« Meteor | トップページ | デイライトLEDをつけてみよう »

2006年11月28日 (火)

丸っとコートは万能か

先日お手軽洗車グッズとしてインプレした「丸っとコート」、とても人気がある洗車グッズのようで、毎日数人の方がこのキーワードでこのブログを訪れてくれています。そのときのエントリーはこちら

さて施工後、普段はジョイを使った簡単洗車をしていましたが、この「まるっとコート」、どーにも気になることがあります。前回もちらっと書いたけれど、ムラになりやすいんです。また、そのムラを落としづらい。とっても。

これの施工方法として、パッケージには「洗車後、水分を拭き取ったボディーにスプレーして拭き上げる」・・だったかな・・・と書いてあるのですが、ネットでの情報では「濡れたボディにそのまま施工し、たっぷりの水で洗い流してから拭き上げる」というやり方が主流な模様。なるほどこのウェット方式でちょっとはムラが減りました・・。が、以前かけていたアクアクリスタルに比べると明らかにムラが出やすい。

なお、同じ方法で施工してパールホワイトのカミゴンでは全くムラが分かりません。ムラの見え方は当然ながら車体の色によって違うんですね。

「まるっと」がコーティングされた状態でジョイを泡立てて洗い、拭き取った後のR2。角度によってはこんな風に見えちゃいます。

Img_0001_l

洗車ヲタとしてはこれは許せないムラ。どうやら自分の技術では黒のR2に綺麗に丸っとを施工するのは無理!と判断しました。これはパールホワイトのカミゴン専用にしよう、うん。誰がやっても簡単手軽に効果が得られないと、俺の「簡単洗車グッズ」には認定されません(^_^;

で、買ってきたのは艶や耐久性よりもクリーナー効果を重視した普通のワックス。しばらくゴールドグリッターやアクアクリスタルを使ってきた自分としてはこの手の缶ワックスを買うのは数年ぶり。

Img_0002_l

ソフト99の水アカ全滅ワックスです。売価780円。「まるっとコート」みたくネットでブレイクしている人気商品じゃなくて、ごく普通の平凡な製品。

黒色の車体だと、洗車後、水滴の輪郭が白く残るという「ウォータースポット」が非常に目立ちます。白や明るいシルバーの車体ではよほど気をつけて見ないと見えません。この白い輪っかシャンプー洗車じゃ落ちないし水滴の拭き取りでも落ちないという厄介者。ちなみに丸っとコートの施工&拭き取りでもそのまま残ってしまいました。まるっとにクリーナー効果はほとんどない模様。。

なので、これをカンペキにそぎ落とせる・・というのをうたい文句にしたこのワックスを選んでみました。

シャンプー洗車したあとのR2の表面ムラ(まるっとの下手な施工)を水垢スポットクリーナーでならします。

Img_0003_l

これの売価は500円くらいだったかな。

ボンネットはムラが激しかったのでコンパウンドまで担ぎ出してコーティングを徹底的にはがしてしまいます。

Img_0004_l

あーカミゴン用に買ったものだからよく見ると適合色が白系だよ、まあいいか。

ここまでやるとボンネットはツルツル。R2は少しノーズが下がってますからタオルを落とすとするするっと前に落ちます。

この後↑の水あか全滅ワックスを施工。水滴の丸い跡は少し残りましたが、拭き取りの際にうたい文句どおりほぼ全滅しました。丸っとをうまく塗れた時に全くひけを取らない深い光沢が現れます。さらにムラもなく水滴の輪も消えて満足!

最近の洗車グッズは1000円以下のものでもほんと、充分です。こまめに洗う自分としては、耐久性はどうでもいいし、これは丸っと以上に満足度の高い買い物となりました。高い汚れ落とし効果、ムラにならず簡単に施工出来る、塗りこみも拭き取りも力要らずという意味で、このワックスなかなかいいじゃん。

仕上がり後に一枚。ボンネットにミニカー置くと100%滑り落ちるので、タイヤをボンネットにひっかけています。今日のモデルはたまに乗り回している(爆)ランボルギーニ・ディアブロSV。

Img_0005_l

うん、しばらくR2はこのワックスで行ってみよー。

 

翌日、汚れをつきにくくするためにお手軽洗車の定番、フクピカで拭き拭きしました。新商品の防水強化ってやつ。水をかけるだけで汚れがかなり落ちるとのことで。

雨の後早速シャワーをびゃーっとやってみたら、確かに泥はねなどがパっと見には気にならない程度にまで落ちました。こりゃすげえや。定番アイテムに決定!特に下地にムラとかなければ普通にコレだけでいいんじゃない?随分遠回りしたな~俺(苦笑)。

ま、遠回りも趣味のうちさっ

|

« Meteor | トップページ | デイライトLEDをつけてみよう »

コメント

記事とは全然(?)関係なくて恐縮なんですが(笑)、
スバルが壊れたキョロ?
SUBARU-トピックス- SUBARU Happy Christmas Fair

投稿: しのぶ三佐 | 2006年11月28日 (火) 18:01

むむむ、戦車、じゃない洗車ヲタ全開エントリだな。

不精者のオイラにはマネできねえっすよ。
数年前のワックスを使いきれずにガレージに眠らせてて気が付くと半練りが固形になってる(笑)。

それにしてもディアブロってでっかいエアブレーキ付いてるのね。


と自爆スイッチ押して退散。

投稿: VINCO | 2006年11月28日 (火) 23:00

こんばんわ
洗車気合い入ってますね!!
私はいくら細かくても、怖くってコンパウンドは使った事無いんです。
今はペルマガードコーティングがバッチリ聞いているので洗車は楽なんですけど・・・
洗車を時間かけて出来る場所があるのは本当に羨ましいです。

投稿: azmomohiro | 2006年11月28日 (火) 23:33

お!ディアブロかっちょいいっすね。
これをフランカー@はにわ仕様で乗り回しているんですか?
ちなみにガルウイング見てすぐにカウンタックを連想する39歳です

投稿: たらばがにんにく | 2006年11月29日 (水) 01:30

>三佐
うげ、んなアホなイベントやるのは東京スバルくらいだろ・・と思ったら全国かよorz
用事ないけど無理やり作って(タイヤに空気入れてとか)行ってみようかなあ。


>VINCOさん
いやあのね、白やシルバーならここまでこだわらないけど、黒で汚れを気にし始めるとドツボでんな。とはいえ相手はKカー。個々のグッズは1000円以内厳守ってシバリの元でちまちま磨くのも楽しいもんでっせ。
プチトヨタ持ってくればいつでもやっちゃるわい(笑)


>azmomohiroさん
業者が施工したコーティングがしっかり乗っていれば普段は水洗いだけでOKでしょうね。Kカー相手にそこまで投資する気合もなかったので、いかに安価低労力で綺麗に保てるかを楽しんでます。旧いコーティングやワックスが次第に堆積して艶を損ねていくので、素人施工のコーティングならたまにはコンパかけてリセットしたほうがいいような。スクラッチ傷が多少は入りますがまあしょうがないですね。最近のコンパウンドのマイルドタイプはワックス分のみを剥がしてクリア塗装面への攻撃性はほとんどないようです。
気が向いたら庭に出てシャワーでバシュー、ですからいい気なもんです。車庫があれば最強ですが贅沢は言いません(笑)


>たらばがにんにくさん
じゃ俺より15年上ですね(うそですすんません)
記憶にあるガルウィングの元祖はやっぱりカウンタックですかね。
国内でもセラとかAZ-1とかありましたよねー。

投稿: フランカー | 2006年11月29日 (水) 08:09

ガルウィングと言えば石原裕次郎のSL300を連想する戦中派です(爆)。

・・・・・で、本題(汗)。

うちのB4さんがムラサキ色で、
お父さんのエルグランドがシャンパンゴールドなんだけど
全く同じワックスかけて、表面積が10倍くらいあるエルグランドの方が早く終わります。
きっと拭きムラが残ってんだろうなあと思いつつ、
「目立たないからいいや」だって(笑)。
・・・って、ご存じのとおり、ワックスなんてほとんどかけたことないんだけどねっ。

私が洗車でいつも悩むのは、ボンネットより屋根、だなあ。
駐車場のそばに木がある訳じゃないんだけど
屋根って樹液でもついたような感じのデコボコがつくのよね。
いつも手でなでて、デコボコが消えるのを確認しながら
タオルで1個1個落としてくんだけど、そんなことやってるから、
タイヤやホイールの番になると疲れきっちゃってさあ・・・・。
結局落としきれなくて業者にお願いしちゃったりなんかして(汗)。
ああいうのってやっぱケミカルものを使うのが良いのかなあ。

投稿: しのぶ三佐 | 2006年11月29日 (水) 09:14

>三佐
SL300って・・・激渋ですっ!(知らなかったから調べてみた)
えーと汚れのついたボディをそのまま乾いたタオルでガシガシはいかんよ。(せめて濡れタオルでね)
力入れてこするくらいなら、ケミカルに頼った方がいいかもです。界面活性剤で汚れを浮かすから簡単に拭き取れるようになるからね。水あかクリーナーか、ピッチ・タール落としみたいなやつか、最近は虫の死骸用なんてのもあるみたいだよ。

小さいアルツだからこれくらい気合も入れられるけど普通車じゃ俺でも引くかなぁ、このムラとの戦いは・・。カミゴン買い換えるとしたらやっぱり淡色にしようかと思案中ですわ。。

投稿: フランカー | 2006年11月29日 (水) 12:11

おっと、最近の若いモンは裕ちゃんの300SLを知らないんじゃのう。
メルセデス ベンツ 300SL クーペ
これとかAZ-1みたいのが正式な?ガルウィング、だね。
ちなみに、カウンタックとかセラみたいのは、インセクトウィング(昆虫の羽)って言うんだって。

いやいや、さすがに乾いたタオルではやりませんよー。
水かけてから、泡立てたシャンプーをタオルに含ませて洗ってるよ。
前もチラッと言った、ダイワみなくるチェーンのミナクロスってやつで
最近流行ってる、セームっぽいタオルってあるじゃん、
あれで落としてるんだけど、
もちろん力入れなくても何度かこすってれば取れるんだけど
この「何度か」を1個1個やるのがね・・・・。

岩手に行くのってETC割引をねらっていくから、高速上は夜中が多いでしょ。
そうすると夏なんかもう、顔は虫だらけ、背中は樹液だらけ、って感じで
明るくなってから見ると、「ぎゃっ!近づかないでっ!」って車になってるよね・・・。

前もこれ言って三尉に「気にしすぎ」て言われたような気がするんだけど
どうもケミカルものって、ボディの他の部分に影響が残りそうで。
って、よく拭けよ、って話ですな(汗)。

こういうメンテ考えるとやっぱり淡色かなあと思いつつ、
濃い色の車もキリッと引き締まっててカッコイイんで、
けっこう悩ましいところよね。

今週末はスバルでチョコボールゲットだぜ!

投稿: しのぶ三佐 | 2006年11月29日 (水) 16:20

さすがにこのベンツ走ってるの見たことない(涙)

シャンプーの汚れ落とし能力ってのは所詮泥汚れ程度のものなので、それで落ちないものはシャンプーモノでこするよりはより強力なケミカルでその分軽く拭き取るようにする方向が良いかと思うよ。
ケミカル後に別の柔らかいタオルでからぶきをいれて残った成分を拭き取れば特に問題はないっす。手入れしなくてサビた車は街中に数多くあるけど、手入れしすぎて変色した車ってのは今までにないからね、大丈夫!

スバルチョコ、DMの一つもこねぇぞぉ~、富士スバル(群馬の販社ね)ってのんきなのか、アルツじゃ招待の対象外なのか(涙)。

投稿: フランカー | 2006年11月30日 (木) 08:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110734/12843784

この記事へのトラックバック一覧です: 丸っとコートは万能か:

« Meteor | トップページ | デイライトLEDをつけてみよう »