« Wedding memories | トップページ | おもてなしと夢の話 »

2006年8月22日 (火)

「最後の弾丸」というドラマを見ました

先週NHKのBSハイビジョンで放映していた「最後の弾丸」という単発ドラマをネタバレ全開で紹介します。この時期こういった映画やドラマ、ドキュメンタリーの放映が増えますよね。これ、終戦間際の戦時下のボルネオ島を舞台にした、オーストラリアの新兵と玉置浩二演じる旧日本軍の狙撃兵の物語です。製作は10年ほど前で、何度か放映されてます。劇場公開ものではないのでDVD化されているかは不明ですが、うちの近所のツタヤにはビデオがありました。

【2010/12/8追記】

今月28日のBS-hiでの放送があるせいか、今月に入りこの記事のヒットが増えています。yahooの知恵袋にもリンク張られているようですし(回答者は私ではありませんが)。

とても素晴らしいドラマなので是非ご覧になって欲しいと思いますが、初めて見るつもりの人は以下のネタバレ全開の記事は読まずにこのページを閉じることを強くお薦めします。

 

 

 

 

 

 

敗色濃厚な日本軍はバンザイ攻撃を繰り返し玉砕を重ね、オーストラリア軍はそれの掃討をしていました。生き残った主人公の狙撃兵、山室は義弟(妻の弟)の田中とジャングルの中を逃げ延び、遭遇したオーストラリアの小隊と交戦、これを狙撃、射殺していきます。本土で米軍機の機銃掃射で妻と娘を亡くしている彼は、撃つ前に妻の遺髪を額にあて祈りをささげる儀式をし、一切の感情を排除し、一人一人を正確無比な射撃で倒していきます。

唯一生き残ったのは新兵で初めて戦場にやってきたスタンレー。取り残された向かい合う塹壕に双方は立てこもり、共に少なくなった弾丸で戦います。戦いのさなか田中が戦死、入れ替わった塹壕でその遺体に出くわしたスタンレーは遺体を埋葬してあげました。

そして日が明け、二人はいよいよ塹壕を出て地雷の敷設された草原で一騎打ちとなります。しかし、スタンレーの目に入ったのは、数日前に豪軍キャンプを訪れお守りとチョコレートを交換した地元の少女が椰子の実を取りに無邪気に近づいてくる姿でした。

彼は逡巡した後、残った2発の弾丸を地雷原へ撃ち、地雷を誘爆させてその所在を少女に知らせようとします・・・が、射撃の腕が足りず失敗。弾を撃ちつくした彼はM1カービン銃を放り投げ、さばさばとした表情で山室をまっすぐ見つめます。

「罠か・・」といぶかりつつ「最後の弾丸」をライフルに送り込み、彼の額に照準を合わせる山室。その時、少女が視界に入り、山室はスタンレーの意図を瞬時に理解します。その少女が亡き娘のシルエットと重なり、次の瞬間には・・・、山室も反射的に地雷原へ射撃していました。

一発で地雷を爆発させ、少女に存在を気づかせ命を助けました。

その間に周囲はもうオーストラリア軍に包囲されています。「降伏するんだ」というスタンレーの言葉を無視し、山室はスタンレーに敬礼をした後、刀を自分の首に切りつけその場に倒れます・・・。

 

涙腺がゆるみまくったところで話はここまでなのかな、と思いきや舞台は50年後、日豪双方の関係者が集まった「ボルネオ戦50周年式典」に飛びます。戦死、ないし帰還した双方の兵士達の写真が壁一面に貼られ、生き残った者達が旧交を温めあう穏やかな会場。老スタンレーはそこで、自分の若き日の写真の前にたたずむ、首に大きな傷のある老人と邂逅します。

「あなたは・・・」

「はい、ヤマムロ、です」

そこにいた山室の孫を通訳に、二人はぎごちなく、でも固い握手をします。スタンレーは田中を埋葬するときに田中のポケットから抜き取っていた田中、山室夫妻の写真を山室に返し、山室は写真の礼、妻の弟を埋葬してくれた事の礼を述べます。

老いた二人の最後の台詞が最高にかっこよくて、ここまでで涙腺決壊してたんですがトドメをさされましたよホント・・。

「すみません、私には何も、あなたに与えられるものがない・・。」

「では、あちらで一杯、おごってください。家族に紹介します。」

「喜んで。でも、ご家族にはなんと?」

「旧い戦友とでも言いましょう」

 

 

|

« Wedding memories | トップページ | おもてなしと夢の話 »

コメント

。・゚・(ノД`)・゚・。

投稿: VINCO | 2006年8月22日 (火) 22:23

フランカーさん・・
(ノ_・。)
短編小説を読んだ気分。。
映像を観たら号泣しちゃいそうです。

mintは、今日から休暇に入りまーす。
来週からまたよろしくお願いしますナリ。
ではでは~~☆


投稿: mint | 2006年8月23日 (水) 07:21

>VINCOさん&mint姫
涙腺決壊した気持ちを忘れないうちに・・とエントリーにしときました。
ジャングルといえどロケは栃木県、主要登場人物数人という恐ろしくローコストなドラマながら、先日借りてきてみた「男たちの大和」より全然良かったです。たまにこういうものすごいドラマを作っちゃうところがNHKのすごさだと思います。

エンディングのギターのインスト曲の演奏が主演の玉置浩二なんですが、とても暖かい気持ちにさせてくれました。HDDに最高画質モードで録ったんで、DVD-RAMに移しておこう・・。

投稿: フランカー | 2006年8月23日 (水) 08:39

先日、これハイビジョンでまた放映していましたね。AAC5.1chサラウンド放送で。
昨日1日は「最後の弾丸」というキーワードで40人近い方がこの記事を読んでくれたようです。ありがとうございます。よろしかったら感想でも是非(^-^)v

投稿: フランカー | 2007年4月 2日 (月) 15:34

はじめまして、「最後の弾丸」で検索してたどり着きました。前にNHKで放映されてました時、なんとなく見てましたが、今頃になって又見たくなりネット上に何かあるかとおもいましたが、、、やはり無理ですね。フランカーさんはDVD-RAMに残して置いたとか、突然の訪問で失礼ですが是非、譲っていただけませんか?コピーでもかまいません。宜しくお願いします。 

投稿: たま | 2008年12月30日 (火) 10:46

>たまさん
訪問とコメントを大変ありがとうございますhappy01
NHKの珠玉の単発ドラマと思います。いろいろな賞を取ったドラマです。
で、コピーですが、BSデジタルの録画ですのでDVD-RAM収録時に自動的にCPRMがかかっておりましてムーブしか出来ない仕様です。コピーが出来ません。すみませんがご了承下さいませ。
↑にも記載しましたが、探せばレンタルビデオではリリースされているようです。よろしくお願いします。

投稿: フランカー | 2008年12月30日 (火) 12:08

はじめまして。
きよせただひろと申します。
「最後の弾丸」で検索しているうちに、こちらにたどり着きました。

「最後の弾丸」、いろんな人が見ているのに驚きました。
実は、「自分が見たのは夢だったのではないか」というくらい、周りの人間が知らなかったものですからw

思えば、私にとって信じられないくらい「てんこ盛り」のドラマでした。
狙撃手、というキーワードに弱く、ストイック・ストーリー萌の性(さが)。ぞくぞくするような射撃の描写。原作者が柘植久慶氏というのも、いろんな意味で「キてる」と思います。
何より、主演が玉置浩二だったのが良かった。…いや、ただ単に彼のファンだ、って言うだけですが(2回ほど、ライヴに行ったことがあります)。

長年のモヤモヤが晴れました。ありがとうございました。
あまりにもうれしくて、突然押し掛けて、書きなぐってしまいました。すいません(;´д`)トホホ…

これからも、こちらのブログを拝見させていただきます。がんばってください。
ではでは。

投稿: きよせただひろ | 2009年1月 9日 (金) 03:12

>きよせさん
コメントをありがとうございます。これ、実はこのブログでも隠れた「アクセスの多い記事」なんですよ。一日数人の方が検索でこのネタバレ記事に目を通してくれています。前世紀のドラマなわけですが。

NHKのドラマなんてたいして面白くない、という先入観念がありましたがこのドラマはその自分の中の常識を見事に覆してくれましたね。よーく考えれば出演者も数名、海外ロケが一部あったのかもしれませんが基本ロケは栃木の山奥という安価な作りながら、怜悧で残酷な話を最期は見事にハートウォーミングな話にまとめてくれました。それぞれの故郷での人物・背景描写やM1カービンのマガジン排出の伏線など、見事なドラマ構築だったと思います。
柘植氏の原作をこの後読んで正直落差にがっかりしたものです。ドラマの脚本が素晴らしすぎます。ラストの静かなアコースティックギターがイイですよね、玉置さんの演奏だったはず。

また今後ともよろしくお願いしますm(__)m

投稿: フランカー | 2009年1月 9日 (金) 08:03

「最後の弾丸」で検索してたどり着きました。
平成8年ごろ、レンタルビデオで見つけて観ました。
それ以降一度もみてないのですが、強く印象に残っています。
たしか一方の主人公の日本人兵士は猟師の孫か息子で、
銃を撃つ時に再装填を早くするため金具か何かを工夫している描写があったように記憶しています。
発砲するたびその金具が音を立て落ちるような、そんなシーンがありませんでしたか?
あと、その日本兵は目が悪くて、玉置浩二が照準器の内の敵を捜しながら、「見えねえぞ。見えねえぞ」と呟いていたのも印象に残っています。
見守るこちらも焦りました。
素晴らしいお芝居。

文章をお書きになるのが上手ですね。
記事を拝見していて、思い出のなかの作品に再会できた気分です。

理想を言えば、DVDかNHKアーカイブスで観れたら一番なのですが。
もう少し時間がかかるかも知れませんが、待ちましょう。

投稿: ロジャー | 2010年9月 4日 (土) 18:21

>ロジャーさん
コメントありがとうございます。このキーワードでこの記事がかなり上位にヒットするようですね。いつからかYahoo知恵袋にも勝手に貼られているようですしcoldsweats01
漁師の孫か息子っていうのは合ってます。音のトリックは豪兵のスタンレーが使うM4カービンかな、撃ち尽くすと弾装が音をたてて飛びだすのですが、弾切れと思わせて弾を残しておく・・というくだりだったと思います。
終戦関係の番組が増える8月には、たびたび再放送をしているようです。去年だか、視聴しましたよ。栃木県でロケをしたという、恐ろしく低予算なドラマですが素晴らしいストーリーでした。ちなみに原作も読みましたがTVドラマに遠く及びませんでした、NHK恐るべし。

投稿: フランカー | 2010年9月 5日 (日) 08:35

「最後の弾丸」が,NHKハイビジョン(BS-3)で再放送されます。日時は,12月28日(火)20時30分から22時00分(予定)です。再放送を待ち望んでいた方々,DVD(このご時勢BDか)に録画してデジタル保存しましょう。

投稿: くまのプー | 2010年11月30日 (火) 22:38

>くまのプーさん
BS-hiですね。情報ありがとうございます。このブログ、最後の弾丸で検索するとめちゃめちゃ上でヒットしちゃうんですよね。
主演の玉置さん、最近はお騒がせキャラですがこのドラマでの演技は素晴らしいですね。
 

投稿: フランカー | 2010年12月 1日 (水) 12:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110734/11552940

この記事へのトラックバック一覧です: 「最後の弾丸」というドラマを見ました:

« Wedding memories | トップページ | おもてなしと夢の話 »