« WHITEWATER | トップページ | 戦場ヶ原へ »

2009年10月18日 (日)

中禅寺湖と半月山

華厳の滝を見た後はさらに奥日光方面へ。中禅寺湖畔を通りながら、はて、この湖を見下ろす展望エリアがあったような??とふと思い出してナビ画面も確かめずに湖畔の道路を登ってみました。

お~、僕の記憶力もまだまだ捨てたもんじゃない。

1.

30046

(EOS 40D + SIGMA 17-70mm C-PL)

山の中腹の駐車場から、中禅寺湖が綺麗に見渡せました。このエリアには大きな三脚と白いレンズがずらりと並び壮観な眺めでした。

で、そんな長射程砲で何を撮っているの?と、僕もその軍団のすき間に入り込んで三脚を立ててみると。。。

2.

30062

(EOS 40D + EF70-200mm F4L)

手前に見える、湖に突き出した半島部が目を奪わんばかりの色彩に染め上げられているじゃありませんか。ってこのフォトじゃ分かりづらくて申し訳ない。。sweat01 何せ見ての通り、少しかすんでいるんです。

さらに望遠で。この時だけは周囲の5DmkⅡ軍団よりも有利だぞ~。APS-C万歳。

3.

30066

(EOS 40D + EF100-400mm  F4.5-5.6L  IS)

ピクスタは超望遠用の禁断の「clear」を初めて使ってみました。その後塩コショウを少々。これなかなか使える。味が濃すぎるけど。

さらに上へ上がると、この半月山なる山のてっぺん?の駐車場へ。

4.

34020

(EOS kiss Digital N + TOKINA AT-X107 FISHEYE)

ここもカメラマンがたくさんいました。巨大なフィルムを使う猛者もちらほらと。

右手に見える山の斜面、これまたすごいことになってて皆さんのお目当てはここ。太陽が出るまで朝からずっと待ってるんだ、と隣のおじさんが言ってました。

いやいや軽くかすむ曇り空のもとでも素晴らしいじゃありませんか。

5.

30083

(EOS 40D + EF100-400mm  F4.5-5.6L  IS)

油絵のような風景にうっとり。自然の美、日本の美。来て良かった!やっぱりなんとかと煙は高いところが(ry

ここは近場の斜面もとても綺麗でしたよmaple

6.

30067

(EOS 40D + SIGMA 17-70mm、次も)

さらに歩いていける道もあったので、ちょっとだけ分け入ってみました。てか10m歩いて2回コケそうになったsweat01

7.

30072

何枚か角度を変えて撮ってみたのですがこれが一番しっくりきました。上のフォトとこの木の角度を見れば分かるようにかなりの急斜面。ボディと撮影者は30度くらい左に傾いてますcoldsweats01

8.

30074

(EOS 40D + EF70-200mm F4L)

三脚込みで10kg近い荷物も、こういう景色が見られると思えば重くない・・・・と思いたいcoldsweats01

 

 

|

« WHITEWATER | トップページ | 戦場ヶ原へ »

コメント

フランカーさん、こんばんは(*^-^*)

こちらも日光ですね!(mintちゃまのところから引き続き)
さっきの平成教育委員会で中禅寺湖と華厳の滝は徐々に近づいているっていうのをやってました。
見てました??
他にも東照宮のこととか、面白かったです。

山々の彩りがキレイですね。
自然にこうなるのですから、ホント素晴らしいshine

投稿: ぶっき~ | 2009年10月18日 (日) 20:08

こんばんは。
紅葉だぁ。日光だぁ。中禅寺湖だぁ。いいなぁ。
日本の四季の美しさを撮れるというのは幸せですよね。
↓華厳の滝も懐かしいです。
一人で行かれたんですか?ゆっくり堪能できて良かったですね。

投稿: rsk | 2009年10月18日 (日) 21:40

フランカーさん、こんばんは~♪
この半島部分の紅葉を上空から撮ったものが新聞のトップを飾って、
TVでも紹介されていましたね^^
目の前で見てこられたんですね~。いいなぁ。
いろんな色の木々の色合いが華やかでほんと綺麗ですね~。
重い荷物を持って傾斜のあるところを上り下りって大変だけど
素晴らしい景色と写真のために頑張っちゃいますよね~wink

投稿: Lovepan | 2009年10月18日 (日) 22:36

フランカーさん、おはようございます!
これまた美しい写真の数々にうっとり~。
私も半島部分の写真を新聞で見て、実際見たかったなあと思っていました^^
それにしてもカメラマンたちすごいわぁ~。さすがに私は並べない(笑)
霞がかった紅葉の風景もいいものですねぇ。
一段とツヤっぽい感じがします(*^^*)

投稿: mint | 2009年10月19日 (月) 08:39

>ぶっき~さん
へぇ~中禅寺湖と華厳の滝が!?初耳です。面白いですね(笑)
絵画のような山肌、いつまでも眺めていたいって思いましたよ。
とても混雑する観光地なので、廻る順とか時間帯を工夫しなくちゃ、と思いましたが、また来たいなと思いました。この季節でも、他の季節でもねgood


>rskさん
はい、平日なので一人で行っちゃいました。似たような境遇っぽい人がちらほらいました(笑)
これだけの美しい景色を前にすると、さーて手持ちの調理器具でどうやって料理してくれようか、と俄然燃えますよね。庭のように知り尽くした赤城やフラパとは違い、新鮮味もありますしね。
どんな焦点距離でも絵になる風景ばかり。やっぱり素晴らしいエリアですね、ここは。


>Lovepanさん
そういえばこの彩り鮮やかな半島や湖面の上空をヘリコプターが何度も旋回していましたよ。遊覧なのかTV用の画像撮影か分かりませんが、きっと絶景なんだろうなあとうらやましく思いましたよ~lovely
平野部の予報は通用せずちょっと小雨がぱらついたりもしましたが、行った先々で思いもよらない景色に出逢え、望遠風景の現像の技術としても収穫があったように思います。


>mint姫
ファミリーやおばさま達のコンデジからカップルのキスデジも多かったですね。ごつい三脚軍団はまた別世界ですがcoldsweats02
見下ろす山肌の紅葉も見事でした。この後またISのハンドルを握り、戦場ヶ原に行きますよ~。また是非次の記事見に来て下さい^^

投稿: フランカー | 2009年10月19日 (月) 20:06

こんにちはー
懐かしい地名だと思ったら小学校の時修学旅行で行きました。↑の戦場ヶ原も行きましたよー。紅葉とってもきれいですね。秋はちょっと物悲しい季節ですが落ち葉を踏んだ時のサクサク感は好きです
SAIが発表されましたね。SAIの高グレードとHSの低グレードだったら後者を選ぶな~と妄想してますが、車を買える余裕は全くありません。くすん。

投稿: 一香 | 2009年10月20日 (火) 12:17

ども、ご無沙汰しとりやす。
あっちゅー間に紅葉の時期になっちゃいましたねぇ。
5の感じにだいぶ魅せられました。
今ね、こーゆーのを無性に見に行きたい衝動に駆られてるんですけど、なかなか機会に恵まれず・・・。
仕方ないので(←ぇ。)ここで、愛でて行く事にしまつ。

そうそ、Blog再開したんですけど、相変わらずのマイペース更新なので、気が向いたらお茶濁しに来てやってくださいまし( ̄ー ̄)v

投稿: 檬花一尉 | 2009年10月20日 (火) 14:10

>一香さん
寒いのが苦手で冬は嫌いなので、その前哨戦となる秋は身構えてしまします。この時期に撮りまくって冬は温室で花マクロにしますわtulip
SAIの顔は見慣れたもんですが(笑)、こっそり新型になったマークXもなかなか良さそうな。。と思いつつデザインまだまだ負けてねーぜ、さすがLフィネス、と我がISを見て胸をなで下ろす今日この頃ですcar
SAIの価格差の件、まあ確かにHSの方がむしろお買い得感がありますね(^^; あんなお店でいつも気持ちよく最高の対応をされるというのは、絶大な満足感になりますよ。


>一尉
お久しぶりーふbleahお元気そうで何よりでごわす。
都内じゃなかなかこういう見下ろす紅葉ってのはないかもしれませんね。ちょいと東北道なり関越道を北上してみてはいかがかと(笑)
まあ仕方なく(←ツボったw)こちらで眺めて我慢するのも大歓迎。またいらしてくださいましpaper

投稿: フランカー | 2009年10月20日 (火) 20:47

禁断のピクスタ使いましたか?!
でも、とてもナチュラルでいいですね♪
自分は絶対使えないと思っていたので驚きです。
素晴らしい風景です。

投稿: アリーヌ | 2009年10月23日 (金) 00:43

>アリーヌさん
クリアを当てただけではご存知のとおり、色が濃くなって黒が沈み明部が浮き上がります。一旦これを当てたあとコントラストと色を薄めてやればこの通り。もともとの個性が強力すぎるピクスタですが、被写体との間に入る空気の層が分厚い300mm以上の世界では結構使えるかも、と思いました。お試しアレsignaler

投稿: フランカー | 2009年10月23日 (金) 08:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110734/46508572

この記事へのトラックバック一覧です: 中禅寺湖と半月山:

« WHITEWATER | トップページ | 戦場ヶ原へ »