« Interlude #23 関東平野北西端 | トップページ | Interlude #24 あーわ、あーわ♪ »

2009年1月28日 (水)

レクサスRX350に試乗してみたよ

久々クルマネタです。超長文なので車好きでもなければ右上の×をクリックするか適当に読み逃げしちゃって下さいhappy01

発売されたばかりのレクサス初のSUV、RXに試乗させてもらいました。いつもお世話になっているレクサス前橋へGo!

1.

Simg_0001

(EOS 40D + SIGMA 17-70mm、以下すべて)

背が高い!そして幅も広い!デカい!ハリアーにレクサスの顔をくっつけた!というのが第一印象。全幅1885mmって5ナンバー車より実に19cm幅広です。自分のISは5ナンバー+10cmの1795mm。狭い道では取り回しが大変かな?

後部のドアは、電動で閉めることが出来ます。小柄な女性には多分開けたドアに手が届かないかも。この機能は必須か。

2.

304

この試乗車はエアサスモデル。荷物の積み下ろし用に一時的に車高を下げることも出来ます。ちょうどショッピングカートの高さになるんだとか。走り出すと車高は自動で戻りますよ。

運転席に乗り込むと、目に飛び込んできたのはヘッドアップディスプレイ(メーカーオプション)。

3.

306

気分は戦闘機乗りですな(違)

ガラス面への投射ですが、びっくりしたのは見える位置が前方2mくらいのところにある、ということです。視線のピントを手前に持ってくる必要がないというのは運転中実にラクでした。僕の眼のオートフォーカスはUSMじゃないんで助かる(笑)。カーナビ使用時は右左折の指示が出ますよ。

「あんな半透明の表示にピント合わせられるんですか!?」とLのスタッフ氏びっくり。一眼レフなら朝飯前です、ふふscissors

各種の操作パネルは左右非対称の新デザイン。レクサスも冒険してきたな~!という印象。従来のLのセダンはここまで斬新じゃありません。

4.

309

ディスプレイはかなり奥まっているので従来のレクサス車のようなタッチパネルではありません。

しまった、撮影忘れた。シフトレバーの下には新しい操作システムがありまして、つかんでグリグリ動かしてモニター内のカーソルを動かせます。手元を見ずにアイコンを選んでクリックしてセレクト。ノートPCのパッドにちょっとだけ似てるかな。

慣れればかなり操作性は快適とのことですが、これの善し悪しはオーナーになってみないと未知数かなあと。

 

さて試乗開始。元々スポーツセダン系が好きな自分から見たらある程度辛口な評価になるかな?と思いつつしゅっぱぁぁつ!!

車重が2t、280馬力に35.5kgのトルク・・というスペックを試乗で最大限引き出せるわけでは当然ありませんが、1600kg、215馬力、25kgの自分のISより出だしはかなり軽やか。正直ここまで差があるとは思わなかった。ちょっと悔しいweep  かなり、速いですよコレ。定常速度からの中間加速もダイナミックなパワーを見せつけます。

トヨタ/レクサスとしてはもう手慣れた6速ATはCVTと区別がつかないくらい滑らか。セダンのISより目線は相当高いのでスピード感覚が異なります(気がつくとスピードが出ている、ご用心)。

エンジン音は低く太い感じ。エンジン音の聞こえ方、静かさという点ではセダンより若干劣るかな?。ハンドルは女性が片手で交差点を回れるくらい軽く、ブレーキタッチも初期制動が甘めの優しい味付け。車幅と5.7mという回転半径を除けば(=広い国道や高速道路では)、運転自体はラク。長距離移動をかなり快適にこなせるクルマでしょう。

ワインディングをひらりひらりと駆け抜けていくような、運転技術とクルマの素性がもろに出るようなシチュエーションならISの方が絶対楽しいんだけどなwink  サスペンションの挙動は思ったよりはフニャフニャじゃなくてしっかりしたものでした。交差点をやや強引にクイっと曲がってもグラリと来ることはありません。

乗り心地もおおむね良好ですが、自分の好みはもうちょっと路面のインフォメーションをコツコツと伝えてくれる方がいいですね。シートの固さは好みです。グレードによってはヒーター付きでホカホカしますspa 夏場はスースーしてくれます。

 

お店に戻ってからは、展示車両をじっくりと見させてもらいました。

あ、手元のコントローラーの写真があったよ。

5.

318

シフトレバー下の四角いコントローラーがそれ。マウスと違い、決定キーはなく滑らかな盛り上がり部のサイドにENTER、と書かれたボタンがあります。パネルに表示されるナビ、エアコン、オーディオ、各種の通信機能をこれでコントロール。

6.

313

お店にはラゲッジスペースの確認用にゴルフバッグがあります。へ~ゴルフバッグってこんなにデカいんですか!?とそんなブルジョワな趣味をかじったことのない僕はとんちんかんなところで驚いてみましたcoldsweats01 ちなみにこのゴルフバッグが4個入るんですって。(ISは2個です)。

全高がありドアの開口部も広いですから乗り降りもラク。後部座席の広さは身長178cmの僕が座っても膝の前がスカスカ、全く問題ありません(ISはちょっと、きつい)。

リアビューも先代のトヨタ・ハリアーの面影を残していますね。写真では全く見えませんが、リヤスポイラーの下にリヤワイパーが隠されています。レクサス初のリヤワイパーですな。

7.

316_2

シャーシ下部もパネルで覆われています。高速域での空気抵抗の削減、降雨時の水はね音の遮音、悪路でのパーツ保護、といったところか。

8.

322

確かメルセデスが始めたウィンカー内蔵ドアミラー。当初レクサスはデザインフィロソフィとしてこれに否定的でしたが、時代の流れには逆らえずISやGSはマイナーチェンジでこれを採用(ちょっと苦笑)。RXは最初から積んできました。

9.

326

僕のISにはサイドミラーウィンカーは付いてません。つるんとしたウィンカー無しの方がかえって新鮮で好きです。

ミラーの下にあるのは車両にキーを持った人が近づくと足下を照らすライト。黒い穴は路肩へ寄せる際にワンタッチで左側路面を映し出す広角レンズ。この車幅ですからこの機能は便利!

ま、田舎者はどこに行っても駐車場があるので路肩に寄せる必要はあんまりないんですけどね(笑)、首都圏の人には喜ばれそう。でも駐車違反はいけませんよ。

レクサスとしては初のFFベースの車両。AWD(四駆のことね)もありますが、エンジンはV6横置きとなります。V6縦置きのISよりボンネット内の奥行きはコンパクトに見えます。

10.

323

これでもか、という遮音カバーはレクサスならデフォです。それなりに車内に聞こえますが、勿論平均以上に静かです。

 

そんなこんなでRX350。スポーティ系が好きな自分としては今のところ守備範囲外という感じではありますが、SUVならではの魅力も確かにあるなあという印象。快適性の高さ(特に後部座席の居住性)はセダンをしのぎますね。BMW・X5やポルシェ・カイエンなど欧州に強敵もひしめくジャンルですから、後発RXも頑張って欲しいですね。

まあRXの本命は間もなく出てくるハイブリッドかなあ。パワーも燃費も、このガソリンRXより良い数値となります(燃費はなんと倍、18.8km/l!)

気になるお値段は460万からハイブリッドの最上級モデルで650万円まで、とご立派。とはいえ、走る曲がる停まるだけでなく、レクサス自慢の「つながる」という機能(G-Link)は勿論RXも標準装備。Lマークの車両を他と比べるならここまで盛り込んで考えるのが良いですね。

G-Linkの主な機能は以下。3年間無料、4年目からは年間18000円くらいでしたか。便利さを考えれば妥当と思えます。

・ヘルプネット

24h365日いつでも、ボタンひとつで緊急回線が開きオペレータと会話が可能。エアバッグ動作を検出し、その時にセンターからの問いかけに応答がなければ問答無用で救急車が手配されます(車の位置はGPSで検出)。

・セキュリティ

振動や侵入を検出。異常を検知したらセンターからオーナーの携帯に電話がかかってきます(置き忘れた携帯のバイブレーションは勿論、車内を虫一匹飛んでるだけで反応します)。必要に応じ警備員を派遣してくれます。万一盗難されてもGPSで場所を追跡。駐車場でレクサスのそばを歩く時は体がぶつからないように気をつけましょう、強くぶつかるとなんか鳴りますcoldsweats02

・マップオンデマンド(たぶんRXのみ)

いつでも最新の地図をダウンロードして使えます。これはフラッグシップのLSにもなかったんじゃ?レクサス初。トヨタではクラウンが搭載してたかな。地図情報の更新は道路建設だけでなく、市町村合併の情報も当然入るのであればやっぱり便利。

・G-SOUND

CDを挿入すればPC同様データベースをつついて曲名を検索、圧縮しつつHDDに録音。発売直後の新譜でもバッチリ曲名取れます。2000曲くらい入るとのこと。今自分のISにはアルバム150枚入ってます。

・リモートメンテナンス

販売店から直に車両にメールが来ます。「点検のお知らせです」とか「ご依頼のあったパーツが届きました」とか。入庫予約もそのまま車内から出来ます。メールは自動音声読み上げしてくれます。

・オーナーズデスク

24h365日使えるコンシェルジュサービス。フリーコールでナビ目的地の設定をセンターから遠隔操作でやってくれます。レストランやホテル、航空券の予約も可能(やったことないけど、泣笑)。 旅先で「この近所にいい露天風呂ありますか?」とか「○○のアウトレットに**を売っているお店はありますか?」ってあいまいな質問にもバッチリ答えてくれます。

・その他

データ放送を取れるのでいつでも現在地の天気予報やニュースなどの情報を取れます(自動読み上げ)。旅先では便利です。

 

これらの機能、サービスはちょっと他社とは一線を画すところと思います。その必要性と価格をトータルで天秤にかけてみるのが良いでしょうね。

 

ってことでだらだら書いてみました。ハイブリッド、出たらこれも乗ってみたいですね。

1レクサスファンとしてはやたら肯定的な記事がつい増えちゃいますが、庶民から見ると要望はこんな感じ。

・やっぱりでかい!&お高い!

RAV4くらいのサイズでもうちょっと手ごろな値段があるといいかな~。

・ハリアーの印象がやはりちょっとある。

正常進化なデザインですがもうちょっと外観も、思い切った冒険して欲しかったかなあ。内装はかなり斬新なので。

・MD要らないからUSB付けて~!

DVD・CDがかかるハードディスクオーディオと9スピーカーが標準装備ですが、なぜかMDが残っています。500円で2GBのUSBメモリーが買える時代ですもんね。

iPod対応のリクエストも従来からあるようですが、ヘッドホン端子から信号を取るところにとどまってます。個人的にはこれだけ出来の良いオーディオにリンゴはないだろう、と思います。

 

レクサス前橋のスタッフ氏、「ブログ記事にしたいので」とのリクエストに気持ちよく応じてくれました。写真もばんばん撮らせてくれて時間をかけて丁寧に解説してくれました。今日もありがとうございましたhappy01

 

過去の関連記事

これにはびっくり!ハリアーハイブリッド

 

|

« Interlude #23 関東平野北西端 | トップページ | Interlude #24 あーわ、あーわ♪ »

コメント

こんにちは!
くわしいレポート、ありがとうございます!
某専門誌よりも、フランカーさんの「記事」の方がわかりやすいですね。

虚像のヘッドアップディスプレイ.....トヨタはこういったのはさすが..ですね!
むかしのソアラのディスプレイメーターも虚像で、焦点が遠方にあるため、目の疲れが少なかったことを思い出しました。

サイズがちょっと....ですね。

投稿: carrarawhite | 2009年1月28日 (水) 13:36

メカオンチなわたしですが、なんだかお店に行って試乗した気分になりました!
楽しかった~
レクサスのお店なんて絶対行けないからcrying
ありがとうございまーす

投稿: マミィ | 2009年1月28日 (水) 13:38

レクサス店なんて行くことがないので貴重な情報ですね。
Webだけではわからないことがよくわかります。
しかし、いい値段しますね~rvcar

投稿: rsk | 2009年1月28日 (水) 21:19

海外ではこのサイズのレクサスも見かけましたが(ウフフフ・・・ちょっと言ってみたかった)、日本でも見られるようになるんですね。レクサスっていえばセダン!だと思うんですが、売れるのかしら?でもちょっと気になっていたので情報ありがとうございます。

投稿: 一香 | 2009年1月28日 (水) 23:57

三尉ってレクサス乗ってるんですよね。。。すごいなあ。いや、ほんとに思います。ウチはアウディからヴィッツに転落した身ですから(爆)。でも、ダンナがヴィッツ喜んで乗ってくれてるんで助かってます(笑)。

投稿: coply | 2009年1月29日 (木) 00:17

や、こんなにレスが付くとは思ってませんでした、ありがとうございますm(__)m

>carrarawhiteさん
お、ソアラというと20とか30ですか?20とかでも当時はすごくかっこよく見えたもので憧れでした。社会人になって最初に乗った車がミニソアラと呼ばれたレビンでしたよ。
ケイマンも幅はISと同じくらいなんですね。RXのサイズになると国道なら気になりませんが、市道だとちょっと気を遣うかもしれません。なのでレクサスのナビは街中では車幅と道路幅を考慮した道案内をするんですよ。


>マミィさん
ありがとうございます(^-^) 機会があったら是非一度雰囲気を味わいに行ってみてください。思ったよりフレンドリーなところですから。


>rskさん
確かに価格の感覚は麻痺してきちゃいますね(汗)。末弟の一番リーズナボーなグレードのIS乗りから見ると「うわスゲー値段!」とビックリしちゃうことは多いです。
このRX350、ここまで買えちゃう人ならあと100万足してハイブリッドに目線が行っちゃうかもしれません。燃費と動力性能が違うし、税制の優遇措置で価格差がグっと縮まるそうな。(でも手が届きませんが^^;)


>一香さん
欧州勢にもこの手のクロスオーバー、SUVはあるし、従来ハリアーに乗っていた人の買い替えなど、セダンにない需要を望めたら、という期待はあるとのこと。店内でも今一番イイ場所に展示されていて、撮影中も平日にもかかわらず数名が見に来ていましたよ。
いつか店舗にフルート演奏に来てくださいnotes


>coplyさん
だから三佐に言ったように多くのものを犠牲にしてます(爆)
いや、試乗してここまでほれ込むとは思わなかったので1年がかりで細君を口説いて小遣い減らして(必死)。
今年は缶コーヒーは2度しか買ってないぞヽ(´ー`)ノ
欧州車は年式が下がると維持費もうなぎのぼりなのでは?(乗ったことないからよくわかんないけど)。ヴィッツいい車です。奥方用にあてがおうかと思ったけどR2が気に入ったのでこちらにしますたrvcar

投稿: フランカー | 2009年1月29日 (木) 08:48

缶コーヒー、今年に入って2度ですか、そいつはすごい(・∀・)レクサス様の為に節約頑張ってるんですね~。wink レクサス許すなんて(笑)奥様もできた方だわ。。。ほんと、ほんと。
アウディは、もう散々乗り回したし、仰る通り故障の旅に修理代が高っいのが飛んでいったんで、京都来てからはけっこうすぐ手放しました。そういえば、ヴィッツはリコールのハガキがウチにもきましたよ~。sweat01

投稿: coply | 2009年1月30日 (金) 00:22

>coplyさん
美味しいコーヒーが飲みたくなればお店のオーナー専用ラウンジでソファでくつろぎながら飲めますしね、ふふcafe
ちなみにLは3年間はメンテナンスすべて無料、電子装備も5年間保証ですからね、買っちまいさえすれば、維持費は欧州車とは比べ物にならんです。日本車は壊れませんってscissors
奥方も運転好きなので、一度赤城の峠に試乗車を持ち込ませてもらって一緒に乗り回したら「イイのは分かった、欲しいなら馬車馬のように働け」の一言で(まあ厳密にはその後1年間少しずつ口説いたけどさ)。

投稿: フランカー | 2009年1月30日 (金) 10:51

分かりやすい解説ありがとうございます。

RXはハリアーですからね。
日本では売れないんじゃ・・・
やはり、ロゴが変わっただけの車としか見られないような
気がします。
たとえ専門の工場で製造していようが、前モデルのハリアーは某国ではRXとして販売していたわけで。
ISぐらいの品質アップが必要であったと思います。
デザインも期待していたのですが、イマイチぱっとしません。

投稿: D | 2009年2月 4日 (水) 17:09

>Dさん
コメントをありがとうございます。
IS、GS、LS、いずれもアルテッツァ、アリスト、セルシオに比べて大幅な性能、質感の向上を達成していると思います。その意味ではRXもハリアーの正常進化であり、内装の斬新さはレクサスの中でも頭一つ抜け出た存在と思いますが、外観はセダン3車種よりも斬新さがなかったなあと個人的には思います。
まあSUVが好きな人から見たらラグジュアリー感もありありですし、欧州勢に比べても魅力はあるんでしょうね。元々がレクサスの車両の中でもISが一番好きですので、ハリアー乗りの人の眼からどう映るのか、ちょっと分かりません、正直(^^;

投稿: フランカー | 2009年2月 4日 (水) 21:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110734/43875367

この記事へのトラックバック一覧です: レクサスRX350に試乗してみたよ:

« Interlude #23 関東平野北西端 | トップページ | Interlude #24 あーわ、あーわ♪ »