« 奥利根湯けむり街道 照葉峡 part2 | トップページ | 伊香保の山頂の公園にて »

2007年11月12日 (月)

奥利根湯けむり街道 照葉峡 part3

初めて足を運んだ照葉峡の記事も今回でおしまい、の予定。

それにしてもいい時代になったものです。この日170枚撮ったけど、「これがフィルムだったら・・」と思うとぞっとしますね。ヘタレな俺は写真なんて絶対手を出さないジャンルだっただろうなあ。

 

さてうちの次男は実は折り紙が得意。カブトやクワガタは勿論、数枚使ったマニアックな恐竜までさささっと折っちゃいます。笹船なんて朝飯前?一つもらったので流してみよう♪「あかぎ」と命名してみた。

3lsimg_0135

(KDN + TOKINA AT-X107 FISHEYE)

またまた魚眼効果炸裂な一枚です。この3秒後には笹船は激流に翻弄され撃沈されました。さらば、あかぎ。。

このエリアで数十枚撮ったわけですよ。

3lsimg_0137

バッグの上に真っ赤な葉がひらりと一枚・・・ってこれは自分で置きました。ちなみに先日載せた紅白紅葉は天然ですよ。

3lsimg_0155

(KDN + EF70-200mm F4L 以下すべて)

日中屋外なら三脚は要らない場合が多いんですが、この日はスローシャッターの水流撮りをやってみたかったので、無理して悪い足元を気にしつつ水辺まで持ってきました。

また、望遠を使うとファインダー内の見え方がグラグラするので、タイマーやスローシャッター以外でも結構使うものです。これも三脚使ってえいっ、と上を向いて。

3lsimg_0154

ポケットに入るカメラでサクっと綺麗なスナップが撮れるご時世。そのちょっとだけ上を狙うには手間隙、荷物も増えるのは仕方ない(^^; ま、趣味ってのはジャンルを問わずそんなもんですよね。

3lsimg_0159

こういうアングル、渓流での魚釣りをサブテーマとしたブラッド・ピットの出世作「リバー・ランズ・スルー・イット」を思い出します。かれこれ15年くらい前の作品かと思うけど大好きな映画です。

もう一発縦フォトで。今日はいっぱいスクロールさせちゃったでしょうか。皆さんの人差し指、ご苦労様&ありがとうございます(*^-^*)

3lsimg_0164

狭いフォトが多かった・・というかあまり山肌を見渡せるところはなかったので、最後に山肌を。

3lsimg_0172

もうお腹いっぱい。これにて引き上げることにしました。

帰りは水上IC方向が工事で大渋滞。時間に余裕があったのでそばにあった「立寄り入浴可」と書かれていた観光ホテルに突撃し、↑こんな山肌見ながら露天風呂で大の字になってきました、極楽~♪

露天風呂の上に紅葉の枝が斜めにせりだしていたんですよ。それがまたなかなか風流で山肌とかぶったアングルがなかなか洒落た感じ。

「これを主体に背景ぼかす?それともこの枝を前ボケにして脇にアクセントとして置いて、山肌をメインにするか?焦点距離は50mmくらいがいいかな?」とぶつぶつ・・言うのは怪しすぎなんでアタマの中で考えてました(笑)

|

« 奥利根湯けむり街道 照葉峡 part2 | トップページ | 伊香保の山頂の公園にて »

コメント

こんにちは~♪
笹が大好きなパンダを折り紙で折るのが得意ですが、この小さな笹舟に私が折ったパンダちゃんを乗せて流してみたらどうなるかな?すぐに撃沈?(爆)って前置きはこの辺にしておいて、6枚目の写真、すごく雰囲気があって幻想的でいいですねっ!真っ赤な紅葉が映えるなぁ。
そしてラストの写真のような紅葉を眺めながら露天風呂とは羨ましい限り!それにしてもフランカーさんって露天風呂がお好きなのね~^^

投稿: Lovepan | 2007年11月12日 (月) 15:40

わ~、水がきれいですね~♪ ぎょがーんで見ると、迫力満点。
それにしても岩場&落ち葉で、ずいぶん足元が悪そうですね。
写真を見てるだけでは、ぜんぜんわかんなかったです~(汗)
三脚君、お疲れ様! フランカーさんもお疲れ様!

最後の、温泉を楽しみつつ紅葉も楽しむのっていいですね~♪
今の時期ならでは。こんな紅葉した山を季語では「山装う」って言うそうですよ。
そんな極楽の中にあっても写真の研究に余念のないフランカーさん、すごいです (@@;

投稿: sumi | 2007年11月12日 (月) 18:47

フランカーさん、こんにちは~♪

わぁ~~本当きれい。迫力ありますね。
4枚目のフォト・・やっぱこいいうの好きだわ~。
紅葉と水流は名コンビですね。きれいな色と音、そして
すんだ空気が伝わってくるようです(*^^*)

素敵な風景をみて温泉。いやぁ~羨ましいです。
極楽したいわ~~~♪♪

投稿: mint | 2007年11月13日 (火) 09:57

フランカーさん、こんにちは^^

うんうん。私も4枚目に~(〃∇〃)
バッグの上の真っ赤な葉もお茶目ですね。このフォト、川の部分のモノトーンな感じと紅葉の落ち葉のカラーが対照的でいいですね。
6枚目のフォト、芸術です(*´エ`*)ウットリ

投稿: めい | 2007年11月13日 (火) 11:11

>Lovepanさん
パンダを折るなんて器用ですねー。うちの子に教えてあげて下さいな(笑)ウチのは昆虫と恐竜ばっか折ってますよ(^^;
今回は縦が多かったけれど、なんか縦もいいじゃんって思い始めてきました。見下ろすアングルだと川面を背景に紅葉を撮れるんですねー。
露天風呂、最高でしたよん。なんなら背中を流、じゃなくて、Lovepanさんも県内のお出かけはタオル一枚車に積んでおくのをオススメしまーす音符


>sumiさん
ええと岩の上で一度滑って空をつかんだ手が次男をぐいと押して次男がオデコから着地して泣きました(猛省)。
広いお風呂は足をガーンと広げてくつろげるから大好きです。綺麗な景色が眼前にあればなおよし♪
ほんと、露天風呂に入るたびに、勿論ヘンな意味じゃなくて風景撮ってみたいな~って思っちゃいます(笑)
山装う、ですか。思いついた人のセンスを奪いたい☆


>mint姫
こういういかにも「渓流!紅葉!」って感じの場所、時期っていうのが初めてだったので、撮影だけでなくその場の空気全体を楽しめた感じがします。
群馬の気候は決して好きではないんだけれど、こういう時だけは「群馬も捨てたもんじゃないな~」と思うナリ♪
別の季節に、また訪れてみたい場所です。


>めいさん
バッグはいつも大切な機材をホコリから守ってくれる働き者ですからね。たまには登場させてあげようかと。
いやーそれにしてもウットリなんて言われると舞い上がりますね。いい大人が三脚でじーっと構えてあちこち設定してる姿をハタから見たら「うわ怪しいヲタクだよ」って感じじゃないかと思うんですが(汗)、シャッターを切るその瞬間だけは、写真を撮る人は皆、アーティストなんです。

なんちて(笑)

投稿: フランカー | 2007年11月13日 (火) 18:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110734/17049938

この記事へのトラックバック一覧です: 奥利根湯けむり街道 照葉峡 part3:

« 奥利根湯けむり街道 照葉峡 part2 | トップページ | 伊香保の山頂の公園にて »