« 晩秋の榛名 part2 | トップページ | 吹割の滝の奧を歩いてみよう »

2007年11月22日 (木)

足元から落ちる滝を見下ろそう~吹割の滝

同行したVINCOさんもブログで既に紹介されてますが、榛名の翌日は朝から落ち合って北へ。群馬南部から見ると赤城山の向こう側、吹割(ふきわれ)の滝なるところへ行きました。紅葉は終わりかけだろうし、比較的早い時間なので混雑し始める前に行けばのんびり出来るかな、と。

自分自身この場所は全く知らなかったのですが、数年前、朝の天気予報の中継をここからしていたのを見たことがあり、え!?こんなところが県内にあるの!?っていうのがここを知ったきっかけ。

関越を沼田ICで降り、下道を小一時間で到着。日曜というだけあってそこそこ人はいますが駐車場に苦労するほどでもない。

駐車場から歩いていくと、眼下に小さく人と滝が見えてきましたよー。

5lsimg_0005

(KDN + SIGMA 17-70mm)

無粋な柵がなく見晴らしがいいのがこの滝のいいところ。でも、

枠線から出ちゃだめだよ~~!!マジで危ないんだから。はみだした人は瞬時に、安全管理人のおっちゃんから結構鋭い剣幕でホイッスル&注意をくらいます。

 

道なりに歩いていくと、やがてどーんと開けたところに。ここがメインの滝。

PLフィルタ装着、ISO最低感度、絞りまくって・・と3つのファクターを「シャッタースピードが遅くなる」側に振ってレリーズ押し込めば・・・ハイ出来上がり。撮影スポットは充分な幅があるので三脚使ったよ。

5lsimg_0029

(KDN + SIGMA 17-70mm C-PLフィルター、 SS 1/4秒)

すぐ足元まで緩やかな流れがあります。

5lsimg_0033_2

(SS 1/6秒)

ISO感度を上げてPLをはずし、絞りも開放気味にすればシャッタースピードは桁違いに速くなります。

↓こんな風になります。

5lsimg_0040

(SS 1/400秒)

「面白いなあ、こういうのやってみたいなあ」と思ったそこのあなた!デジタル一眼レフ買う資格アリです!

あ、最近はコンデジでも出来ます(と突っ込んでどうする)。

 

この近辺だけで引き返してしまう観光客がほとんどなんですが、2kmほどの遊歩道があって川の反対側にも回りこんでぐるり一周出来るらしい。そのルートは自分も行ったことはなかったのでVINCOさんに相談。

結果、こりゃ行くっきゃない!ってことで。バッグと三脚を担いで散策開始!

滝を上流側から見るとこんな感じ。

5lsimg_0047

(KDN + TOKINA AT-X107 FISHEYE)

どうやら向こう岸の山の中に散策路があるらしい。楽しみ~!

  

・・・って事で次回へ続きます。

おまけ。別アングルの2枚を追加しときます♪

4lsimg_0032

(KDN + SIGMA 17-70mm)

4lsimg_0043

(KDN + TOKINA AT-X107 FISHEYE)

魚眼がちょうどいいくらい、幅が広いです。高さがあまりなく横に広い滝もいいものですね。

|

« 晩秋の榛名 part2 | トップページ | 吹割の滝の奧を歩いてみよう »

コメント

フランカーさん、こんにちは~。お言葉に甘えてまた来ましたよ。
一眼買ってからまだ吹割の滝に行っていないのです。
今年の紅葉は行ったことのないところばかり巡業していたので・・・。
写真を拝見してやっぱり行けば良かったと思いました。
スローシャッターの写真はいいですね。

投稿: rsk | 2007年11月22日 (木) 14:57

柵無しの滝とは、これまた素晴しいロケーションですね(笑)
1枚目と4枚目から、その素晴しさといいますか、ちょっとアブナイ怖さみたいなものが、よく伝わってきます^^
で、個人的には、2と6のような、
スローシャッターでの白糸の流れが好きです♪

投稿: YKND | 2007年11月22日 (木) 16:16

こんばんは~♪
吹割の滝の紅葉も撮りたいと思っていましたが、行きたいところは山ほどあるし(笑)、ほかの予定や天気のこともあるし…で行けずに終わってしまいました(涙)ここはまだ一度も行ったことがないのですが、こんな白線が引かれているんですねー。人の形になってたら怖っ!(ガリバーか?爆)こんな大きな滝のすぐ近くまで行けるところがほんと魅力的。新緑の季節にでも是非行きたいわぁ。
写真は私も2枚目や6枚目のやわらかい感じが好きです^^
5枚目の紅葉もいいですねっ。

投稿: Lovepan | 2007年11月22日 (木) 22:38

フランカーさん、こんばんは(*^-^*)

うわ~~~。
吸い込まれそうな滝ですね。
これは監視係の人がホイッスルを吹きまくるのもわかります(笑)
危ないもん(≧∇≦)

同じ滝でも写し方でずいぶん感じが変わるんですね。
面白いなぁ~とは思いますが、一眼の沼にははまれないので、フランカーさんの写真を楽しみに見させてもらいますね♪

投稿: ぶっき~ | 2007年11月23日 (金) 20:07

こんばんは、フランカーさん。
私もホイッスルを吹きたいですっ!! って、それは違う(^^;。

滝、いいですネ。高さがある滝ばかりがいいわけではないというのを感じさせてくれるのもよりいいです(^-^)。特に5枚目のように滝が見えるのって、なんだかとても新鮮。私も見てみたいなぁ~。

投稿: たか++(たかひろ) | 2007年11月23日 (金) 20:20

わ、この白線、出ちゃいけませんの線なんですか!?
けっこうたくさんの人が出てますね(汗)

フランカーさんの写真を見ると毎回思うんだけど、水の表面ってきれいですね~。私は2枚目の、流れが糸のように見えるのが好きです♪

シャッタースピードを変えるのっておもしろいなぁ。

一眼かぁ。

そういえば、Joshinで一眼レフの特集をしてましたよ…。

って、いやいやいや、まだ3000円の魚眼レンズも買ってないのに(汗)←理性が戻ってきた

投稿: sumi | 2007年11月23日 (金) 22:39

ご無沙汰しています。
んー、圧巻の風景ですね!素晴らしい。
大自然の中の晩秋、水の中に落ちたモミジ葉も
見ごたえ十分です。
トップ上の写真カッコいいですね~~~!(^_-)-☆

投稿: yama | 2007年11月24日 (土) 08:55

フランカーさん、こんばんは~♪

おお、すばらしいっ!!
迫力ありますね。本当吸い込まれそう^^;
水流の動きが見事に表現されてる。
先日、私も滝を撮りましたが動きは感じられず、
見事に止まってみえました(泣笑)

投稿: mint | 2007年11月24日 (土) 21:35

>rskさん
ここは滝のところは幅があるので、是非三脚を持参してスローシャッターを試していただきたいですねー。2kmほどの散策路もとてもいい雰囲気でしたよ。観光客もグっと減るし。
いいスポットがあれば紹介して下さいね(^-^)


>YKNDさん
やっぱ滝とくればスローシャッターの方が定番でしょうかねえ。逆に波の高い磯とかであれば飛び散る飛沫を止めた高速シャッターが似合いそうですが。
この秋は水の流れを白く見せるフォトを多く撮りましたが、PLで代用ということに・・。NDが欲しい気もしますが、ピント合わせがよりシビアになりそうで躊躇してます。大きく見やすいファインダーが欲スィ~(^^;


>Lovepanさん
新緑の時期もイイと思いますよー。山肌に木々がいっぱいあるので。ただお子さんとかが枠から出ないよう、要注意!
小さいフォトで紅葉感を出すべく、色合いとかはちょっと強調してます。ピクスタも紅葉を当ててますよー。未開拓なところ、自分もまだまだあるのでいろいろ教えて下さーい☆

>ぶっき~さん
え、笛吹いてみたい?(笑) 
コンデジでサクっと撮っている方が多かったですが、手持ちでは絹のように水流を見せるのは無理でしょう(シャッタースピードが遅いので手ぶれしちゃう)。手間ヒマかけないと撮れないものです。見ていて素敵だなあと思っていただければ、三脚持って散策した甲斐があるってもんです♪


>たか++さん
そうですね、ここの滝は広角で横アングルがしっくり来る感じです。滝というと縦がはまるケースが多いでしょうけれどね。
こういう形状というか見え方の滝はきっと珍しいんでしょうね。紅葉はピークを過ぎていた感がありましたが、目一杯楽しめましたよ♪


>sumiさん
カメラバッグに三脚付き、と重装備だし転落事故もたまにある(おい)ようだし、ここははみ出すことのないよう気をつけましたー。
ええとその一眼レフですが、キスデジXに標準レンズ1本ポン付けなら7万もあれば・・。その半額でコンパクト買うよりは3倍面白いと思いますよん(と悪魔の誘惑)。
あ、でも3,4万で買える薄型ではないネオ一眼タイプも最近はあなどれないので・・。と選択肢が多いのはいいことかな。魚眼は楽しいぞぅ♪


>yamaさん
ちょっと特徴のある滝ですからね。見る方からも新鮮味を感じていただければこれ幸い。
山肌も見応えたっぷりでした。三脚持って行った甲斐がありましたよー。近くで広角、離れて望遠、どう撮っても絵になる美味しいスポットと思いました♪


>mint姫
最近はコンパクトでシャッタースピード優先ってモードがあるようで。ここで1/4秒くらいかそれより遅いスピードを選んで柵にでも置いてタイマー使えば出来上がり、ですよん。お試しあれ♪
そうそうファインダー越しに見ていてつい前に出そうになっちゃったりして・・危ない危ない(汗)
自分は落ちてもいいからカメラとレンズは落ちないで下さいって感じ(爆)

投稿: フランカー | 2007年11月24日 (土) 23:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110734/17150569

この記事へのトラックバック一覧です: 足元から落ちる滝を見下ろそう~吹割の滝:

« 晩秋の榛名 part2 | トップページ | 吹割の滝の奧を歩いてみよう »