« 吹割の滝の奧を歩いてみよう | トップページ | 潜入!秘境の恐竜王国 »

2007年12月 2日 (日)

突撃!日産GT-R

今年のモーターショーで話題を独占した日産GT-R。前作R34型スカイラインGT-Rの生産完了から数年の時を経て、日産が満を持して世に送り出した「世界のスーパーカーと張り合えるハイパフォーマンスカー」です。車に詳しくない人でもニュースで見たり聞いたりしたことはあるんじゃないでしょうか。

さてそのGT-R。実際どんな車なんでしょう?先日BS-Japanの「ガイアの夜明け」という番組で1年間密着取材のうえ制作した開発秘話を放映していましたが、営業現場として映っていたのが高崎の日産のお店。買い物に行った先でそのお店にほど近いことを思い出し、「モノの試しに見に行ってみよう」とチャレンジャーな俺と奥方は突撃してみることに。

正直とても検討視野に入れられるシロモノではありませんが、クルマ好きとしては日産がどんな意気込みで作り、販売しているのか、その一点に興味津々。

2lsimg_0019  

乗り付けた時点で駐車場の誘導などなくちょっと不安な気持ちに。レクサスは勿論R2でスバルのお店に乗り付けても店員が出てきて笑顔で出迎えてくれます。こういうところで心証悪くしちゃ損ですよ、日産販売店さん。

で、受付にいたお兄さんに「GT-Rの話を聞きたいんですがカタログを一つください」と言うと一部いただけました。いくつか質問をしたのですが立ち話だけでテーブル席とかへの誘導もなし。あらら・・。カタログだけもらって引き上げました。

きっと俺らみたいな冷やかし客が95%を占める車輌なんだろうけど、もちっと丁寧に応対してもらいたいものです。去年「絶対買えねー」と思いつつ突撃したレクサスのお店とはえらい対応の違い。対応が素晴らしかったからこそ、「頑張って手に入れたい」という気持ちを起こさせ、今に至るわけで・・。そういう気持ちを起こさせるのがプロの営業マンじゃないでしょうか。

TVに出ていたお店なのに正直がっかりでした。

 

後日懲りずに同じ販売系列の別のお店(こちらは住まいの近所)に寄ってみました。比較的丁寧に応対してくれてまあ満足。今までの車とは(先代GT-Rと比べても)全然違うレベルにある車なんだというのはよく伝わってきました。

しいて言えば、気になったのは以下の点。

・販売現場として800万円のスポーツカーを売った事がないので、装備等の内容を把握しきれていない。上手に説明が出来ない様子がかいま見えた。(盗難時にGPSで追尾できるようなセキュリティは標準装備ですか?と聞いたらよく分かっていなかった模様)

・どうやら将来的にも試乗車がないらしい?(冷やかし客ばかりに乗られるハメになりそうだから?)

 

そして、「維持費について充分に説明し、ご理解いただくこと」というのがマニュアル化されているようです。さてその維持費は・・・。

・専用20インチタイヤは60万円。1万km(1年くらいか)で寿命となる。

・オイル交換は2万円くらい。

・車検ごとにブレーキ周り(パッドとローター)が交換。60万円くらい

・・・・・

って聞いてて顔に縦線が入ってきましたが(汗)、車検で150万円くらいかかるってことでしょうか。。

そういうのを苦にしないお金持ちが買うんだな、と分かっただけでも収穫。スーパーカーは買ったあとの維持費もスーパーなんだな。

丁寧に説明していただいた事のお礼を言い、ついでにTVに映ったお店にも行ったがこちらに比べるとかなり対応が劣った、という苦言だけ伝えて店を後にしました。

 

ところで貧乏人の計算ですが60万円のタイヤが1万kmでツンツルテンになるということは、タイヤ代が60円/kmかかるって事です。 150円のガソリン1リッターでこの車のリッターあたり燃費を6kmと仮定すると25円/km。なんとガソリン代よりタイヤ代が高いのね、これにはびっくり。これも試乗車を出せない理由か?車輌代で言えばGT-Rの倍のお値段のレクサスLS600hLも普通に試乗は出来ますが(^^;

ちなみに「ざっくりでいいから総額いくらくらいになりますか」と聞いて出してもらったのがコレ。

2lsimg_0023j

重量税を入れ忘れたとのことで333,000円を書き足してあります。

すげっ!こういうのキャッシュでポン!と買って維持出来る身分になりたいわぁ~。

 

ところで価格や維持費以上にビックリしたのがコレ。

2lsimg_0021

アルティメイトメタルシルバーは割高なのね・・、31,500円増しね。

 

・・・・んんん??

Ls__315000

315,000円・・・・Σ(゚д゚lll)

モーターショーでゴーンさん自ら乗り込んで登場した色がコレらしいです。ちなみに誤記ではなくホントです。そういえばレクサスは色による価格の上乗せはなかったなあ。

いやこれはホント、いろんな意味で伝説となる車ですね。2lsimg_0020

久々登場ヤザワJrもビックリです。今日は言葉を失って得意の「イェ~イ」が出ない模様。

公道ではその性能を発揮することは不可能でしょうが、ここ数年実用性ばかりを追求してきた自動車産業としては、こういう方向に少しくらいは踏み出してみるのはイイことなんじゃないかな、と思います。各社イメージリーダーとしてのこういう存在はあって欲しいもの。

 

価格はほぼ同じくらいだけど、話題性では完敗したなあ~、頑張れ、IS-F。

2lsimg_0025

こちらは試乗車も近々出てくるそうです。乗せてもらえるらしい。人生で最初で最後の400馬力超えのモンスターマシンの運転に今からワクワク。価格も馬力もうちのアイちゃんの2倍です(o゚д゚)o

|

« 吹割の滝の奧を歩いてみよう | トップページ | 潜入!秘境の恐竜王国 »

コメント

フランカーさん、こんばんちは(^o^)/
夕暮れ時で挨拶に迷ったらこんなのになりました。
この日産GT-Rの生の走りをいち早く、今日見てきましたよ(^-^)v
ふ~ん、そんなに高いんだ。
それにしても群馬の日産ディーラって不評なのね。
うちのとこの静岡日産はGood!ですよ。ウチの車、日産車です^^

投稿: めい | 2007年12月 2日 (日) 16:55

フランカーさん、Aloha・・!。

この記事を読んで・・・、何年も前の学生時代
のニガイ思い出が・・・。

父親に頼まれ”おつかい”で・・・(笑、
初代セルシオのカタログを貰いにトヨタのディーラーに
行ったんですよ。

そこの店員さんから・・・。
「ローンの設定が無いこと」
「カタログに1500円かかっている事」
の説明を最初に受けました・・・。
要は、若造の自分に「買わないんでしょ」って事なんだろうけれど・・・。

それを聞いて怒った父親が、直ぐにディーラーの店長を呼び出して。
「色違いで5台買うから持ってきてくれ」って言って、店長を困らせていた事を思い出しました。
(店長知ってんなら、最初っから自分で行きなよ・・・笑。)


ではでは、Mahalo。

投稿: jazz | 2007年12月 2日 (日) 17:01

こんばんは、フランカーさん。
いろんな意味でスーパーですね(^^;>GT-R。何かの間違い(?)で購入できても、維持は無理だ(^^;(^^;・・・

GT-Rといえば、今日は箱スカのGT-Rを観ました。レプリカなのかホンモノなのかはわかりませんでしたが、オーナーらしきおじさんがリーゼントっぽく、ジャンパーもそれっぽく着ていてなんだかかっこよかったです。私もコダワリを持って歳を重ねたいですね(^-^)。

投稿: たか++(たかひろ) | 2007年12月 2日 (日) 17:30

>めいさん
お、富士のニスモフェスティバルですね!5年前くらいに一度行った事がありますよ。当時はカミノ乗ってた日産オーナーでしたので。
横浜のサティオには何十回と足を運んで嫌な思いは一度もなく◎だったんですがこちらはどうにも・・。同じレベルを期待することが間違っているようです。生活の中での必要性が首都圏よりは高いので、売る側もあぐらをかいている部分があるんじゃないかと。
メーカーそのものに特に好き嫌いはないというか、地域販社不信って感じですかね。お店からの帰りに嫁が車内で「つくづくレクサスにして良かった」とボソっと言ったのが印象的。


>jazzさん
最近でこそ残価設定ローンとかいろいろあって格安で購入することも可能ですよね。お客によって対応が異なるというのはあまり感心しません。
自分のニガイ思い出は何度足を運んでも顔を覚えない営業マンとか接客中に足組みする営業マンとか、行ったその晩におしかけてきて今決めてくれっていう営業マンとか・・。ってそれだけで記事3つは書けるけどただのグチなんでやめときます。


>たか++さん
ねー、車輌価格以上に維持費がビックリです。整備もすべてディーラーで取り込んで、何か手を加えたら保証がなくなるって誓約書にサインして買うとか。いろんな意味ですごい車です。
旧いGT-R(KPGC-10とかっちゅーやつでしたっけ?)に乗る渋いオジサン、なんかいいじゃないですか。自分ならジジイになったらオープン2シーターにカメラと手ぬぐい放り込んで温泉と風景撮影三昧としゃれ込むのが夢です(笑)

投稿: フランカー | 2007年12月 2日 (日) 22:12

すげーな、新型GT-Rってば。
車検ごとにカローラが買えるとは(驚)。

まあ、この車に関して言えばディーラーに赴いて「カタログくれ」という客の99%は冷やかしだろうな。本気で買う人は電話一本で「白1台たのむよ」で済ませちゃうよ。
営業マンの対応についてはレベルがいろいろあるもんね。
旦那の言うレクサスとの違いは「なにを売っているのか」という認識の違いなんだと思うのよ。
日産をはじめ、国産各社(もちろんトヨタも)は単に車というモノを売っている認識なんだろう。でもレクサスはそこから一歩踏み出して「車を中心とした質の高い空間、時間」という概念を含めた売り方なんだと思う。モノだけじゃないんだよな、カーライフのトータルコーディネートとでも言えばいいのかもしれない。そういう概念に金を払う文化が日本でも醸成されてきたということでレクサスが生まれたんじゃないかと思う訳で。

日産もGT-Rに関しては専門の営業窓口を設けるなどしてるけど、実店舗までを含めた「業態づくり」に関してはトヨタ(レクサス)に先を越されてるよなぁ。

投稿: VINCO | 2007年12月 2日 (日) 22:20

…横線で消して書き直してあったら、安く書き直してるのが普通じゃないの?(特にスーパーとかでは)

なんてことを思っちゃったsumiです。す、す、す、すみません、貧乏性なんです(汗)
Jr.、ほんとに今日はおとなしいですね。顔も心なしか青いですよ~ (^^;

投稿: sumi | 2007年12月 3日 (月) 00:12

兄貴、こんにちわ('▽'*)
ややや、いけませんなぁ、その店舗(`゚д゚´)コルァァ!!
何でもそうですが、商品自体ではなくて、お店の雰囲気や接客も購買を決心させる一つになりますよね。
レクサスの営業マンってホテルマンと同じ教育を受けているんですよねぇ。嫌味なく接してくれるあたりはさすが、という感じですか?兄貴に購入を決意させるくらいですから~(σ ゚Д゚)σゲッツ!!
ってかなんですかこの値段(爆)!!!ヤザワも硬直してません(笑)!?Σ( ̄Д ̄;)がーんっ!
なんか値段ばかりに興奮してしまいましたが、車自体の性能はどうなんでしょうか?
この価格が付いても仕方がない、という感じですか?
発売3ヶ月で何台売れるか気になりますねーー。
そうそう昨日千葉に行ったんですが、九十九里浜あたりのPAでポルシェを8台くらい見ました( ̄▽ ̄;)。
「ポルシェの会?」のオフ会だったのかなー?
ポルシェが並んで駐車場に入ってきて、ずら~~~っと駐車してるのを見たら、希少価値がなくなりました(笑)。

投稿: &D | 2007年12月 3日 (月) 09:36

たぶん街中でGTーRを見掛けてもわからないであろう私ですこんにちは
販売店・店員の対応が大きく影響するのは車も同様なんですね。そりゃそうか。今までディーラーとか行ったことがないからどんな場所なのかよくわかりません。
ハープとか管弦楽器の生演奏があるんでしたっけ。シャンパンや絵画をくれるんですよね。

っていうレクサスデフォルト脳で行ったらがっくりきちゃうだろうな(笑)

昨夜TVで600hでないハイブリッドのレクサスをみました!モーターショーでの様子でしたが、車体がうねうねしてて面白かったです

投稿: 一香 | 2007年12月 3日 (月) 11:43

言い足りなかったニュアンスをVINCOタソが正確にトレースしてくれた気がします。
ちなみに販売マニュアルによるとターゲットは年収5000万円の人だそうで、こりゃ見に行く奴は120%冷やかしなんだとヽ(´ー`)ノ
ちなみに維持費とはさらに別に車両保険が年間30万円くらいだそうです。性能を含むすべての面で、歴代のGT-Rとは全く別格なもの、と言えますね。


>VINCOタソ
まさにその通り。販売はどのお店でもするけれど整備は専用の研修により認定を受けた営業マンとメカニックの在籍するNHPC(日産ハイパフォーマンスセンター)のハクのついたディーラーに限定される、とのこと。ある意味レクサスの日産版と言えなくもない。
けどまあ店舗の外観やセールスの応対がガラリと変わるわけじゃない。L乗りのハシクレとしてはそういうソフト面も重視しちゃうけど、そんなところに金かけずに質実剛健に車の出来のみで勝負!ってスタンスなのか、と見たよ。インフィニティブランドを展開する体力とラインナップはまだ厳しいんジャマイカ。


>sumiさん
いやいや、ここまでくればね、もうね、810万も840万も一緒だから(爆)
今日はJrに語らせようかと思ったけどさすがのJrも新型GT-Rの前には寡黙になっちゃいました。
そういえばVINCOさんが我が家のリビングでJrと対面して「オマエがホンモノかぁ~」と喜んでました(笑)


>&D隊長
(゜-゜*)(。。*)ウンウンまさにそのとーり。車って庶民にとっては家の次に高い買い物なんだから、売る側は商品に対する誇りとお客さんに対する優しい気持ちの双方を持ってお客さんに接してもらいたいものです。
ええとLの店員サン達はリッツカールトン?だかで研修を受けるとかって言いますね。応対がマニュアル化されすぎていて暖かみがない、敷居が高い感じしかしない、という感想もあるでしょうが、ロボットが応対するわけじゃないのでこちらが何か言ったり聞いたりすればハートウォーミングな対応をしてくれますよ。
で、このGT-R、予約だけでもう2000台以上受注してるそうです。スッゲー!!
ポルシェがずらり?そりゃアレですよ、「あの」アングルで羅列を撮らねばっ(笑)


>一香さん
ディーラーというのは面白いところで、メーカーや販社(大体県ごとに分かれてます)による違い以上に、その店特有の雰囲気というのもあります。一度御友達や親御さんとどこか行かれてみては♪
生演奏は特定のイベントの時だけだと思います、あとシャンパンと絵画は納車の時だけです。行くたびになんかもらえるわけじゃありません、さすがに(笑)
良くも悪くもLの対応に慣れてそれを心地よいと思ってしまうと、他社のディーラーはちょっと対応がいまいちだよねと思えてしまいます。ベンツやBMWがどうなのかはワカリマセンが・・。あ、BMWは思ったよりカジュアルな雰囲気だったっけ。

GT-Rの対抗馬?としてレクサスもLF-Aというこれまた激かっちょいいスポーツカーを用意していますが、早く世に出ないかなあと・・。お値段8桁は間違いないそうですが(羨望)

投稿: フランカー | 2007年12月 3日 (月) 17:18

jazzさんみたいな経験、私もあったな(笑)。
小学生の頃、車のカタログ集めるのが趣味で(嫌な子供だ)、
いろんなディーラーを巡ったのだけど、当時一番態度悪かったのがマ○ダでした。
(ちなみにSUBARUは存在自体知らなかった 笑)
もう「ガキは車に触るな、店に入ってもくるな」があからさまで
サバンナとかファミリアとか、ほしいカタログいっぱいあったのに(笑)
結局ぜんぜんもらえなかったです。
反対に、子供でもものすごく良くしてくれたのがトヨタ。
ペラペラのチラシじゃなく、ちゃんと分厚いカタログをくれて
なんかグッズみたいのまでくれた気がする。
たとえ子供でも、もしかしたら親が車を買いに来るかもしれないし、
この子が大人になったときトヨタを買うかも知れないもんね。
こういう差別のない接客は大切だと思った。
でも結局トヨタ車って、イトコの20年ものの86しか乗ったことない私ですが(汗)。
IS、今度乗せてねっ。

んでGT-R、コイツがどの車より強いのは、その神格化でしょうな。
この車ってもうほとんど宗教じゃんか、「拝むだけで御利益のある壷」みたいな。
だからこれ買う人は、値段なんか関係ないのよ(笑)、信心なのよ。

それにしても、私も昔は日産フリークだった訳ですが
(SUBARUなんて聞いたこともなかった)
最近、車全体が落ち込んでるんでしょうか、車に熱くなる人が少なくなった気がします。
若い子(笑)と車の話しても全然くいついてこねえの・・・。

投稿: しのぶ | 2007年12月 4日 (火) 08:56

>元?日産フレークのしのぶさん
うーん今時の若い子(笑)って車以外にいろんな遊びやケータイでお金かかって、車への関心が低いんだろうね。俺ら就職した頃は独身寮の駐車場には2ドアクーペのデートカーがずらっと並んでいたものだけど。(レビン、シルビア、プレリュードあたりの定番)

えー親御さんとじゃなくて小学生一人で突撃?だとしたらそれもある意味漢!だな(驚)
男の子から見たら車ってのは親しみやすい「オトナの持ち物」なわけで、対向車の車名を次々を言ったりするのは誰でも経験あると思う(きっと三佐もか、笑)
小さい子への対応がきっちりしてるってのはやっぱ気持ちいいものだよね。
場所は覚えてないんだけど小学校の社会科見学で日産の工場に行って、場所も景色も何も覚えてないけど黄色い240Zのハンカチをもらったのだけは強烈に覚えてるもん。

数年前、研修という題目で大型量販店の店頭で自社製品販売をまる2ヶ月間したことがあるけど、10代やそれ以下の子にもまじめに、時にユーモラスに説明しつつマジメに仕事こなしたよ。
ここでいいイメージを与えて買ったモノを気に入ってくれれば、彼らは今後何十年間に渡ってウチの製品を買ってくれる可能性を持っているんだもの。

話戻って営業マンって一人一人がメーカーの看板背負って仕事、接客してるんだって矜持を持っていて欲しいものだね。
アイちゃんですか、内心雪風ふうに「走行知性体」と呼ぶこともあるんだけど、いつでもど~ぞ☆17インチのスタッドレス買ったし~。

投稿: フランカー | 2007年12月 4日 (火) 10:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110734/17251139

この記事へのトラックバック一覧です: 突撃!日産GT-R:

» IS Fを駆ってみる [Cafe Room]
レクサスのお店にちょっと用事があったので、事前に来店時間を伝えたついでにIS F [続きを読む]

受信: 2008年1月25日 (金) 20:43

« 吹割の滝の奧を歩いてみよう | トップページ | 潜入!秘境の恐竜王国 »