« レンズの中の光芒 | トップページ | 赤城の峠でFを駆る »

2008年11月 4日 (火)

蝶マクロと黄昏の空

皆さん、かぼちゃネタは旬を過ぎましたよ~。

それと分かるようにタイトルに「かぼちゃ」の言葉を入れてくれていためいさんを見習って、タイトルに「蝶マクロ」の言葉を入れておきました。

まあ世の中好き嫌いもそれぞれ。 「タデ食う虫も好き好き」って言葉もありますものね。

と前振りしつつ後半は空フォトもありますcatface

 

まずはお食事中のオオゴマダラから行きますよ。

1.

2ls0041

(EOS 40D + TAMRON 90mm MACRO、次も)

吸ってる吸ってるrestaurant

蝶ってやっぱり甘党なんでしょうね、ふふ。

次は黒い蝶・・アサギマダラか何かかな。

2.

2ls0047

粉だらけ。植物の繁殖には欠かせない存在ですよね。

 

・・・蝶マクロはこれくらいにして、受付で網を借りて外へGo!

昆虫博士は日が傾くまでバッタの原なるただの空き地で駆けずり回ってました。

こういう逆光フォト、好きなんだな~。

3.

2ls0055

(EOS 40D + TOKINA AT-X107 FISHEYE、以下すべて)

こんなユニークな被写体も。なんか妙にリアルなカカシ。

4.

2ls0060

お母さんと思しきカカシ、なんかボードをぶら下げているんですが、なんて書いてあったと思います??

 

「あなたとは違うんです」

 

だって。結構ウケた(笑)

屋外数箇所でスタンプラリーをやってて、簡単な昆虫クイズが。すべて回って回答を記入した用紙を図書コーナーに提出!全門正解で昆虫カードをもらえるんだって。

採点されてなんか解説受けてるところの図。

5.

2ls0074

次男はきっと、「そんな事知ってるよ、早くカードちょうだいよ」と心の中でつぶやいてるに違いないcatface

さて西の空に日が沈むよ。ぼちぼちお家へ帰ろう。

6.

2ls0076

たそがれの空にはピクチャースタイル「トワイライト」を当ててみました。

うーん、この施設、やっぱり豪華だなあ・・・さすが県立coldsweats01

 

|

« レンズの中の光芒 | トップページ | 赤城の峠でFを駆る »

コメント

フランカーさん、こんにちは。
立派な施設で綺麗ですよね。
蝶々は結構克服してきたみたいな私…?!
自分で動くものを撮るのが楽しいから…と思えるように
なったのが大きいかな^^
フランカーさんもかぼちゃが克服できるといいですね!

蝶々ってこうやってみるとおもしろいところから蜜を吸うのを出しているんですね。
トップの写真はちょっと攻撃的な怖いイメージだけど、
MFでもこれだけ高精度にピントを合わせることができる
機能があるのはやっぱり羨ましいと思いました。

ラストの写真は昆虫の眼を通してみる夕暮れみたいですね^^

投稿: Lovepan | 2008年11月 4日 (火) 14:20

調子に乗ってコロコロ進めていたら・・トカゲだよ(泣)

そんなわけで、あわててコロコロ戻ったmintでございます^^;
蝶々はOKよ(笑)おいしそうに吸ってますねぇ。
逆光フォトいい感じ!!!モデルが少年なのでさらにいい雰囲気。
案山子がバレリーナのように足を上げているようにも・・いずれにせよ、楽しそうです(笑)
ほぉ、トワイライトなるものがあるんですね~。秋の夕暮れは本当にキレイですね(*^^*)

投稿: mint | 2008年11月 4日 (火) 17:04

あはっ(* ̄ー ̄*) ごめ~んsweat01
今日のは題名になしでカボ茶が出てます。ど~んとcoldsweats01

昆虫博士は次男君ですよね。いい写真です。
洗練された案山子。
夕暮れもいいし・・・でも、次男君の写真が一番スキですね。
えっ、蝶? いましたかhappy02

投稿: めい | 2008年11月 4日 (火) 19:22

なんでなんで粉まるけ????
やはり「福州」(爆)!?
あ~もう、1枚目の写真で背筋が続々、もとい、ぞくぞくしています。。。

ってか「あなたとは違うんです」って何ーーーーー!???
まじウケです!!!!
あ~~~こういうのん、親分も好きだわ、きっと(笑)。

最後の写真はさすが、一眼☆ですね!!
あたくしも今週中にはなんとかGETしたいと思います。
とりあえずボディだけでも(笑)。
いや、レンズのほうが決めるのがはやそう(笑)。

投稿: &D | 2008年11月 4日 (火) 20:11

こんばんは。
動体を90ミリマクロでピタッとピントを合わせるって凄いですね。
ヒット率は何パーセントぐらいでしょう?
オイラの腕では、はずしっぱなしだろうなぁ。

投稿: rsk | 2008年11月 4日 (火) 21:55

虫の撮影って春にハチくらいしか撮影した事が有りません
良い写真ですね〜
やってみたいです、逆こうフォト私も大好きで沢山とつています。

投稿: azmo | 2008年11月 5日 (水) 07:41

>Lovepanさん
Lovepanさんが昆虫を完全克服するのが早いか、僕がカボチャをお腹一杯食べられるようになるのが早いか・・多分前者だなあ(笑)
はい。お察しの通りライブビュー+MFです。ファインダー撮影に比べたらズルいズルすぎる、って感じですよ。静止物相手なら完璧なフォーカシングが行なえます。ただし丈夫な三脚も要るという諸刃の剣。
ラストのフォトを昆虫の眼を通したトワイライト、とおっしゃるセンスに脱帽です。これもお気に入りでして、年明けに艦内に展示されるかと。


>mint姫
紅葉や車フォトと当たり障りない記事が続いてたので「やっぱりこのブログには毒っ気も要る!」と思いましてわざわざ行ってきました(爆)。姫のコメント1行目をにしおかすみこの声で読んでみましたhappy02
逆光は広角系レンズの得意とするシチュエーション。地べたが黒く潰れる方向に行くのがかえって雰囲気を盛り上げる・・と思い込んでます(笑)
トワイライト、KX2でも勿論使用可能。慣れてきた後で良いので教本の「RAW現像、ピクチャースタイル」のあたりを眺めてみて下さいねんgood


>めいさん
ひぃぃいつまでカボチャが(涙)。でも次男で正解なので許しますcoldsweats01
最近は「昆虫博士」を廃業してクラスでは「戦艦博士」なんだそうですが、まだ前者の方が役に立ちそうな(^^;
カカシの文言、首相が変わったら変わるんでしょうか。物陰から生暖かく見守りたいと思います。


>&Dたん
粉まるけってそれどこの国の言葉ですか(爆×∞)
けどニュアンスは伝わってかなりウケましたhappy02
親分こういうネタ好きなんですね。んじゃ、
http://clubt.jp/product/39320.html
ポチっと行ってみませう( ̄ー ̄)ノ
レンズはキットでないと在庫ないのできっと時間かかりますよ(まあシグマやタムロンなら1週間くらいかなあ)。
準備は慌てず急がず余裕を持ってどぞ♪


>rskさん
吸密中はほとんど動きませんから静止物と言って良いです。ヒット率ですが、Lovepanさんへのコメントにもちらっと書いたけれどほぼ100%となります。映りの8割はレンズで決まるのがカメラの世界ですが、ボディをリプレイスすると歩留まりが上がり手持ちのレンズ性能がより引き出されるようになるな・・と思ったものです。

・・と甘いエサをぶら下げてみます(悪魔)catface


>azmoさん
ありがとうございます。マクロといえば虫や花が定番ですよね。ベタな被写体ですがやっぱり楽しいです。このレンズでなければ撮れない世界、っていうものがありますからね。
逆光は広角系のレンズで決まるとかっこいいですよね。ただし自分の魚眼では車入れるとグニャるので風景が多いかも、です(笑)

投稿: フランカー | 2008年11月 5日 (水) 08:43

粉まるけって言いません???
ヤフーでぐぐったら、結構出てきましたよ(笑)。
方言なのかしら。

レンズの納品に一週間くらいもかかるとは・・・。
ハワイに行くまでになれるかしら・・・・。
ハワイでぶれまくったら爆笑してください(爆)!

投稿: &D | 2008年11月 5日 (水) 09:09

>&Dたん
ヤフーでぐぐる、というところにもさりげなく突っ込みつつ(笑)。。
http://dic.yahoo.co.jp/newword?ref=1&index=2006000222

まるけvsだらけ

粉だらけ:143000件
粉まるけ:123件

粉だらけの圧勝ですぜ、お嬢さん( ̄ー ̄)ノ

ちなみにキヤノンの純正レンズだと1ヶ月2ヶ月とか待たされることもあるので要注意だす(汗)、ご利用は計画的にconfident

あ、普通に屋外で風景撮るなら普通ぶれることはありません。手ぶれの要因は暗くてシャッタースピードが落ちること、望遠を使うこと、が二大要因ですが、どちらにも抵触しないですから(笑)

投稿: フランカー | 2008年11月 5日 (水) 09:17

は、初めて、ぐぐるの意味を知りました( ̄▽ ̄;)。
あたしは最初にヤフーで調べて、物足りなかったらグーグルを使うのですが、ヤフーを使った時でも「ぐぐったらな~」って言ってました(笑)。

投稿: &D | 2008年11月 5日 (水) 19:15

>&Dたん
情報提供料はキムチ餃子っちゅーことで( ̄ー ̄)ノ

投稿: フランカー | 2008年11月 5日 (水) 19:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110734/43006022

この記事へのトラックバック一覧です: 蝶マクロと黄昏の空:

« レンズの中の光芒 | トップページ | 赤城の峠でFを駆る »