« 賀正! | トップページ | 白い恋人 »

2007年5月 4日 (金)

ありがとう&さようなら

お知らせです。

身内に不幸がありまして、しばらく更新お休みします。皆さんのところにもなかなか遊びに行けず、ごめんなさいね。

 

亡くなったのは埼玉の実家の祖母なんですが、99まで生きて今朝自宅で眠ったまま・・・だそうで、面倒見てきた両親含め、ばあちゃんにも「お疲れ様」と言うのが正直な心境です。長生きの上自宅でって事もあり、家族も今日いらしてくれた親族の人たちの表情からも、湿っぽい雰囲気は全くありません。これはとても素敵なことですね。

以前キスデジで撮ったフォトを引き延ばして遺影に使う、という最後のばあちゃん孝行が出来たのが嬉しいかな。映りは当然、バッチリです。親族一同に誉められましたよ。

残りのGW、毎日群馬と埼玉の往復になるけれど頑張ります!ここは一つ落ち込むよりは笑顔で「今までありがとう」、ということで。

昨日は機嫌が良く、穏やかな表情で庭の花々を眺めていたとのこと。Zsimg_0100

自分らしく&このブログらしく、花フォトでこのエントリーを締めます。天国もきっと、花がたくさんあるんだろうね。

次のエントリーはいつも通りのカラっとした雰囲気で行きますので、いつも通りのコメントをお願いしますね。

|

« 賀正! | トップページ | 白い恋人 »

コメント

99歳ですか、うん、大往生ですねっ。
明治から大正・昭和・平成と、日本の激動の時代をこの目で見て、
その間には私たちに想像もできない苦労がたくさんあったと思うけど
人間も90を過ぎると全てを浄化してしまうんでしょうか。
とても穏やかな顔つきになりますよね。

きっとご葬儀もなごやかな雰囲気で終始することでしょう。
亡くなったおばあさまも、そしてお世話をしてきたご家族も
本当にお疲れさまでした。
これからちょっと寂しくなるけど、おばあちゃんの思い出を大切に、
穏やかに送り出してあげてくださいね。

投稿: しのぶ | 2007年5月 4日 (金) 23:18

ほんと、大往生ですね。
私は小さい頃から祖父母がいなかったもんですから、おじいちゃん・おばあちゃんという概念が薄いんですが、葬儀もきっと穏やかにお見送り・・・という感じになるのでしょうね。
お手伝いも色々あって大変でしょうが、しっかり頑張ってくださいね。

投稿: 檬花一尉 | 2007年5月 4日 (金) 23:48

こんにちは。
>99まで生きて今朝自宅で眠ったまま・・・だそうで、
安らかな最後で、天寿をまっとうされたようですね。

>以前キスデジで撮ったフォトを引き延ばして遺影に使う、という最後のばあちゃん孝行が出来たのが嬉しいかな。映りは当然、バッチリです。
写真はいい思い出が残せていいですよね。
写真の興味を持っている今だったら、自分もいい表情の父親の写真を撮って残せたのにと残念に思ってます。

投稿: mi84ta | 2007年5月 5日 (土) 19:57

こんばんは。
適切な言葉が浮かばない未熟な私から一言。
フランカーさんの元気な更新をお待ちしております。

投稿: 一香 | 2007年5月 5日 (土) 20:47

フランカーさんへ。

そうですか、大変でしたね。
きっと素晴らしい人生を送られたのですね。
人はいつか寿命が尽きるときがきます。
そのときに自分は良く頑張ったと自分を褒めてあげられるような
人生を送りたいものです。

また時間をとれるようになったら、いつものようにギャグ交じりの
アップお願いします(笑)

投稿: ぶっき~ | 2007年5月 5日 (土) 21:35

フランカーさん、こんばんは
前日までお元気にされてて、穏やかに眠ったまま逝かれたことは
おばあちゃまにとっても、面倒を見ていたご家族の皆様にとっても
良い最後だったのではないでしょうか
遺影にフランカーさんが撮ったものを使えたことも素晴らしいですね
きっとすごく喜ばれているだろうなぁ~と思います
ちょっと寂しくなるけれど、またみんなに笑顔が戻って楽しく暮らして
いる様子をきっとおばあちゃまは天国から微笑みながらいつも
見守っていることでしょう
フランカーさんも連日群馬と埼玉の往復やお手伝いなど大変だと
思いますが、体調に気をつけながら頑張ってくださいね♪

投稿: Lovepan | 2007年5月 5日 (土) 21:42

フランカーさん、こんばんは。
数年前、うちの祖母も100歳で亡くなりました。
幼いころ、父母が仕事で忙しかったので、
私と妹はおばあちゃん子でした。
穏やかな最期をむかえておばあさまも満足だったでしょう。
フランカーさんの大好きなカメラで撮ったフォトで
おくりだすことができてよかったですね。
今回のお花の写真も素敵。
撮った人の優しい気持ちが伝わってきます。
うんうん、きっと天国にはきれいなお花が
たくさんあるのだと思いますよ(*^^*)


投稿: mint | 2007年5月 5日 (土) 21:57

( ´ⅴ`) ノ シ

投稿: VINCO | 2007年5月 5日 (土) 23:16

なんと言ったらいいのか… さみしくなりますね。でも、最期のときをおうちで、家族のそばで、というのは素敵ですね。うちは母も祖母も病院だったので、ちょっぴりあこがれています(変な言い方だな)

これから手続きだとかなんだとか、いろいろあって大変だと思いますけど、頑張ってくださいね、気合いだ~! そして一段落ついて時間がとれるようになったら、ブログの更新、待ってます (^^)

投稿: sumi | 2007年5月 6日 (日) 15:57

今回の件で、自分なりのコメントしたこともありますが、フランカーさんの
「いつも通りのコメントを・・・」
という言葉で、いつも通りのコメントをしたいと思います。

花フォトメチャメチャ綺麗ですね♪
光も上手く取り入れて&花の質感もバッチリです。
バックを暗くすることにより、花が引き立ってますね。(#^.^#)
私好みの1枚です。\(^o^)/

投稿: nodoayaharu | 2007年5月 6日 (日) 16:46

おばあさまのご冥福を、心よりお祈りいたします。

投稿: たらばがにんにく | 2007年5月 6日 (日) 18:52

99歳は大往生ですね。しかも自宅でってことで、最後はしあわせだったんでしょね。しかもゴールデンウィークに亡くなられたので、この辺もおばあさんの気づかいかもしれませんね。

花フォト、上手いですね。白を飛ばしつつ、途中でしっかりと花びらの質感も出てると思いますよ。

投稿: EZZY | 2007年5月 7日 (月) 02:51

無事式も終了しました。一段落と共に連休明けで眠いです。
皆さん暖かい言葉の数々、本当にありがとう!

>三佐
もうね、斎場での待合時間なんか宴会騒ぎでしたよ。良かった良かったシアワセものだったね、ってさ。そりゃツライ場面も多々あった3日間だったけど、やっぱ長生きして(それでいて順番狂わせもなく)和やかな葬儀で良かったよ。
小さい体で2度の大戦、4つの年号を生き抜いて来たんだからほんと、すげえよ。あのしぶとさで天国でじいさんと再会できたかなと。セレモニーホールの音響はうちの会社のものだったようでちょっと誇らしかったかな。


>一尉
中学の時までじいばあ4人全員健在だった俺は幸せ者なのかも。今回で皆お亡くなりとなったけれど、俺から見ると一番身近にいて可愛がってくれてたばあちゃんなので・・。でも笑顔でお別れ出来て良かったです。70前後の両親も肩の荷が降りた部分があると思うんで、生きてる者ものんびりしてね、と言うのが率直なところです、はい。


>mi84taさん
意味するところがソレなんですが正月に「正面から写真撮っておいて」と両親から言われ、自宅の庭の花を眺めているところを三脚とレリーズ使って記念写真、と撮っておいたんですよ。本人はもう何やってんだか分かってなかったようですが(^_^;
親族一同にイイ顔してる写真だ、と誉められて嬉しかったです。


>一香さん
ハイ、この時期花フォトのストックはたくさんありますからね。これからばんばん更新していきますよ。昨夜は「主よ、人の望みの喜びよ」を聴いて心を浄化しました。
・ソラシレドドミレ レソファ#ソレシソラシ ドレミレドシラシソ ファ#ソラレファ#ラドシラ・・・


>ぶっき~さん
おっしゃるとおりですよね。死ぬのは辛いことですが、人生を閉じる時には後悔のないような充実した生涯でありたいですね。手術を繰り返したとか苦しんだとかでもなく、老衰で穏やかな閉じ方だったのは「お見事」という感じすらあります。
ぶっき~さん好みの毛虫フォト、用意しておきますね、ふふ。


>Lovepanさん
ええ、遺影は飾られてずっと残るものなので、良い孝行が出来たと思います。ばあちゃんが最後に目にした庭の花々、普段はなんてこともないものだけれどこの3日間は一際美しく見えました。自分がへこたれないよう気合で頑張ります。応援してくださいね。


>mint姫
おお、これまた長生きな。これもまた良いことですよね。90を越えたということで戒名には「寿」の字を入れました、と和やかな顔で住職さんが話してくださいました。
今回のフォトは命日の前日となる日、何も知らずにフラワーパークの高山植物エリア(今まであまり足を運んでいなかったところ)で取ったものです。少しでも高いところの花を載せたかったの。天国に届け、という気持ちでね。


>VINCOタソ
トンクス。ここんとこいい事ないなあと思ってた矢先のこれ。まあ考えようによっては良い最後ではあったわけだし、ここからイイ事が続くんじゃないかと思ってます。


>sumiさん
ええ、ほんとにね、いい最後だったねえ、って感じですよ。祭壇もとても豪華過ぎではない程度に綺麗に飾られ、ばあちゃんすごく綺麗じゃない、良かったね、とつい言葉が出ました。
前日、まだ何の予兆も知らなかった身が丸一日かけて撮ったフラワーパークの花フォトがどっさりあります。これから行きますよ。


>nodoayaharuさん
フォトブロガーらしいコメント、ありがとうございます。
マクロフォトで背景の整理は自分にはなかなか難しいものがあります。そんな中で前日に撮ったものでかなり気に入った渾身の一枚です。
遺影は以前に兄が1Dで撮っていたものがあったのですが、タイミング悪く目をつぶってしまっていたそうでKDNでのフォトとなりました。1Dに勝てた!


>たらばがにんにくさん
ありがとうございます。現世でも長生きして充分幸せだったので、天国でもそれが続くと思います。考えてみたらKDNの撮影をここまで大きく引き伸ばしたのは初めてです。最近のデジタルってのはすげえんだな、巧いもんだな、と昔フィルムやってた親父に誉められました。


>EZZYさん
ありがとうございます。
ずらりと並ぶチューリップの一つに焦点を当てて残りをぼかしたもの、とこの白い高山植物、で迷ったんですがこちらを採用しました。ばあちゃんのパワーを少しでももらってフォトがさらに上達すればいいなと思います。

投稿: フランカー | 2007年5月 7日 (月) 12:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 賀正! | トップページ | 白い恋人 »