« 初秋の散歩道 | トップページ | わしはこんなところ、来とうはなかった!! »

2009年9月20日 (日)

Light in the darkness

陽が暮れるのがだいぶ早くなりましたね。夕暮れ時、浅間山が綺麗に見えそうかなと思い、山を眺められる場所に繰り出してみました。

1.

3631

(EOS kiss Digital N + SIGMA 17-70mm)

暗さを見て早々に手持ちは断念。

左手に見えるのが浅間山。400mmで見たらかすかに噴煙を上げていました。

たちまち暗くなってきたので山撮りは短時間で切り上げ、山が暗闇に消えた後はたまにはクルマ撮りでも。

2.

3009j

(EOS 40D + SIGMA 17-70mm、以下)

一時停止して右折していったヘッドライトの軌跡がいいアクセントになりました。

3.

3013

これも橋の上を通りすぎていくクルマが白くなりました。

4.

3016

夜の撮影も面白いですね。静かなところにたたずむクルマが、動き出す時を待っているっていう雰囲気、結構好きです。

 

|

« 初秋の散歩道 | トップページ | わしはこんなところ、来とうはなかった!! »

コメント

なんだか全体的にイラストっぽい雰囲気ですね。
幻想的というか。

投稿: ryo | 2009年9月20日 (日) 23:12

フランカーさん、こんばんは~♪
秋の夕暮れは物悲しい雰囲気もありますが、とてもきれいですよね~。
私もお散歩ついでに手持ちで撮ったのですが、どれもブレブレでした(泣)・・キレイな夕暮れだったのに~。
本当イラストのよう。かっこいいですねー。

投稿: mint | 2009年9月20日 (日) 23:18

路面も車も光ってとてもいい雰囲気ですねーっ。
道路好きなのでこういう写真撮ってみたいです…。
レンズは17-70なんですね~。
車を入れた構図は勉強になります。
私がやるべきはまず洗車だー;;

投稿: あおい | 2009年9月21日 (月) 00:30

おはようございま~す、フランカーさん。
一瞬、一時停止違反を狙っている覆面パトを撮影したのかと思いましたですよ(笑)

2番目の、この先何かありそうなことを予感させるような雲に一票です。

投稿: Cape Light | 2009年9月21日 (月) 09:24

良いですよね、夜景撮影
どうしても夜景ってイメージか掴みにくい時が有りますが、偶然の産物的な
所も捨てがたいですよね!!
私もライトを入れるの好きなんですが、こればっかりはお願いするしかなくて
2枚目なんていい感じですね!!

投稿: azmo | 2009年9月22日 (火) 11:01

>ryoさん
ありがとうございます。見た目そのものの色からずらしつつ、見る人から綺麗と思われるのはどんな色彩だろう?と思って現像してみました。イラストっぽいなんて言っていただけるとは光栄ですhappy01


>mint姫
今回の画像はL仲間のSNSでも公開したところカタログみたい!と誉めてもらっちゃいました、エヘヘ。皆さん三脚を使って丁寧に撮るとこうなるんだねーと言ってましたよ。2枚目の現像は結構気合入れてます。
急がば廻れ、ここぞという時はやっぱり三脚使うと、手間暇かけた結果は必ず返ってきます。これからの時期は夕暮れ時間もあっという間。素敵な夕焼けフォトが撮れるよう、お互い頑張りましょうgood


>あおいさん
超望遠や魚眼などのゲテモノが好きなので登場頻度はいまいちの17-70ですが、やっぱり画角的には普通の景色を撮るには一番ですね。
夜の道路、結構面白いです。あおいさんも夜の屋外へ是非αを連れ出してみてくださいmoon3


>Cape Lightさん
浅間が望めるくらい見晴らしのいいところなので、おまわりさんが隠れる場所はございません(笑)
夕暮れの山撮りも面白いですね。富士山は望めないのでそれはCape Lightさんにお任せして、浅間撮りにまたチャレンジしてみたいと思いますscissors


>azmoさん
夜景は露出やWBの設定がもろに反映されるのが面白いですよね。見た目のままの色を狙ってもいいし、ドラスティックに変えるのも面白い。
夜+クルマというとazmoさんはスペシャリストですから、こっそり技を盗ませてくださいね。

投稿: フランカー | 2009年9月22日 (火) 12:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110734/46258515

この記事へのトラックバック一覧です: Light in the darkness:

« 初秋の散歩道 | トップページ | わしはこんなところ、来とうはなかった!! »