« 流星の夜桜花見 | トップページ | 赤城南面・千本桜2009 »

2009年4月13日 (月)

相馬原駐屯地創設記念行事

榛名の山麓某所へぶらりと撮影ドライブに出かけていたのですが、上空をブンブン飛ぶヘリの爆音に誘われて、そういえば今日なんかイベントやってたっけ、と思い立って足を運んでみました。

群馬に移り住んでから県内のミリタリー系イベントに出撃するのは初めてです。家族連れからカップル、勿論愛すべき(笑)ミリタリーな人までものすごい人出。

山麓には陸上自衛隊の広大な演習地があり、そこで「第12旅団・相馬原(そうまがはら)駐屯地創設記念行事」なるものがこの日執り行われていたのです。

(長いので適当にスルーしちゃってください)

1.

5607

(EOS 40D + EF70-200mm F4L 1.4×テレコン、以下すべて)

緊張感たっぷりの訓練展示(公開演習のこと)。奥に配置されたと想定した敵陣地への侵攻、といったところのようです。96式装輪装甲車がすごいスピードで目の前を疾走していきました。つんのめるように止まると後部ドアが開き隊員たちが飛び出して行きます。

砂埃がイイ感じにたって戦場の緊迫感が。でも280mmじゃ足りないよ。周りの一眼ユーザーはバズーカ砲の多いこと!誰かくれ~!bearing

2.

5364

右手からは高度数mという低空で対戦車ヘリAH-1Sコブラが。この日のために千葉県は木更津にある第4対戦車ヘリコプター隊から来た機体。ⅣATHとボディに部隊名が書かれていました(ATHって多分、アンチタンクヘリ)。一機ウン十億円です。

3.

5382

機種下部から3本束になった20mm機関砲の砲身が伸びています。両翼にはロケットランチャーや対戦車ミサイルを搭載。

4.

5256

これはUH-60ブラックホークでいいかな?

わずかな着陸時間の間に中からバイクに乗った偵察隊員が飛び出してくると、すかさず離陸。

やっぱミリタリーヘリは地面スレスレを前のめりで飛ぶのが一番かっこいいぜ。こうでなくちゃ、ってアングルですよハイ。脳内アドレナリン分泌しまくり。

5.

5234

大型の双発ヘリ、CH-47チヌークの後部ドアからは隊員がするりするりと降りてきます。早い早い!普段から過酷な訓練しているんだろうなあ。

6.

5465

周囲を警戒しながら迅速に展開。勿論空砲ですが射撃音がそこここで。

地べたでは携行対戦車ミサイルを構えた隊員がはいつくばってます。上空をコブラが警戒。

7.

5585

後方からは射程の長いりゅう弾砲が援護。

「撃てー!」という合図が出たらこちらはシャッター押したまま。周り中で秒間6~8コマくらいの連写の音が。40Dより高速なシャッター音もたくさんいますよ。

自分が撮れた一番美味しい瞬間はコレ。

8.

5439

この0.05秒くらい前が砲身からのブラストが一番迫力ある状態だったでしょうか。事前に「かなり大きい音がしますので小さいお子様の耳をふさぐなどしてください」と放送がかかります。ほんとにすさまじい音がします。コレ口径は203mmでOK?

 

・・とまあこんな感じで、やっぱり緊張感ある動きモノ、滅多に見られないモノを望遠で追うのは面白いですね。

陸のミリタリー関連のカテゴリーは用意していなかったので「戦闘機」に含ませることとしました。近隣の桜も見事だったし、このイベント来年も来ようっとscissors

 

 

|

« 流星の夜桜花見 | トップページ | 赤城南面・千本桜2009 »

コメント

フランカーさん、こんばんは~♪
自衛隊のイベントのことはよく知りませんでしたが、
そこの桜は結構有名みたいですね。
カメラが趣味になってから主人もどこどこの何何が今
綺麗に咲いているらしいとか情報を仕入れてきてくれるので、
こういうことがされている日ではありませんでしたが
楽しんできましたよ^^
トップの写真や5枚目は砂埃でより緊迫感があって、
平和に過ごしている日常とかけ離れていて背筋がスーッと
するような思いがしました。
遠めにこの大きなヘリを見たけど、こういう訓練をしたりしているんですねー。
大きな音の大砲(でいいのかな?(^^;)の音がかなり怖そうですね~!

↓ご近所で夜桜を楽しめていいですね~。
流れ星まで見れたとは!
私は山の上で寒い思いをして見ましたよぉ(^^;

投稿: Lovepan | 2009年4月13日 (月) 22:28

こんばんわ~、フランカーさん。
こちらのブログにお邪魔するのもお久しぶりになりましたね。
一応、リカバリーは何とか終了しましたです。当分は、今の状態を維持できそうな気がします(笑)

私の今の勤務先は厚木からはかなり離れていますが、厚木に離発着する戦闘機が上空を飛んでいますよ。ちょうど、会社の上空でUターンして厚木に離着するコースになっているみたいで、たまに機体がほぼ真横状態になった時などはパイロットの姿が目視で確認できます。先日なんか、手を振ったら向こうも手を振り替えしてきました(それは冗談ですが)

ときどき、昼休みなんかにカメラを持って待ってるんですが、そういうときに限って飛んでこないんですね。
彼らって、意外と恥ずかしがり屋だったりして(笑)

投稿: Cape Light | 2009年4月13日 (月) 22:31

ご無沙汰してます。
同じ県内でこんな行事があったのですね~知らなかった
ブラックホークかちょいい~
砂埃が戦場っぽい雰囲気をかもしだしてます。
来年は行きたい!(爆)

投稿: Cers | 2009年4月14日 (火) 00:52

一枚目、プライベートライアンのトムハンクスが出て来そうな。。。笑。霧とのマッチがいいですねえ。戦場という感じがします。煙なのかも知れませんがww
自衛隊の演習とは思えないような。
四枚目がめちゃ格好良いと思いましたヽ(´▽`)/E:upwardright]

投稿: nnaa | 2009年4月14日 (火) 02:15

ほんとだ~。皆さんコメントに書いてるけど、なんだか煙ってて緊迫感がありますよね~。写真では音とかはわからないけれど、ヘリコプターもすごい音がしてそう coldsweats02

一転、(↓)の記事の流れ星はすてきな一瞬ですね。
どちらも被写体に動きがある写真だけど、対照的でおもしろいです heart04

投稿: sumi | 2009年4月14日 (火) 08:57

やや、ミリタリーな記事なのでコメント付くか心配していましたが、皆様ありがとうございますm(__)m

>Lovepanさん
わ、素晴らしい旦那サマですね。その情報僕にも下さい(爆)
自衛隊の任務というと、勿論こういった有事への備えというのもありますが、ここの部隊はかつて御巣鷹山での日航機墜落事故の際も救助活動で活躍しているんですよ。普段遠い存在でも、災害時にはとても頼りになるものだと思います。
流れ星、長い露光時間をまだかなまだかな、とカメラだけ見ていたので全く気付きませんでしたweep


>Cape Lightさん
PCの調子が良くなったのであれば何よりです。お話したとおり、どうも受信するPC側の問題ではないのでは・・という気もしますが(汗)。ある日突然ブログのデータが壊れてたら泣きます。
厚木へ飛行機が降りるのは空母が横須賀へ寄港している時でしょうね。止まった空母からは離着陸出来ないので。
かつて旭区に住んでいたので厚木基地(実際は大和ですよね)はすぐでした。厚木のイベントも何度も行ったものですが、すっかり遠くなっちゃいましたweep


>Cersさん
春は各地の駐屯地でイベントありますからね。是非是非。
みんな長い筒を手持ちでバシャバシャやってて、スゲー!!とびっくりしまくりの一日でした。
フォトはすべてノートリミング。これくらいあれば充分とも思いますが、たまにはコックピットをより大きく撮りたいなんて時もあるのと、やっぱりテレコンでUSMが封殺されるのが痛いですcrying 400mmクラス、欲しいですよ~。貸してください(笑)


>nnaaさん
戦争映画では「オレ、故郷へ帰ったら結婚するんだ」って言ったり恋人の写真を周囲に見せる兵士って必ず死にますよね(爆)
スモークも焚かれた上に砂埃も舞って、遠めに見るとほんと、戦場に迷い込んだような緊張感をファインダー越しに感じましたよ。
プライベートライアンは僕も大好きな映画です。前半の生々しさは息を呑みますよね!


>sumiさん
ヘリの音は降りてきてもたいしたことありません。そこがジェット機との違いかな。でも自動小銃の音(連続射撃音)って、やっぱり背筋に冷たいものが走りますよ。
流れ星はリアルで見損ねました。このフォトでご利益ありますように。。confident

投稿: フランカー | 2009年4月14日 (火) 16:17

こんばんは。
こういうのは、やっぱりバズーカを用意しないと駄目なんでしょうが、臨場感あふれる感じが伝わってきますよ。
夏の総火演行ったことあります?すごい人ですけど、迫力満点ですよ。
最後のは、FH70-155mmではなかろうか(?_?)


↓流星が撮れるなんて、素敵ではないですか。
願い事、いっぱいさせていただきました(笑)

投稿: rsk | 2009年4月14日 (火) 23:41

>rskさん
思ったほど遠い被写体でもなく、280mmでもこれくらいのサイズでは撮れました。これより長くてそこそこ軽くてISが付いてなんとか手の届くお値段で・・・ええと選択肢が(汗)
なるほど、203mmはもっと巨大でしたっけね。FH70でビンゴかと思います。うっかりしてた!!

投稿: フランカー | 2009年4月15日 (水) 13:06

13日ってことは、入間から朝霞に出張ったペトリオットも撤収した後だから
だいぶ落ち着いた頃なのかな。
ブラックホーク、岩手の地震のときに救助に行ってたのをテレビで観たのだけど
ただでさえ切り立った崖が、完全に崩壊したところで
かなり無理な(と思われた)体勢でホバリングしていて、
更にそこから自衛官のみなさんがロープ1本で降りていたのを観て、
本気で頭が下がりました。
三尉が撮ったブラックホークは迷彩のようだけど
私がテレビで観たのは濃紺だった(入間に良く来るのも濃紺)。
濃紺は空自なのかしら?
あと、海自の真っ白(SH-60?)もあるよねっ。

そうそう、スカイクロラの小説、近所の書店で探したのだけど
とりあえず見つからなかったので、明日新宿で探します。
紀伊国屋なら絶対あるじゃろう。

投稿: 三佐 | 2009年4月28日 (火) 01:18

>三佐
政治がらみと言えば自民党の山本イッタが来てたよ。覆面パトのSPの身のこなしにスゲー!と思ったね。
そう、災害救助とかだとコンバット機動を会得している自衛隊のヘリパイはやっぱり強いんだよね。この時も格納庫は写真展となって御巣鷹山の救助活動とかの生々しい写真がたくさんあって、こりゃ給料だけの意識で出来る仕事じゃないわ、と頭が下がったよ。
入間って時点でブラックホークは空自かと思われ。護衛艦に積まれる対潜仕様のやつがSH-60だよね。

スカイクロラ、淡々とした描写がなかなかイカスでございますよ。『ナ・バ・テア』、『ダウン・ツ・ヘヴン』、『フラッタ・リンツ・ライフ』、『クレィドゥ・ザ・スカイ』、『スカイ・クロラ』の順、とのこと(ウィキより)
映画の伏線が別のスカイクロラじゃない別の本にあったりして、結構芸が細かいです。

投稿: フランカー | 2009年4月28日 (火) 07:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110734/44655961

この記事へのトラックバック一覧です: 相馬原駐屯地創設記念行事:

« 流星の夜桜花見 | トップページ | 赤城南面・千本桜2009 »