« 終わりのない会議 | トップページ | 「最後の弾丸」というドラマを見ました »

2006年6月20日 (火)

Wedding memories

このブログで今使っているテンプレートは「ウェディング」というもの。テンプレの紹介欄によると、

ウェディングをモチーフに白いバラをあしらい、清らかな光と幸福感が溢れている様子を表現したテンプレート。結婚式までの日記や、新婚日記にも是非

とあります。ぅわぁ縁がねぇ(爆)

全体に淡い色で写真貼ってもうるさくならないかな、という安易な理由で選んだだけで、別に僕は新婚でもないし結婚にまつわるネタもないです(笑)

ですが、たまには結婚にまつわることも書いてみようかなと、カレンダーを見て思いついた今朝。

 

結婚式というと、そもそもがめでたい席上だし、しばらく顔を見ていなかった旧友に思いがけず会えたり、美味しい料理にありつけたり、綺麗な花嫁さんを見れたりと、いろいろと楽しい思い出が得られると思います。自分の結婚式でも、他人の結婚式でもね。

思いがけず出会う、という意味ではちょっとドラマチック?な経験がありまして・・。前世紀の話になりますが自分が結婚したとき、隣の式場(いくつも会場がある結婚式専用の施設でした)で式を挙げていたのがなんと初恋の人。中学の時のクラスメート。前日、「まさかとは思うけど知ってる人いるかなー」なんて思いながら同じ日に挙式する他のカップルの名前を見ていたらなんとなんと・・って感じでした。地元で式挙げるとこんなこともあるのね。

ま、結婚式なんてものは新郎は付属品みたいなもん。嫁さんのお色直しの時にそーっと抜け出してWC行って出てきたら、鮮やかな緑のドレスを着てお色直しの入場をしていく「彼女」と廊下で出くわし、一瞬目があっちゃいました(照)。あいや、照れてどーする(爆)

お互い軽く目礼。向こうも一瞬で相手が誰だか、きっと分かったね。

「綺麗になったじゃんか、男勝りなヤツだったのに」

「あなたもね」

という会話がアイコンタクトであったかどうか、それは謎です(笑)

……

この話を後日友人に話したら「それは柴門ふみあたりがドラマにしてくれるんじゃないかと笑われました。確かに、現実はドラマより奇ナリね。残念ながら勿論、その後ドラマはありませんでしたが(笑)

 

なーんて事をふと思い出した今日は、その彼女の誕生日。心の中で、おめでとう。

Sdppm_0025

|

« 終わりのない会議 | トップページ | 「最後の弾丸」というドラマを見ました »

コメント

うっわ~~それはドラマティックですねえ!
てことはもしかしたら結婚記念日も同じ日で、
同じ日にお祝いとかしてるのかも知れませんね~。
クラスメイトの彼女がダンナさんとお祝いしてるその日、
三尉はそのクラスメイト以上に祝ってくださいねっ。

>>ま、結婚式なんてものは男(新郎)は付属品みたいなもん。

うんうん、付属品というか引き立て役というか・・・(笑)。
私の時は、お色直しで新婦(私ね)が3人がかりで化け直したんですけど
新郎はスーツに着替えるだけだから時間が余るんですよね。
その間、タバコを吸う男性は撮影室の片隅に連れていかれて
灰皿あてがわれて放置でしたよ。
ケーキカットとかの撮影タイムも新婦にばっかライトあたってるしねえ。

で、関係ないけど私の初恋の人(小学時代)は
成人式で再会したんですけど、なんと・・・
ヤンキー&ヤンパパになってました~っ、眉毛なくなってるし~っ(涙)。
「知らない方が幸せなこともある」という言葉を知った瞬間でした・・・。

投稿: しのぶ三佐 | 2006年6月20日 (火) 16:38

フランカーさん、こんばんは♪

なんと、そんな偶然があるのですね~。
これはぜひ、柴門ふみに・・(笑)
冗談はさておき。。
これは、きっと神様が人生で一番輝いている彼女を
見せてくれたのかもしれないですね。
実際微妙な心理?かもしれませんが、初恋の人の幸せな姿を
見られるなんてやはり幸せなことです^^
お花のフォトはフランカーさんの思いが込められていて、
とっても綺麗。・・ってロマンチック病が伝染しましたナリ(笑)
私も中学の時(トオイメ。。)大好きだった人がいましたが、
今でもふとした時に思い出したりします(〃∇〃)
でもね。。誕生日忘れちゃった・・・^^;

投稿: mint | 2006年6月20日 (火) 21:42

ひゃ~ドラマのワンシーンみたい☆
ドラマだったらそこで花嫁さんの腕を掴んで逃亡・・・なんてこともありますが(笑)。
実際やっちゃった人にあたしは是非話をききたい・・・φ(..)メモメモ(爆)!!

えぇっと新郎は付属品。。。
そうですね~(爆)!!
おっしゃるとおり(笑)。
旦那のタキシードはものの5分で決まりましたが、あたしは「決定→キャンセル」3回も繰り返しました(笑)。
いかに自分が素晴しくなるかに必死でもがいておりましたのよ(笑)。

えぇ、それは遠い日の出来事(爆)!

投稿: &D | 2006年6月20日 (火) 23:17

>三佐
あーそうだね結婚した日が一緒ってことは結婚記念日が一緒ってことか。参ったな、あいや、参るところじゃないか(笑)
新婦だけがお色直しで退場した時って一人でぼーっと料理食べてるのがなんかこっ恥ずかしくて、ビール持ってやってくる人たちがありがたかったっけ(遠い目)
で、初恋の人がヤンキー&成人式の時点でヤンパパって(苦笑)…。きっとクルマはムーブかワゴンR…って時代じゃなかったとするとえーと、中古の爆音セルシオかクラウンってとこだろな(爆)

>mint姫
10数年ぶりの再会が結婚式場のしかも互いの挙式の日ってのもなんか出来すぎですよね(笑)
自称ロマンチスト病?は感染すると慢性化しますので・・。明日からパンの味付けが甘酸っぱくなることでしょう(^^;
誕生日?代わりに俺の、教えましょっか(爆死)

>&Dさん
それ「卒業」の見すぎ~(笑)
いやー経験してみると、男ってあそこまでほっとかれるというかテキトーに処理されちゃうんだなというのが素直な感想。衣装の値段も桁が違うし。
「彼女」の方は会場内で一番大きいすりばち状の会場で200名は来ていたけど、こちらは全部自腹でやるというポリシーだったし親戚もそう多くないので小ぢんまり、50名くらいだったかな。一生に一度くらいはああいうことがあってもいいのかも、ですね。

投稿: フランカー | 2006年6月21日 (水) 08:12

おお~確かにドラマティック&ロマンチックなお話ですね~。初恋の人と結婚式場で再会ね、いいなあ、そんなの。。。ドッキリしちゃいますよねw

しのぶさんのヤンキー・ヤンパパの話は笑えました(笑)
そういえば私も、中学のとき好きだった人を数年後偶然見かけたことがあったのですが、「私ってこんな人が好きだったんだ……」と落胆したことがあります(笑)。

投稿: coply | 2006年6月21日 (水) 21:39

>>三尉
>中古の爆音セルシオかクラウンってとこだろな(爆)

ぐっ・・・実は当時のお父さんの車が爆音グロリアだったんで(大汗)
あまり人のことは言えず・・・。
今でこそ、エルグランドは急ハンドルすると荷物が雪崩れ起こすんで
(ほんの少し)柔らかい運転になりましたが
あの頃のお父さんは「一人暴走族」でしたよ・・・。

>>coplyさん
そうなんですよね・・・・、初恋の人って会わない方が幸せ、
の確率の方が高かったりしますよね・・・。
自分の中では美しい思い出として現実離れ(笑)した理想ができあがってるし。
まあお互い様かも知れないけどさ(汗)。

投稿: しのぶ三佐 | 2006年6月22日 (木) 00:30

>coplyさん
どっきりというかびっくりというか、ですよね。まさかその場で恋心が再燃なんてことはさすがになく(ちっとはあった方がネタになったか(爆))、淡々とすれ違ったそのシーン自体が絵になってたかぁ?なんて思ったりもしますが(笑)。
皆さんと違って、彼女は悪いほうに「退化」(?)はしてなかったので良かったです。あはは。


>三佐
んー、でその爆音父ちゃんの娘は今こんな感じで水平対抗をドロドロ言わせてるってワケね(爆)
うちの父は正反対で実家行くたびに「こんな高そうなホイール履いてもったいねぇ、こんなゴテゴテしたえあろぱーつで重くなってもったいねぇ、ハイオクでリッター7?キチガイかおまえは、でもオレのもあんまり良くなくてリッター29しか走んねんだよ、ブツブツ…」とかなんとか。プリウスと比べるなと小一時間。。。いや多分何一つ勝てないから(悲)

投稿: フランカー | 2006年6月22日 (木) 08:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110734/10602761

この記事へのトラックバック一覧です: Wedding memories:

« 終わりのない会議 | トップページ | 「最後の弾丸」というドラマを見ました »