« 明るく優しくやわらかく | トップページ | 織姫の忘れもの »

2010年5月 4日 (火)

デジカメ談義と親孝行

30019

祖母が療養中の自宅で静かに息を引き取ってから今日で3年。あの時はこんなに早く、今度は親が具合が悪くなるとは思ってもみなかった。

主治医の許可が出たので、いい機会と思って母親を愛知の兄の新居へ連れていくことに。付属品として次男も着いてきた(笑)。450kmはISのハンドルを握る限り、疲れが出る距離じゃない。

奴の家へお邪魔するのは僕は二度目だけれど母は初めて。母はもう行けないものと思っていた様子。僕と兄で日程調整して実現した事に、涙ぐんで喜んでた。いい親孝行が出来たかな。飽きることなく孫娘と遊んでいたっけ。

30077_2

(EOS 40D + SIGMA 17-70mm)

二日目は庭でBBQ。二人のいとこ(どちらも女の子)にいいとこ見せようと?次男が火起こしを頑張ってくれた。エライ(笑)。僕と兄は昼間からカラにした缶の本数を競い合い。そして夜まで尽きることないデジカメ談義。

「いい写真撮りたければいい道具を用意しろ」

この毒舌兄貴め。しかし、しゃくに触るが異論なし。勿論かけられるお金には限りがあるし、今のところ今の手持ちのものに満足はしているけれど、良いツールならより簡単により良い写真が撮れるだろうなあとは思う。

1D3で何も考えずイチヨン使って日の丸ど真ん中に姪っ子撮った絵を見ると、やっぱりそこから叩き出される情感には圧倒させられる。ピント、露出、ホワイトバランスの制御の緻密さ、幼い子の無垢な肌色の質感。そしてボケ味。

なら、自分のツールがいかにそれに近づけるか、ちょっとは創意工夫というものをしてみようじゃん。まだ使いこなし尽くした感も持てていないし。

昼間外で飲む淡麗生、夜じっくり飲むシャルドネ。どちらも旨い。酔っ払った頭で親の今後のこと、40Dとの付き合いかた、そんな事を考え、話しながら旅先の夜は更けていく。

 

|

« 明るく優しくやわらかく | トップページ | 織姫の忘れもの »

コメント

ゴールデンウィーク♪親孝行に使うなんてエライo(〃^▽^〃)o
いいお出かけでしたね、お母さん大切ですもの。
姪っこちゃん可愛いですね、おじちゃんのCAPはちと大きいけどね^^

投稿: loveuran | 2010年5月 4日 (火) 20:29

フランカーさん愛知にいらしてたんですね!近距離だったかも!?
先日実家に帰ったのですが、母の「帰っちゃうの?」の一言がなんだか今までより重かったです。当初から一泊の予定だったのですが、母はもっと居て欲しかったらしく。予定もあり一泊で帰りましたが、もっと頻繁に帰ってあげられたらいいのになぁ。

そして姪っ子ちゃんがかわいらしくてたまりません。2~3歳くらいですか?一番かわいい頃なんだろうなぁ

投稿: 一香 | 2010年5月 4日 (火) 22:40

親孝行ですか素晴らしいGWを過ごされた様ですね
私は道具に頼らないって言い聞かせて来ましたが
ここ数年、登場しているカメラにはもう到底抵抗出来ないと
痛感しております(笑)
しかし、今回のエントリーはしっとりしていますね

投稿: azmo | 2010年5月 5日 (水) 19:55

母孝行、できてよかったですね。
僕は弟に任せっきり、年1回の帰省のみの親不孝モノです。。

僕は写真に関しては道具の良し悪しを云々するほど経験積んでませんが、
身の回りのこと、その道具でできる範囲でやる、を基本としてます。
できる範囲=我慢することの多い少ない、と言い換えられるかもしれないです。

カメラに関して言えば、2万円しない中古のエントリー機に、
3~40年前の、3千円で買えるレンズでびっくりするぐらいの絵を撮ることもあるので、
まあその辺をきっちり使いこなしてから次かな、と思ったり。

もちろん、いい道具じゃないと実現しないことがあるのはわかってます。
財布と身の丈と相談して、我慢してるニンゲンの言い訳だったりします^^;

投稿: DMP | 2010年5月 6日 (木) 11:18

>loveuranさん
縦アングルに構えると帽子のつばが逆になるのでいつもはひっくり返してかぶるんですが、かぶりたそうな顔してたので(?)貸してあげましたよhappy02
兄には似ず大人しくていい子です^^ 群馬にお持ち帰りしたかったです(笑)

投稿: フランカー | 2010年5月 6日 (木) 12:00

>一香さん
東海環状を走って豊田市の広さにぶったまげました。
姪っ子は夏に3歳になります。自分の子が男二人ですから、異性の子供はまた違った可愛らしさがあってイイもんですね。
母がいるのでどこかにレジャーに、ってわけにもいきませんでしたが、兄のGSハイブリッドの後ろにふんぞり返ってプチドライブを楽しみましたよ。「トヨタ町」なんて交差点があるなんてsign03

投稿: フランカー | 2010年5月 6日 (木) 12:01

>azmoさん
車もカメラも、いやどんな趣味も、使いこなしというソフト面で工夫出来ることとハードの絶対性能に依存するところと、その両面がありますよね。正直40Dではもう最新のキスデジには太刀打ち出来ないと思います^^;
普段あまり親孝行もしていないので、感じたことを残しておこうと記事にしておきました。コメントありがとうございます^^

投稿: フランカー | 2010年5月 6日 (木) 12:02

>DMPさん
ハード性能で劣るところを腕でカバー、っていうのはドラマにもなりそうなネタですが、その逆もやっぱりアリだろうなとは思います(絶対ドラマにはなりませんが、笑)
まあ写真も親孝行も、出来る範囲で自分が納得いくように、ってところかなあ、とあいまいな落とし所に結論付けて納得してみました(笑)

投稿: フランカー | 2010年5月 6日 (木) 12:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110734/48266929

この記事へのトラックバック一覧です: デジカメ談義と親孝行:

« 明るく優しくやわらかく | トップページ | 織姫の忘れもの »