« 記念日2つ分 | トップページ | 夕陽に染まるススキの原 »

2007年11月 5日 (月)

白樺とススキに包まれて

赤城のAutumnなスナップ、まだまだ行きますよー。

道すがら1台分だけの駐車スペースがある遊歩道の入り口を発見。ここに足を踏み入れたことはないので、せっかくだから行ってみることに。

3lsimg_0135

(KDN + TOKINA AT-X107 FISHEYE)

中にちょっと入ってみたところ。右隅に遊歩道の入り口が見えますね。白樺の木々でいいのかな?とても優しい雰囲気の漂うスポットです。

遊歩道の橋の真正面に傾きかけた太陽が。

3lsimg_0141

(KDN + TOKINA AT-X107 FISHEYE)

逆光フォトは難しい・・永遠の課題ですなこりゃ。もっと巧い人が印象的に撮ったら画題は「明日へと続く道」ってところか、と一人考えてみました。画題考えるの苦手(^^;

3lsimg_0146

(KDN + SIGMA 17-70mm C-PLフィルター)

斜めに差し込む陽光は、神々しいという感じすらしました。半径100m、ニンゲン俺だけ・・ちょっと心細い。鹿とか出てきそう(見たことあるし)。だけど、とても綺麗な遊歩道が延々と続いてます。これは穴場だね。いつか全部歩いてみたいものです。

  

引き上げて上の方の駐車場にて。これは今のブログのテンプレートのフォトの別アングルです。言われてみればなるほど、って感じがするかと。

3lsimg_0155

(KDN + TOKINA AT-X107 FISHEYE)

ここはススキがとても綺麗でした。広々としたスナップではなく、望遠で風にそよぐススキを撮影している人がちらほらいました。

3lsimg_0157

(KDN + SIGMA 17-70mm)

これまた太陽が真正面です。

最後はススキのアップを2つ。色合いを変えてますが、どっちにしようか迷いまくったので両方(笑)。好みが分かれるところでしょうね。

日中バージョン。

3lsimg_0163

夕焼けバージョン。

3lsimg_0164

(KDN + EF70-200mm F4L)

陽光を浴びるとススキも丸ボケっぽくなるのね、と分かったのは収穫(*^-^*)。望遠で捉えるススキってかくも美しいものなのか、と感動しちゃった。

|

« 記念日2つ分 | トップページ | 夕陽に染まるススキの原 »

コメント

あれ。一番乗りかな? 書くの遅いから抜かれるでしょう。
フランカーさん、こんにちは~♪
「明日へと続く道」っていい画題ですね。私のなんて雲見て「流し素麺」だもの(;´Д`A ```
1枚目の白樺と魚眼の組み合わせ最高!
ススキはね、夕焼けバージョンに1票。
3枚目がやっぱり好き(*^.^*)

投稿: めい | 2007年11月 6日 (火) 10:40

フランカーさん、こんにちは♪
白樺ってうちのほうにはない樹木なんですが、なんとな~く白樺=別荘をイメージしてしまう雪うさぎです。
お日様を浴びたススキの穂・・素敵です♪
私は日中バージョンのほうに一票♪
このごろ帰化植物のセイタカアワダチソウの勢力が強くて、ススキも少なくなってきたようです。
こういうシチュエーションで撮れなくなる日がくるかも・・(>_<;)
 
遅ればせながら、結婚記念日&次男くんのお誕生日おめでとうございます♪♪(⌒ー⌒)o∠※★:゜*' 
あれあれ?24歳独身彼女募集中だったんじゃぁ??(^m^)

投稿: 雪うさぎ | 2007年11月 6日 (火) 11:46

>めいさん
いえいえ一番乗りですよん、ありがとうございます♪そろそろ見ている側も飽きてきてコメントが減るだろうなあとビクビクしつつ、期間限定ネタなので突っ走ってます。
流しそうめん(*≧m≦*)、いやーそういう意表を突くセンスも、見習いたいものです。
ストレートに何枚目がイイ!と言ってもらえるのはとても嬉しいです。その場の空気を知らない第三者の視点に自分が切り取ったアングルがどう映るのかって興味あるし。またお願いしますね♪


>雪うさぎさん
ええと精神的に永遠の彼女募集中(←殴打)。。
セイタカアワダチソウもこの時期っぽい雰囲気があって好きですけど、いろいろと弊害もあるようで・・。
色数の少ないススキの絵を撮るのって、紅葉フォトとはまた違う楽しさがあるなあって思いましたよん♪
ススキネタだけでもう一回記事書こうかとたくらんでます。ススキすき~♪(早口言葉?)

投稿: フランカー | 2007年11月 6日 (火) 18:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110734/16982470

この記事へのトラックバック一覧です: 白樺とススキに包まれて:

« 記念日2つ分 | トップページ | 夕陽に染まるススキの原 »