« 納涼祭スナップあれこれ | トップページ | 平和記念公園と原爆ドームと人情と »

2008年8月 9日 (土)

夏の日の1992

キーをひねる。グリーンに浮かび上がる「NEUTRAL」のインジケータを確認して親指でスタートボタンを押す。軽くスナップを効かせてアクセルをあおってみる。

キュルッ、というセルモータの音の直後に、ブロン、と愛すべきV型2気筒が北の大地に目覚める。DOHC8バルブ、40馬力の鉄馬。

サイドミラーに引っかけておいたヘルメットを手に取る。Arai製アストロV4。派手なカラーリングは交通安全にもなるだろうさ。後部座席にゴムひもとネットで二重にくくりつけた荷物を確認。「宗谷岬」の字が記されたノボリが落ちないように入念に。帰り道、「ツーリング帰りっす」オーラ全開で仙台港から関東まで帰るのも楽しいだろう。

前方から近づいて来るのはマルチシリンダーの高回転サウンド。フルカウルのレーサーレプリカ。デュアルヘッドライトを煌々と光らせてる。赤と白のカラーリング。

ヤマハのFZR、あのサイズは400?と考えてるうちにライダーは僕にVサインをかかげつつ対向車線を駆け抜けて行った。車種は当たり、メットの奧で目を細めた僕も、手を振ってそれに応える。グローブをはめる。走り出すための儀式。

「さて、と、ぼちぼちいきますかね」

自分に声をかけ、タンクバッグ(ガソリンタンクにマグネットで固定するバッグ)の天面に入れた地図を確認。糠平糊方向へ一旦北上してから南下、R241を今日の宿、阿寒湖へ。「あと100kmくらいか?」とつぶやいた僕の声は、おすそわけしてやったポッキーをくわえて柵の向こうへ歩いていったキタキツネの耳には入らなかったみたいだ。

シャカシャカシャカ、という後ろからの気配。車体を起こし車体を支えていたスタンドを跳ね上げながら振り返ると自転車でツーリングしている集団。ピースサインを送ってくる彼らに親指を立てて応える。1分後にはぶち抜くわけだけど。

昨日宿で知り合ったチャリダーいわく、一日で80kmとか楽勝、らしい。すごいや。僕はガソリン燃やして一日300km。そんなペースでの旅ももう3日目に入る。先日は丸一日雨にたたられ歯をガチガチさせながら走ったっけ。今日は暑いくらいに晴れ渡って良かったよ。

昨日の収穫は・・そう、お昼のドライブインのいくら丼が泣けるほど美味かったことと、雨上がりに特大の虹のど真ん中を通過したことかな。近くに来たら虹って見えなくなるかと思ってたけど違うんだ。それはちゃんとそこにあって、くぐることも出来るし、くぐってから振り返っても、ちゃんとそこにある。

両手でハンドルを握り、左手でクラッチを握ってライダーブーツの左足のつま先でギアレバーを踏み込む。6速のミッションはカコンという音と感触を伝え軽やかに1速に入る。右手のアクセルを2回ほどふかしてみてから、クラッチをつなぎ僕のホンダVTは進み始めた。一気にフル加速してチャリダー軍団をバックミラーの中に小さくしていく。2速でシフトアップせずにレッドゾーンの12500rpmまで針が伸びていくのをチラっと見やる。その瞬間、北の大地、延々と続く道は僕だけのものになる。

1992年夏、北海道。僕は生涯の記憶に残るであろう一人旅の真っ最中だった。然別(しかりべつ)糊周辺、ここには僕の大好きなワインディングロードが延々と続いている。

Lsimg_0004j

 

明日からちょっと旅行。海水浴以外のお泊まり旅行は久しぶり。10数年の時を経て今の相棒はVTの10倍の排気量。コイツと一緒に日本列島を横断してきます。

北海道ツーリング(一人旅)の写真が引き出しから出てきたので、記念に書いてみました。今日のタイトルに良く似た往年のヒット曲を聴きながら。

 

|

« 納涼祭スナップあれこれ | トップページ | 平和記念公園と原爆ドームと人情と »

コメント

フランカーさん、こんにちは。
今日はブログに来た瞬間、写真が見えなかったので、、もしかしたら?って期待しちゃいました!
フランカーさんの文章も大好きなんですよね~。
私は、文章読むのあまり好きなほうではないのですが、フランカーさんの文章は、す~って読めるんですね。
1992年の夏に、連れて行ってもらえたような気分になりました。虹って、下をくぐれるんですか?
最後の写真いいですね~!!その頃から写真もお上手ですね。
十数年で、幸せもいっぱい増えましたね!ご家族旅行楽しんでいらしてくださいね!車も多いでしょうから、お気をつけて行ってらしてくださいね~。

投稿: brin | 2008年8月 9日 (土) 13:32

フランカーさん、こんばんは~♪
92年か~~あたし何してたんだろ?^^;
一人旅なんてかっこいいですねーー。
こんなふうに語れる思い出があるなんて素敵です。
数十年経って、かけがいのない宝物が増えたのでは??(*^^*)
それは、家族であったりお気に入りのモノであったり・・。
ご旅行楽しんできてください。楽しい思い出がたくさん
できますように!!行ってらっしゃい~~♪

投稿: mint | 2008年8月 9日 (土) 20:50

僕の愛車はSPADAでした。
街乗用でしたけどね。

投稿: ryo | 2008年8月 9日 (土) 23:22

なーつーの日のきーみに~noteっていう歌ですよね?懐かしいです。
1992年当時からフランカーさんは写真がお好きだったんですね。構図が素人ではない・・・・。残念ながらバイクはBMWやドゥカティくらいしか知りません。友達が以前にバイク雑誌に載ったので読ませてもらったところ、皆さんウェアにもこだわりがあるようで、深い世界なんだなーと関心しました。
安全運転で旅行を楽しんでいらしてください。

投稿: 一香 | 2008年8月10日 (日) 12:27

 懐かしい歌の題名…あれ?違うぞ。
となっちゃいました。
なんか小説でも読んでいる感じで
読み進めてしまいましたよ。

投稿: りょりゅのんじゃ~ | 2008年8月11日 (月) 10:49

気を付けて行ってらっしゃ~いpaperhappy01

投稿: めい | 2008年8月11日 (月) 15:49

フランカーさん、こんにちは~♪
16年前、何してたかなぁ~? ま、いいやcoldsweats01
ご旅行楽しまれているころかなぁ?
私は暑さに弱いので夏にいろいろ出掛けるのは苦ですぅ~。
涼しいところへならいいんですけどね(^^;
長距離運転でどちらかへご旅行されていらっしゃるようですが、くれぐれも気をつけて楽しんでくださいね!

投稿: Lovepan | 2008年8月13日 (水) 13:43

4日間で2000kmを走破して昨夜無事帰還いたしました。無事故でよくガンバッタ!!俺と奥さん&IS君。


>brinさん
いつも何かしらの小説(名作、文学、と呼べるものからはほど遠いものですが)を読んでいる身としては、ブログを拝見すればこの人は本を読む人かそうでないか、大体分かりますよ。文章を誉めてもらえるのはとても嬉しいことです。
虹はくぐれるし、くぐった後振り向いてもちゃんとそこにあるんです。ちょうど道路をまたぐように出ていたんですよね。特大級のがね。一生の想い出ですよ。


>mint姫
ハイ、無事に帰還いたしますた!!
50ccの原チャリからスタートした自分の乗り物人生(笑)、50cc→250cc→1600cc(ここからクルマ)→2000ccを二台、んで今の2500ccのIS、と・・・出世したなオマエ、と思い起こしてみましたbleah
前方から来るライダーがすれ違い様に「↑見ろ↑!!」と全身で合図してくれて気付いたんですよ。デカ過ぎて全然気付いてなかったんです。(北海道ツーリングをするライダー、チャリダー達は妙に連帯感があって追い抜きざまやすれ違いざまに挨拶してくんです)
素敵なコミュニケーションが気付かせてくれた奇跡、なんです。


>ryoさん
スパーダというとVTZからフレームを強化(CASTECとか言いましたっけ)してモデルでしたね。あのアイルトン・セナがCMしていたのではなかったかと。いいな~。
ロングツーリングには前傾のきついレプリカよりラクでした♪


>一香さん
曲は正解。てか一香さん生まれた頃では?(違)すごいや。
サビの部分のベースラインが不変でコードだけ変わるところが好きです、あの曲。歌詞はちょっと照れますね(^^;
BMにドゥカを知ってればもうお腹いっぱいでしょう。国産4大メーカーはホンダヤマハスズキカワサキ、これだけ覚えておけば充分です。キャンパス内で何人か女の子乗っけてあげたことがある(講義練からサークル部室までの数百m)けど、みんな口々に気持ちイイ~って喜んでくれました。若いってスバラシかった!!catface


>りょりゅさん
ヘルメットも捨てるに捨てられずまだ持ってるんですよね。一枚だけフォトが出てきたので並べて撮ってみました。それだけでいろんなキオクが湧き出てくる。若い頃の旅ってのは人生に大きな影響を与えるなあって思いました。


>めいさん
ほい、気をつけて行ってきました。
静岡県はかすっていませんが、14府県通過しましたよん。深夜の高速気持ちえぇ~。


>Lovepanさん
16年前のLovepanさんは・・小学校に入ったくらいでは♪、笑
暑ければ暑いほど、こんにゃろ~負けねーぞ!とモチベーションが上がります・・最近はそうでもないか(苦笑)
今回の旅の記憶は愛用の4GBのCFカードを埋め尽くしてきました。おいおい紹介していきますね。

投稿: フランカー | 2008年8月14日 (木) 09:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110734/42112580

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の日の1992:

« 納涼祭スナップあれこれ | トップページ | 平和記念公園と原爆ドームと人情と »