« 蓮とお花畑 | トップページ | アレイからすこじま »

2008年9月 2日 (火)

地上に浮かぶ潜水艦

今日は大和ミュージアムの入り口にある巨大な展示物から。

1lsimg_0398

(EOS 40D + SIGMA 17-70mm)

戦艦「陸奥」の主砲の砲身と書いてあったような。これは根元側ですが、射出口側の口径は41cmだったかな。

現代の海上自衛隊の護衛艦の主砲は12.7cm程度、砲塔の大きさは自動車1台分程度。昔の主砲は巨大だったんだなあ。。

破壊力や射程距離は当然大戦時の大きな砲が上を行くでしょうが、連射速度、命中精度などはハイテクてんこもりな現代兵器がはるかに勝ります。

主砲の隣にはこれまた見上げるほど大きいスクリューが。

1lsimg_0399

200m級の船舶を動かすスクリューのそのサイズにびっくりです。

目の前にちょっとしたデパートがあったので、そこでランチ。隣の建物内には「男たちのYAMATO」で撮影に使われた大和の対空機関砲の復元セットが展示されていました。

1lsimg_0478

なかなか良く出来てます。映画また見ようかな。ストーリーはまあまあでしたが機銃周辺の描写が多かったのが難点。出来の良いCGの巨大な大和をもっと見たかったですね。

 

さて、↑のスクリューのフォトの奥に見えるは潜水艦!?と思った方も多いかと思います。

そう、大和ミュージアムの道を挟んで対面に、海上自衛隊の資料館、その名も「てつのくじら館」なる建物があります。大和ミュージアムと並び、今や呉の観光名所。

1lsimg_0401

(EOS 40D + TOKINA AT-X107 FISHEYE)

退役した海上自衛隊の潜水艦をそのままどん!と置いて中を一般公開したものです。

「輪切りにして運んだんですか?」と質問したら「そのまま持ち上げて持ってきた」とのことで。さすが軍港都市(汗)

1lsimg_0404

全長76m。ジャンボジェットの長さと一緒かな。全景を収めたい人は是非魚眼レンズを準備しましょうpisces

海自の資料館ということもあり、入館無料。大和ミュージアムの後行ってみました。

まあ、無料って事で内容はそれなり。潜水艦の生い立ちや「掃海」に的を絞った展示は子供ウケはいまいち。ミーハーなミリタリーヲタを自認する自分としても、サクっと見ればいいかって程度でした。海自全体の装備や活動などのPRをもっとしても良いのではと感じました。

想像以上に大和ミュージアムが素晴らしく時間もかかっていたので相殺してヨシとします。

あまり写真は撮りませんでしたが、潜望鏡を一枚。

1lsimg_0483

(EOS 40D + SIGMA 17-70mm)

ホンモノです。鏡筒には「Nikon」の文字が。「あのぉキヤノンとか使わないんですか」と無謀にも聞いてみましたが「潜望鏡はNikonに限ります!」と自衛隊OBの説明員のおっちゃんに一蹴されました。そう言えばどこぞのフラワーパークの展望台もNikonだったっけ。Nikon万歳bleah 

潜水艦内での日常を疑似体験。このベッドはすごいぞ(辛)

1lsimg_3038j

(IXY-500)

小学生が「狭すぎてやだ」と音を上げました。鬼のように狭く出入りしづらい3段ベッドです。潜水艦乗組員の方、心からご苦労様と労いたくなりましたよ。過酷な任務をこなしつつ、日本の海を守っているのですね。

 

|

« 蓮とお花畑 | トップページ | アレイからすこじま »

コメント

こんばんは。
さすが魚眼。きれいにフレームに入りますね。
やっぱり魚眼欲しくなるなぁ。

潜望鏡Nikonでしたか。前に行ったとき気がつかなかった。
今度見て見よっと(^^♪

投稿: rsk | 2008年9月 2日 (火) 20:26

こんばんは、フランカーさん。
私もCANON使いですが、やはり「光学機器といえばニコン」のようなイメージがあります。デジカメは(私の中では)電機(機械)機器なので、キヤノンを選びました(汗)。

呉の資料館は、海自の中でも「呉」ということもあって掃海艇と潜水艦・・・ 鹿児島の鹿屋みたいな派手さ(?)はないですね。

それにしても、潜水艦の狭さは・・・ ですネ。 私はおかしくなってしまうかも・・・ というよりも、間違いなくおかしくなってしまいそうです(汗)。

投稿: たか++ | 2008年9月 2日 (火) 20:44

観光地に設置してあ望遠鏡は大半がニコンだそうな。
ていうかニコン以外は脳内スルーしてるからそう思ってるだけかもしれんがなんにせよニコン万歳。
とかいってるオイラは最近撮ってなかったりします。
どーもすいません。

余談だが、押井さんの新作「スカイ・クロラ」みてきたよ。
飛行機好き&押井ワールド好きなら見る価値はあるかと。

投稿: VINCO | 2008年9月 2日 (火) 22:08

はい、はい、はい。大阪のおねえさまですよ~ shine

「キャノンとか使わないんですか」だなんて、フランカーさん、なんてチャレンジャーな質問を(笑)
ともあれ、やっぱりデジイチの魚眼はきれいですね~♪ 普通のレンズ&携帯の魚眼(汗)じゃ、こうはいかないですよね。迫力~。

あれ… でも、cameraポップアップして見ることができないんですね。あ、新機能の追加でエラーが出たせいかしら。今、見てみたら、うちも変でした(汗)
大きな写真で見るのはエラーが修正されるまでおあずけですね (´・ω・`)←顔文字は楽しいけど

投稿: sumi | 2008年9月 2日 (火) 23:28

わぁ。圧倒される写真ばかりですね。
すっごぉ~~い!
でも、いちばんすごいと思ったのは、ベッド。
すごすぎる。。大変ですね。私には耐えられないです。
あの、、これ寝ぼけて上に起き上がったら、顔打たないですか?
それから~3段ベッドあるのに、、お付き合いしてくれたのは・・次男くん?ですよね~このいい笑顔。毎回癒してくれますね。
これ2段にすべきですよね??これも訓練のうち???
遅い時間にお邪魔しました><烏賊食べに行ってました。
フランカーさんも、来年あたりは、今度は家族旅行に九州まで
烏賊食べに来てくださ~い。魚も肉も美味しいですよ~。


投稿: brin | 2008年9月 3日 (水) 02:15

>rskさん
結構でかでかと書いてありますよ。やっぱりこの手の業務用光学機器といえばNikon!なんでしょうね。家電メーカーだったらちょっと萎えるところです(笑)
あまり後ろに下がれない(下がれば手前に余計なものが入る)という状況では、このレンズは無敵ですよ。PL使ったような空の蒼さも気に入っています。


>たか++さん
鹿屋は行ったことがないのですが割と派手?なんですね。まあ大戦時は特攻隊の基地でもあったわけだし、展示するものは濃いんだろうなあと・・。
艦内での日夜の識別に夜間は暗い赤一色にしているとのことですが、照明シミュレーションコーナーでその照明下で食べる赤くて暗いご飯は、蛍光灯の下なら美味しそうなんですが悲惨な見た目でした。やっぱり海自は護衛艦が人気なんでしょうか(^^;


>VINCOタソ
うむ、こういうジャンルでNikonに譲るのは致し方ない、と納得。そちらはD90ですか?それともVRのローンが終わるまで封印ですか( ̄ー ̄)ノ
スカイクロラね、プロペラものってなかったので興味アリ。機会あれば見てみまつ。


>sumiさん
わ、大阪の姉さんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
太陽をカッと照らしつつ空の蒼さを出すってのはなかなか出来ないですよ。極上の切れ味ってレンズじゃないですがこういった描写はこのお魚レンズの得意とするところ。Fなら型落ちのKDXを探せば+αでこのレンズが買えちゃうかも、と悪魔の誘惑は停まりませんが(笑)
ポップアップは記事画像+ポップアップで二重に画像データを消費するとのしのぶさんのアドバイスで今は控えてます。前にも書いたけれど容量90%超えてるので(滝汗)。アーカイブの仕方が分からないから旧い記事を消していくかも(泣)


>brinさん
起き上がる前におでこぶつけますよ、マジで(それくらい低い)。
個室があるのは艦長だけでしょうね。大変だぁ~。普段布団を敷いて寝てる我が家としてはベッドの体験というと次男は飛び込んでいきましたよ(出るのに苦労してたけど)。
鳥賊ってなんですか??お店の名前??

投稿: フランカー | 2008年9月 3日 (水) 08:18

フランカーさん、おはようございますヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
http://www.benricho.org/kanji/sakana/a.html#i
フランカーさんは、ベッドでオヤスミかと思いました。
お布団は、自分で敷かれるのですか?
ちなみに、我が家もベッドではありませんよ~。
子どもはベッドですけど、
私は、仕事を始めるまで、主人は布団の上げ下げしてくれませんでした>< 
仕事を始めて、やった~と思いました。
決して亭主関白ではないですよ。あっ!長くなりすぎ。
烏賊↑で見てください。(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ
これ知らない人少ないですよ。。

投稿: brin | 2008年9月 3日 (水) 09:30

フランカーさん、こんばんは☆
わお!!迫力ありますねーーー。圧倒されちゃいます。
魚眼はこういうときに便利なのですね~。
普通のレンズだと切れちゃいそうですもんね。

ベッドってこんなに狭いんだ~。夜中に寝ぼけて起きて
ぶつけて鼻血だしそう(笑)
冗談はさておき、本当乗組員の方のご苦労に頭が下がります。

投稿: mint | 2008年9月 3日 (水) 22:57

いつも写真の話じゃなくて恐縮なんですが(笑)、
戦艦といえば「大和」「武蔵」、そして潜水艦「あきしお」を持ち上げたのも
フローティングクレーン「武蔵」だそうで。
こっちにもあったよ~。
巨大な潜水艦がイルカみたいに見える(*´Д`*)
http://sanpo.travel-way.net/sanpo/2006/tyusikoku/sanpo760.html

投稿: しのぶ | 2008年9月 3日 (水) 23:06

>brinさん
イカのことを烏賊って書くんでしたっけ、そういえば。
うちの子たち、今回の旅行がベッドデビューだったようで気に入っちゃったみたいです(潜水艦のは除く)。
ちなみにわたくしはイカよりマグロとイクラが好きです(笑)


>mintさん
後ろに下がれない時で撮りたいものが横に広がっている時は持ってて良かった!と思えるレンズですね、魚眼君は。ただし人物撮影にするとまんなかがでぶって脇がスリムになり、被写体の立ち位置によって後で評価が分かれます(爆)

潜水艦ベッド、鼻血出す角度でぶつかることすら無理!絶対おでこから行きますって(汗)。ほんと、過酷な仕事だなあって思いましたよ。


>三佐
うひゃコレおもしれぇ~。宙に吊って2km動かしたんだ(笑)。陸送じゃなくて大和ミュージアムのところから上げたのね、そりゃそうか。
ウィキによると、大和や武蔵は木っ端微塵になってると思うけれど、3番艦の空母に改装された「信濃」は数本の魚雷でゴロリとなっただけなのでいい状態ではないかとあったよ。アラブのお金持ちが引き上げてくれないかなあ。
 

投稿: フランカー | 2008年9月 4日 (木) 07:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110734/42356880

この記事へのトラックバック一覧です: 地上に浮かぶ潜水艦:

« 蓮とお花畑 | トップページ | アレイからすこじま »