« 3億年の味 | トップページ | 昆虫博士と必殺仕事人 »

2007年12月14日 (金)

山奥の吊り橋と露天風呂

恐竜王国を見終わって、まだ帰るにはちょっと早いので・・。車で少し行ったところにあるスカイブリッジを目指すことにしました。

「また来てくれよなああっ!」

1lsimg_0136

(KDN + SIGMA 17-70mm)

交錯するサイカニアとタルボサウルスに別れを告げて、ISはさらに山奥へ。

 

着いたけど、寒いや・・・。家族は車内でお茶飲んでるというので、一人でサクっと往復してみよう。

スカイブリッジは以前、新緑の時に訪れたことがあります。いいところだよ~♪

1lsimg_0174

(KDN + TOKINA AT-X107 FISHEYE)

長さは225m!入り口にある郵便受けみたいな箱に100円を落として行ってね、というのどかな橋です。

橋の上からは順光となる側の斜面がとても綺麗。

1lsimg_0164

(KDN + SIGMA 17-70mm、C-PL)

魚眼なら橋の入り口からでも巨大な構造物を上から下までペロリと平らげます。

1lsimg_0179

(KDN + TOKINA AT-X107 FISHEYE、以下すべて)

もう1枚。縦が続くのでスクロール頑張って(≧0≦*)ノ"

1lsimg_0161

橋自体は日が傾いたせいで完全に日陰ですね、寒いのなんの。

 

このあと、この冷え切った体をお湯に浸さなければなるまい!と思って近くの国民宿舎に突撃。日帰り入浴OKなんです。

宿泊者が利用するには早い時間だったので、なんと貸切状態!

車からカメラを持ってきてスペシャルショット。子供たち極楽気分。撮影者の姿はとてもじゃないけど見せられない(爆)

1lsimg_0192s_3 

クリックしても大きくなりません(笑)

ここ、すぐ下には川が流れています。実にのどかなところ。山肌を眺めながらの露天風呂は最高だ~~♪

|

« 3億年の味 | トップページ | 昆虫博士と必殺仕事人 »

コメント

こんばんわーーー。
わわわ、ス、スカイブリッジ、、、下に吸い込まれそう(+_+)。
ドイツのノイシュバンシュタイン城のつり橋を思い出しました。
写真からも空気が冷たいのが伝わってきますが、澄んでてとってもキレイでございますわよ♪
ややや、何やら せくすぃ~ショット発見!!!
未来のあたしの旦那サマね(爆)!(≧▽≦)←殴ってください(笑)。

↓の兄貴のコメントにあった、
>メインがこのタルボサウルス・・・・
というのをパっとみた時、「メタボザウルス」に見えて一人でうけてました(笑)。
成人病の怪獣か??って(爆)!
兄貴のウケ狙いでも何でもないのに、1人勘違いして笑うあたしに乾杯(笑)。
ジェラジェラした公園に乾杯(笑)。

投稿: &で~ | 2007年12月14日 (金) 20:39

フランカーさん、こんばんは~~♪

風景写真はお手の物という感じですね。さすが!!
つり橋はなんだか怖いけれど、一気に走り抜けたい
気分です。途中で足がつっちゃいそうですが(;´Д`A ```
わぁ~~温泉だ~。いいなあ。
寒い時期入る温泉は格別ですよね(*^^*)
後ろ向きなのはシャイな長男くんでしょうか??
それがまたかわいいですよねー。次男君のキュートな
笑顔にもやられました。でも・・ちゃんと隠してね(≧∇≦)

投稿: mint | 2007年12月14日 (金) 22:04

3枚目の写真、光の具合なんでしょうか。それとも、寒さでキンッ! ってなってるのかな。透明感があってすごくきれいですね♪ 日陰になると、むちゃくちゃ寒そうですが(汗)
あ、温泉だ! やっぱ、寒いときには温泉ですよね。いいな~、景色のいい露天風呂。この間の箕面では体調崩してたから入れなかったんですよ。景色も含めて、うらやましいいいいい~。肩までしっかりつかって100まで数えましたか~?(笑)

投稿: sumi | 2007年12月15日 (土) 11:12

>%で~タソ
橋の高さも相当あって下をのぞきこむとスルリングでしたぜ。日陰になってつまらないフォトばかりになっちゃったのでボツりましたが(´ρ`)
メタボザウルスにジェラシックパーク・・。そのあふれ出る才能を少し分けて下さい(笑)
えー、顔立ちは長男の方がすっきりしてるけどモテるのは面白キャラの次男の方じゃないかと思ってます。ふしだら者ですがよろしくお願いします(≧∇≦)あーんど、ノイシュバンシュタイン城ってあのカレンダーによく出るやつですよね、今度連れてってくらはい♪


>mant姫
あ違うmint姫だ(笑)。
いやーダメだよここ走ったら。子供でも走るとかなりぐらぐら揺れるんで結構怖いっす。竜神大橋に周囲の雰囲気も似てるかもしれません。
露天風呂はドアを開けて湯船に入るまでの数秒が地獄の寒さ、入ってからは極楽、と落差が激しいんだよね~、それがまたイイんだけど( ・∀・)!
全然隠さないどころか見せびらかしてくるので注意が必要です(爆)


>sumiさん
撮影は先月なのでもう季節感がズレちゃったかもだけど、寒々とした雰囲気が伝われば嬉しいです。
露天風呂って母音を長~~~~く伸ばす瞬間に、日本人で良かったと幸福感に酔いしれますよね。100まで数えずになぜか小学校の校歌を斉唱してたけど、あいつら大丈夫かな(何が)

投稿: フランカー | 2007年12月15日 (土) 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110734/17365129

この記事へのトラックバック一覧です: 山奥の吊り橋と露天風呂:

« 3億年の味 | トップページ | 昆虫博士と必殺仕事人 »