« 秋の足音 | トップページ | 風とひとつになる »

2009年9月 1日 (火)

駆け抜けた一夏

キヤノンからEOS 7DなるAPS-Cのフラッグシップモデルが出ましたね。垂涎モノのスペック。誰か買ってレポして下さい(笑)。

キットのレンズには惹かれるものはないけれど、同じく新発売となるLレンズの100マクロはレクサスのクルマみたいなハイブリッドISというすんごい手ぶれ補正機能が付いてるそうです。(ま、マクロは三脚使うだろフツー、っていうのはこの際置いときましょう)

 

さて、フラパの小道の木々の中を歩いていくと、ウルサイくらいの蝉の大合唱。

こんなにうるさいのに、見上げてもすぐには見つからないものですね、セミって。

一つの木の回りをうろつくこと1分、ようやく見つけたeye

1.

4055

(EOS 40D + EF100-400mm  F4.5-5.6L  IS 以下すべて)

アブラゼミ。ちょっと目を離すともう木にとけ込んでしまいますね、このルックスは(笑)

別の木でホ~シツクツク、と何度もさえずるのはツクツクボウシですな。

2.

4058

このセミ、鳴きながらじりじりと後ずさったり左右に動いたりするんですね、新発見!!三脚に固定した望遠からは、数秒でフレームアウトしちゃうんです。

鳴き声ってお尻から出してるんでしたっけ、声が出るときにお尻がモジモジ動いてましたcatface

こんなに元気よく大きな声で鳴いてるセミ達、みんな何年も土の中にいて、外に出たら一夏のうちのわずか、2週間くらいで生涯を閉じるんですよね。

初めての望遠で大きくファインダー越しに眺めていて、ちょっと可哀想に思えてきたりして・・。

でも、セミ自身はそんな境遇を可哀想だなんてちっとも思っていなくて、人生ならぬ蝉生を謳歌してるんだよな、と思うことにしましたrock

 

秋はゆっくりと、でも着実に近づいてきています。

3.

4032

秋の桜と書いてコスモス、これからの時期、メインの被写体になりそうcamera

 

|

« 秋の足音 | トップページ | 風とひとつになる »

コメント

こんばんは。
7Dですね~。一気に価格が飛び越えた感じです。
50Dが2つ買えちゃうもんね。
レンズも食指が動かないなぁ・・・。

コスモスのボケ味がいい感じです。

投稿: rsk | 2009年9月 1日 (火) 22:57

アブラゼミとツクツクボーシというところに、妙に感心してしまいました。。。多分、こちらの近所は殆どクマゼミだと思うんですよね。クマゼミ、元々九州のものだったのが、関西や関東南部でも大繁殖してるそうですね。sweat01

投稿: coply | 2009年9月 1日 (火) 23:29

もう夏も終わりですね~
大好きだった夏もまた来年までお預けです
秋の花写真期待しています
そして7D買って下さい(笑)

投稿: azmo | 2009年9月 2日 (水) 12:25

>rskさん
50Dが2台ってことは40Dが3台ってことですねcatface
シーンモード(ポトレとかスポーツとか)がないハイアマチュア向け。使い手の技量と付けるレンズを問うてくるボディと見ました。
18-200ISのレンズキットがあるのにはびっくりしました(不釣り合いだと思う・・)
さてこの望遠、縮小時にシャープネスかければどうにかってところですね。抜群の切れ味の70-200と比べちゃうのはちょっと酷のようです。


>coplyさん
セミをファインダーで大きく見たのは初めてで、なかなか興味深かったですよ。お尻がぶるぶる震えたり、じわじわ動いたり・・。
飛びながら節操なくしょちゅうおしっこ振りまいてるカブトムシよりよほど行儀がいいです(笑)


>azmoさん
7Dですか、先月白筒の400mズーム買ったばかりなので絶対無理ですcoldsweats01
azmoさんは5D2か7Dかで迷うんじゃないでしょうか?人柱待ってますよ~(笑)

投稿: フランカー | 2009年9月 2日 (水) 20:58

背景があまり美しいので、おっしゃるとおりセミを見落としがちですcoldsweats01
蝉はその生態のせいか哀愁が漂いますよね。
夏の終わりと初秋の雰囲気に癒されましたheart01

投稿: アリーヌ | 2009年9月 2日 (水) 23:18

こんにちは~、フランカーさん。
セミってすごいですよね。
何がすごいかと言いますと、あんなに大きな声で鳴いていても、人が近づくと気配をさっと感じて飛んでいきますよね。
普通に考えるに、あんな大きな鳴き声だと人の気配も鳴き声の大きさにかき消されてしまうのでは...と考えますが、セミ君は至って冷静なんですよね、すごいと思います。

投稿: Cape Light | 2009年9月 3日 (木) 13:36

フランカーさんこんばんは

道路にセミが落ちてる→
通り過ぎようとする→
セミ、暴れだす→
びっくりして猛ダッシュ

毎年のことですが夏の終わりを感じますcoldsweats01

投稿: 一香 | 2009年9月 4日 (金) 00:06

夏のかけらと秋のかけらが!
もう、季節が入れ替わっちゃうんですね~。

…関西、いまだ暑いんですけど shock(ぐったり)

蝉の抜け殻が山ほどぶら下がってる木を見つけてひっくり返りそうになったり、カラスに襲われてものすごい声を上げてる蝉を発見してしまったりと、今年の蝉はあまりいい思ひ出がないんですけど(汗)こんなさわやかな緑の中で鳴いてるんならいいかな~ heart04

投稿: sumi | 2009年9月 4日 (金) 11:06

フランカーさん、こんにちは~♪
100マクロってどんな世界なんでしょう。
手持ちで撮れるもの??
蝉フォトもなんだか過ぎ行く夏を思うとちょっぴり
切なくなります。
あーあ。夏痩せしないで終わっちゃったよ~みたいな(*≧∇≦*)
コスモスきれい。背景の濃いグリーンも素敵!
それぞれの季節で花の雰囲気もちがいますよね♪

投稿: mint | 2009年9月 4日 (金) 17:36

>アリーヌさん
望遠でハイキーな木漏れ日と蝉のセットはこのレンズを手にした時から狙ってみたかった構図です。曇り空だったのが残念だけど、まあ大体イメージ通りに撮れたかなあ。
来年は青空を背景に、この被写体を追ってみたいです。


>Cape Lightさん
セミを実際に木に停まっているところを間近に見つける、ということは結構難しいものですね。しばらく上を見上げて右往左往しちゃいましたよ。
あの小さい体からあんなデカい声(音?)を出せるのもすごいと思います。やることと生き方がダイナミックでドラマチックですよね、ある意味。


>一香さん
あはは、そんな経験してます?あまりそういうケースに遭遇したことがないです。なんか面白そう(違)
群馬は南関東に比べると快適な季節が短いので、暑かったと思ったらすぐ寒くなりますよ、やれやれ。


>sumiさん
夏のかけらに秋のかけらとは巧い表現ですね、さすが!
こちらももうちょっと残暑がありそう。カラスってセミも襲うんですか、こないだ昆虫の森でカブトを食べちゃうってのは聞いてびっくりしたんですが。
そうそう、この前近所の国道の歩道で自転車の女子高生を襲っているカラスを目撃しましたがあれにはビックリしました!bearing 群馬のカラスには要注意です!!


>mint姫
Lの赤はちまきは伊達じゃなくて、映りのひと味違う蛍石とやらを使ったレンズを指しますからね、それの単焦点マクロともなれば映りは極上、という言い方すら控えめと言うべきでしょう。少し距離を置けば優れたIS機能を持って手持ちでいけそうですが、真骨頂を味わうにはやっぱりしっかり三脚がいいでしょうね。
今年は春のうちにぜい肉落としておいて、太らずに乗り切りましたよフッフッフscissorsあ、秋が怖い(爆)
ちらほらと遠目に咲くコスモスを望遠でぐいっと引き寄せてみました。マクロっぽく撮れるのも望遠の面白さですlovely

投稿: フランカー | 2009年9月 4日 (金) 22:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110734/46090221

この記事へのトラックバック一覧です: 駆け抜けた一夏:

« 秋の足音 | トップページ | 風とひとつになる »