« 赤城山の朝 | トップページ | 覚満淵の空 »

2009年10月31日 (土)

interlude #65 空の彼方から

7月の昆虫撮影会で足を運んで以来、久しぶりにぐんま昆虫の森へ出掛けました。

あのときにはなかった100-400mmが今日はバッグの中に。ここではその望遠で撮りたかったものがあります。

50081

(EOS 40D + EF100-400mm  F4.5-5.6L  IS)

温室の外の池に飛来する野鳥。これはセキレイでいいかな。

7月の時も、ここで200mmを使って「長さが足りないなあ~」と苦笑しながら、遠方から来るメンバーを待っていたものです。

そのときの昆虫撮影会を取り仕切ってくれたHさんは今月上旬、急に天に召されました。

僕より一回りちょっと上だったのかな、とてもエネルギッシュで写真を撮るのが好きで好きで仕方ない、という情熱をみなぎらせ、長いレンズを振り回していた姿は今でもよく覚えています。

 

セキレイに、「すまん、対岸の彼のために、しばらくそこにいてあげてくれないか」という天からの声が聞こえたのでしょうか。セキレイ、ずっとそこにたたずんで、何枚もシャッターを切らせてくれました。

ありがとうございます。バッチリ、撮らせてもらいました。ほら、先日言ってた「注文して入荷待ちの望遠ズーム」届いたんですよ。Hさん、あなたに見せたかったです。

50080

セキレイは飛び立つ前に、20m離れた僕をじっと見つめ、そして飛び立って行きました。それくらいの奇蹟は、あってもいいよね。

「届いたんだね。使いこなせるよう、頑張って」

 

僕は、きっとこれからも何度もここに来る。そして、来るたびにここでこのレンズを構え、野鳥を追い、きっと彼のことを想う。

 

|

« 赤城山の朝 | トップページ | 覚満淵の空 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110734/46636300

この記事へのトラックバック一覧です: interlude #65 空の彼方から:

« 赤城山の朝 | トップページ | 覚満淵の空 »