« 足元から落ちる滝を見下ろそう~吹割の滝 | トップページ | 突撃!日産GT-R »

2007年11月25日 (日)

吹割の滝の奧を歩いてみよう

前回の続きです。何せこの一日で自分が200枚撮ったって事だからVINCOさんはその3倍近く撮っていると思われ・・(大体そんなペースなんです)。

  

滝を背後に上流にどんどん歩いていきますよ~。

4lsimg_0055

(KDN + SIGMA 17-70mm、以下すべて)

奧に人がぽつぽつ見えるところが滝。道なりに階段になって、この川を越える散策路になってるんですね。

4lsimg_0064

情緒があるのはいいけど、結構揺れるんだなこれが。

↑なのでちょっと曲がっちゃったよ(凹)

そんな場所でも冷静にD80を構えるカメラマンVINCO氏。

4lsimg_0074

右手グリップを下にした縦撮りは今後自分も取り込んでみたいテクニック。脇が締まるので安定感が増すとのこと。

このあたりから観光客はほとんどいなくなります。落葉の散策路を独占状態。ちょっと小雨が落ちてきたけど、太っ腹なVINCOさんは100円を沿道の小さな神社にチャリン。

 

V:「これくらい入れれば雨もあがるって」

ふ:「ウソこけ」

 

・・・数分後、

ほんとにやんだ(驚)

 

実に雰囲気のある山道です。高低差はさほどなく、お子さん連れや年配の人でも充分行けるんじゃないかな。滝を出て滝に戻る、2kmほどの散策路なんだって。

4lsimg_0075

どんぐりもいっぱい落ちていたので拾いつつ・・・

V:「旦那、そりゃちっとシーンを作りすぎだろ」

ふ:「許せ(^^;」

と言いながら二人で撮ってみたよ。俺たちハタから見たらどーみてもタダの怪しいオッサ(ry

4lsimg_0083

(KDN + SIGMA 17-70mm)

道なりに、何カ所か観瀑台と呼ばれる展望スポットがありました。椅子も何もないんだけどね、下からは見えない美味しいアングルなんだなコレが。

4lsimg_0091

うわーよくココまで上がってきたなあ~、と感心・・・・するよりも実は、山肌の金網が結構大きい落石を支えていて、それ見るのが怖かったっす(~_~;)

|

« 足元から落ちる滝を見下ろそう~吹割の滝 | トップページ | 突撃!日産GT-R »

コメント

右を下にすると安定感が増すんですね、なるほど~。縦に撮るときって、あまりそんなこと気にしたことがなかったです。あ、普通に撮るときもか←だめじゃん

がっしりして立派なレンズですね~。いろんなものが撮れるんだろうな~。

…はっ、だめだめ。あまり見てちゃ穴が開きます(笑)
100円のお賽銭効果ってすごいですね。今度の十日恵比寿のときはちょっと奮発しようかな。
それにしても、最後の写真、すんごい景色ですね~。なんだか鳥になったみたい。
この景色、足もとにいる人たちはきっと知らないんですよね(笑)

投稿: sumi | 2007年11月25日 (日) 21:54

こんにちは~♪
ほんと広いところですねー。一枚目の写真は水の中に人がいるみたい(笑)ラストのを見るとこういうことね…とわかりましたが。
縦アングル撮るときの構え方も私は上にしてましたが今度下でやってみます。(もう慣れちゃったから変えづらいかな?)
ふふっ。どんぐり…。
昨日は帽子付きのどんぐり拾いをしていましたよん^^

投稿: Lovepan | 2007年11月26日 (月) 13:24

うはっ、オイラが写ってるよ(汗)。
レンズ部分をアップで狙ってたと思ったんだけどな。

縦撮りの時の構え方って、グリップが上の方が「ガバッ」と構える感じでカッコイイ、でもじっくり構図を選んで慎重にシャッターを切る時だとグリップを下にして脇を絞める方が姿勢が安定するのよね。
あとはフラッシュを使う時に光を右から当てるか左から当てるかで使い分けする人もいるんだそうな。

投稿: VINCO | 2007年11月26日 (月) 14:59

前回から通して拝見すると、
場所(地点)の移り変わりが良く分かっていいですね^^
その流れから行きますと、やはりラストのカットがいいです。
ところで縦位置の構えですが、僕もシャッターが下に来る構え方です。
理由は↑のとおり、右手脇がくっつけられて閉まるからです。
手ブレ防止にも役立ちますヨ。
昔からこの撮り方なので、縦位置グリップは逆に使いにくいので、買っても着けていません。もったいないことです(笑)

投稿: YKND | 2007年11月26日 (月) 16:05

フランカーさん、こんばんは~♪

これまた迫力ありあり。揺れる橋・・ちょっと怖い^^;
おお!!カメラマンさん、かっこいいーーーっ。
獲物を狙うハンターというところでしょうか(笑)
お賽銭に100円・・コレなかなか出来そうできませんよね?w
やはり効果抜群ですね。あたしもここぞというときやってみますナリ(≧∇≦)
どんぐりのフォトいいですねーー。ポストカードみたい。

投稿: mint | 2007年11月26日 (月) 18:43

>sumiさん
コンデジで一番怖いのは持ち方よりも、シャッターを押す時にそのまま本体が動いてしまうというもの。肘を柵や壁に当てるとかネックストラップをピンと張って首からも支えるとかちょっとした工夫で小さいデジカメの見栄えもグっと変わるものです。
100円の効果恐るべし!天気が悪い時はケチっちゃいけない、と一つ勉強になりました(笑)
関西人は太っ腹なんだなあ(ほんと?)


>Lovepanさん
最初のと最後のは確かに対比させて見ると土地関係がよく分かりますね。なるほど、今気付きました(笑)
うん、右手が下ってかなり、やりづらい。慣れればしっかり撮れるのかも?研究してみる価値はありそうです。
帽子付きとはこれまたフォトジェニックかも。いつか見せて下さいな♪


>VINCOタソ
スマソあのミドルクラスのたたずまいはやっぱりキスデジ使いから見たら垂涎モノなわけで(笑)
うん、右手が上ってなんか気合入るんだよね、下だと体を縮めたくなりそうだ。ちっと研究してみまつ。


>YKNDさん
5Dのような大柄なボディだと右手が下、がむしろメジャーな持ち方なんでしょうかね。
ラストのは空から見下ろしているようなアングルで、ここまで歩いてきて良かったなーって感じがしました。こういうアングルで滝を撮るなんてなかなかできませんしね♪


>mint姫
誰かが渡りきって橋が安定した頃に撮ろう・・と思って構えてると後ろからまた誰か渡ってくる(以下エンドレスループ)って感じで・・。途中でもういいやエイってシャッター切ったらやっぱり斜めってた(凹)
どんぐりポストカードいいですか?んじゃこれを題材にして書中見舞いでもこしらえて送ります(時期違!)

投稿: フランカー | 2007年11月27日 (火) 08:37

こんにちは。
どんぐりの写真を観て、そこはかとなく温泉に行きたくなりました。

大きな岩だったり目の前に迫る山を見ると、なんとなく恐怖を感じませんか?え、感じないって!?
高い場所からの景観はもちろん、下から見上げる自然ってのも内面に訴えかけるものがあって圧巻です。
フランカーさんの写真をみてそう思いました。

紅葉っていーわー

投稿: 一香 | 2007年11月27日 (火) 17:49

>一香さん
散策路からはつい眼下の滝方向を見ちゃいますけど、山肌側を見ると金網が結構大きい石を支えてて・・、で、その網がまたパンパンにふくらんでたりしてオヒオヒ大丈夫かよ(汗)、ってシーンはいくつかあったような。
この時期温泉は気持ちいいですよー。この日も二人して露天風呂に突撃して参りました。前橋高崎の夜景を前に仁王立ちして俺様の大砲を見よと(冗談ですスミマセン・・)

投稿: フランカー | 2007年11月28日 (水) 08:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110734/17185064

この記事へのトラックバック一覧です: 吹割の滝の奧を歩いてみよう:

« 足元から落ちる滝を見下ろそう~吹割の滝 | トップページ | 突撃!日産GT-R »