろんな表情の風景を楽しめます。

1.

40098

(EOS 40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS)

霧のためコントラストが淡くなります。光の回り込み方が優しいのもいいもんです。

2.

40070

(EOS 40D + EF70-200mm F4L)

3.

40099

(EOS 40D + EF100-400mm F4.5-5.6L IS)

覚満淵にほど近い赤城神社。日中は目に突き刺さるような鮮やかな朱色の橋も、この時間帯は幻想的。

4.

46479

(EOS 40D + SIGMA 17-70mm)

橋を渡り、神社の境内へ。

霧が晴れるのを待って狛犬を。

5.

46485 

(EOS kiss Digital N + TOKINA AT-X107 FISHEYE)

関東もそろそろ梅雨入りでしょうか。赤城のつつじ、撮り損ねたか・・?

 

|

« 川原に響き渡る歌声 | トップページ | オープンスクールとゴマフアザラシ »

コメント

こんばんは~、フランカーさん。

5枚目の写真を見て、びっくり!
えっ、この狛犬、サッカーボールを持っているんですか w(゚o゚)w
時期が時期だけに、狛犬までサッカーブームが...なーんて、そんなことはないですよね。
あまりにもぴったりの写真なので(笑)

そう言えば、小さい頃に赤城神社に行ったことがあります。
たしか、石段の上で撮った証拠があるんですが、本人は全くおぼえておりません( ̄▽ ̄)

白樺と霧、絵になりますね。
普通の木は幹が黒くなって淡っぽくなりますが、白樺の幹は白いので霧の中でも存在感が出てますね。
こんな写真が撮ってみたいですね。

投稿: Cape Light | 2010年6月13日 (日) 20:40

フランカーさん、おはようございます。
霧のなかの写真は幻想的で非現実な世界。
いつもの風景もまた違った美しさでしょうね。
霧と朱色の橋も良い感じ~。

↑あはは。本当、サッカーボールに見えるー(笑)
CapeLightさん、(≧∇≦)ъ ナイス!です~~。

投稿: mint | 2010年6月14日 (月) 07:54

>Cape Lightさん
狛犬の足元、言われるまで気付きませんでした。なるほどっ!
霧と白樺は絵になりますよね。なかなか平野部では見られないので、この木と霧のコラボは是非撮ってみたかったんですよ。
真夏とか紅葉の季節に、また早朝アタックが出来たらいいなあと思っています。紅葉シーズンは激混みですから、必然的に行くなら早朝になるんですが(笑)

投稿: フランカー | 2010年6月14日 (月) 20:25

>mint姫
優しい陽光が降り注ぎ、山肌がオレンジや黄色、朱色に染まる時期も素敵ですが、初夏の早朝はそれとはまた違う静謐な空気に満ちています。朱色もほわっとした霧の中、荘厳な雰囲気を増していましたよ。
つつじの名所なので撮りに行きたいのですが、梅雨入りしそうだしなあ・・。雨に濡れたサッカー狛犬も風情があっていいかな?(笑)

投稿: フランカー | 2010年6月14日 (月) 20:26

こんばんは。
モノトーンの中の赤い橋が目を惹きますね。

狛犬が侍ブルーを応援している姿に見えます。

投稿: rsk | 2010年6月16日 (水) 22:43

>rskさん
Cape Lightさんに言われるまでサッカーボールに気付きませんでした。関係ないけど映画「レッドクリフ2」でも1800年前の中国のサッカーが見られますよね(なかなか迫力がある)。あんな感じで、昔から鞠を蹴るハードな遊びがあったのかなあって思い起こしてみました。
次はオランダ戦でしたっけ、頑張って欲しいですね。

投稿: フランカー | 2010年6月17日 (木) 12:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110734/48615450

この記事へのトラックバック一覧です: 霧に煙る神社:

« 川原に響き渡る歌声 | トップページ | オープンスクールとゴマフアザラシ »